¥ 3,240
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

解体新書「捕鯨論争」 単行本(ソフトカバー) – 2011/5/13


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 2,997


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

解体新書「捕鯨論争」 + Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2014年 4/15号 [捕鯨に未来はあるか] + 日本の鯨食文化――世界に誇るべき“究極の創意工夫”(祥伝社新書233)
合計価格: ¥ 4,542

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

出版社からのコメント

捕鯨推進VS反捕鯨」の対立図式では論争の真実には迫れない。中立的・批判的検証を通して編まれた“捕鯨問題の総合知”!

内容(「BOOK」データベースより)

「賛成」「反対」はもうやめよう!捕鯨問題の本質から解決策までを独立の視点で探求した初めての論考。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 344ページ
  • 出版社: 新評論 (2011/5/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794808704
  • ISBN-13: 978-4794808707
  • 発売日: 2011/5/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 464,081位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2

最も参考になったカスタマーレビュー

19 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 SlapShot 投稿日 2011/10/29
形式: 単行本(ソフトカバー)
そもそも捕鯨の何が問題なのか?
これがニュースを見た時の素直な疑問ですが、
本書はその原点をある程度明確にしてくれるのでおすすめです。

読んだ後に思ったことは、捕鯨論争は、そもそも鯨が減っているのかすら
科学的には立証できないので、政治力や外交力が介在する
余地が多い分野なのだなということです。

この科学的アプローチの手法が確立できないと、この論争はいつまでも
終わりそうにありません。

ただし、5章の「グリーンピースの実相」で佐久間氏が語る
商業捕鯨を再開すれば、日本の捕鯨業界は補助金の類がなくなり、
利益も見込めないから自然に衰退するという説は、逆説的で非常に新鮮でした。

編著の石井氏は、反捕鯨学者というレッテルを本書でも貼られるかもしれないと
冒頭で危惧していましたが、まぁしっかり貼られるでしょう。
やっぱり、執筆陣をみると反捕鯨の立場の人が多すぎです。捕鯨推進の人々の
主張もしっかり紹介しないと公平さに欠けるという気がしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 Gori トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/1/21
形式: 単行本(ソフトカバー)
シー・シェパードのやっていることは明らかな犯罪である。
グリーン・ピースのやっていることも日本の国内法に照らせば,
時に歴とした犯罪である。

では調査捕鯨はどうなのか。犯罪でないことは明らかである。
では調査捕鯨の目的はなんなのか。
鯨の生息数や生態の調査であるが、もうひとつの側面は
「日本人の伝統文化である鯨漁の技術と鯨食文化を絶やさない」為である。
端的に言えば鯨肉を獲るためである。
ところがその調査捕鯨で取った鯨肉が売れずにだぶついているのだそうだ。
改めて考えてみると、鯨漁はまだしも、鯨食が日本全土に広がる伝統の食文化かどうかは
自信がない。

では伝統の食文化といえるほど、日本人はみんな鯨を食べたがっているのか。
「鯨肉など見たこともない食べたこともない」
という世代も増えている。一方で給食で鯨の竜田揚げを食った世代がいる。
この世代間での鯨のイメージは違うだろう。
戦後の牛豚肉不足の時代に少年少女時代を送った世代と、
戦前のまだビフテキが大御馳走だった戦前世代とでも
鯨食に関する思いは違うだろう。

日本は南極海という公海上で世界で唯一調査捕鯨という名の捕鯨を行
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 西山達弘 トップ1000レビュアー 投稿日 2011/7/20
形式: 単行本(ソフトカバー)
日本が戦後捕鯨国としての地位を築き上げたものの、IWCを通じていかに包囲されて、アメリカを中心とするモラトリアムという事実上の捕鯨禁止という状況に追い込まれ、そして調査捕鯨という道を選択していったのかがよくわかる本に仕上がっている。

加えて、どうしてクジラは日本の文化と呼ばれるようになったのか、なぜいまだに調査捕鯨と称して大量のミンククジラを捕獲しているのかという背景まで深く掘り下げている。

すなわち、補助金と鯨肉の売上によって賄っているに過ぎない調査捕鯨は、すでに商業的な価値は喪失し、水産庁の遠洋課捕鯨班を中心とする捕鯨サークルである共同船舶と鯨研が存続することのみにその価値はあるに過ぎないと喝破している。

以上の論点を踏まえて、本書の結論は逆説的にモラトリアム解禁を述べている。
そうすれば、自由に捕獲量を決められる調査捕鯨とは異なり、捕獲枠に上限がはめられるのである。

さらには、この国の世論づくりの構図までも明らかにする。
それが、ナショナリズムと結びついた文化と既得権益とは無縁の科学であり、政府の公式見解をそのまま掲載する記者クラブである。

あわせて、捕鯨か反捕鯨かという二項対立の構図は、原発への賛否の構図とよく似た不幸な構図ではないかと感じた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック