この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

親子で作るストロー細工―どうぶつたち (Heart warming life series) ムック – 2003/7


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1,580


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

著者からのコメント

工作の域を超えたウイッティーな(知恵のある)ストローアート この本の作品は、これまでの「ストロー工作」のイメージを変える新しいクラフトです。写真絵本のようなクラフト誌です。
1本のストローを、1枚の折り紙のように切ったり折ったりして動物達を作りました。

ストロー細工(吸管工芸)は台湾旅行で目にする機会がありますが、現地の特殊なストローではなく、日本で身近に手に入る一般的なものを工夫して、より生き生きとした存在感のある作品にしてプロセスを紹介しています。恐竜が鳥に進化する…など、科学的なキーワードを添えるように作りましたので、親子で一緒に作りながらお子さんの興味の入り口になるようにと願っています。

内容(「MARC」データベースより)

一本のストローが恐竜に、カメレオンに、そして鳥やさそり、犬に金魚にと大変身。彩色やパーツ次第で無限のバリエーションが展開できるストロー細工の作り方を、詳しいプロセス写真と共に分かりやすく解説します。〈平綴じ〉

登録情報

  • ムック: 34ページ
  • 出版社: 日本ヴォーグ社 (2003/07)
  • ISBN-10: 4529038912
  • ISBN-13: 978-4529038911
  • 発売日: 2003/07
  • 商品パッケージの寸法: 25.4 x 20.4 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 412,941位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/8/4
形式: ムック
妹と本屋さんで見つけていざトライ!
めっちゃめちゃはまりました。
星5つをつけたいところですが、
ちょっと、説明がわかりずらいかな?と思ったので
星4つです。
最初は頭を抱えてウンウン唸っていたけど
形が出来るに連れて2人で「やった~!!」
と叫んじゃいました(笑)
たいていの人が嫌いなあの黒く光るゴ○ブリ。。。
作り方載ってましたが、とってもすごいです。
作って見せたらびっくりすること請け合いです。
コツをつかむととても簡単だと思いますので
ぜひぜひトライ!です。
最初は太めのストローで作ると良いかも~。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/8/4
形式: ムック
夏休みの自由工作に、何処の家庭にもあるストローとはさみで、恐竜や鳥、昆虫などを作ってみませんか?
この本は、工作本なのに値段が安く、おまけにフルカラーで分かり易く作り方の解説をしているので、手先の器用な方なら、すぐにできると思います。
当銀美奈子さんの別の本『キッチンから生まれたプラスチックの宝もの』は「カワイイ」「キレイ」が主で、女の子向きのモノが多いですが、こちらは恐竜や昆虫(サソリなど)があるので、男の子も喜ぶと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 シルバージィ 投稿日 2013/11/14
形式: ムック Amazonで購入
説明が 自分本位な所がありましたが 前に エビの作成を理解していたので 此の本の説明も どうにか理解できました それがなければ 難し過ぎたかも
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック