通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
見えない空気を売る方法 がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙・裏表紙・小口にスレ/ページ部分に小さなシワ等の軽度の経年感がございますが、キレイな商品です。【Amazonプライム対象商品】 いつもご利用いただき誠に有難うございます。当商品はAmazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。返品は商品到着後30日間受け付けます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

見えない空気を売る方法 単行本(ソフトカバー) – 2012/3/7

5つ星のうち 3.3 10件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 243

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



よく一緒に購入されている商品

  • 見えない空気を売る方法
  • +
  • SADAKATA!BIBLE―成功するためのレッスン9章
  • +
  • SADAKATA!STORY ボクと社長の成功ワークショップ
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 42pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容紹介

世界的な経済危機、円高、いまだに影を落とす地震と原発事故余波。

さまざまなマイナス要因が日本の経済を覆い、中でも本来人を楽しませるはずの
サービス業が、いつの間にかもっとも辛い立場に追いやられています。

社会が不安になれば、人の心はだんだん荒んでいきます。
大量生産の商品とマニュアルに沿った機械的な「サービス」に囲まれて、
職場も家庭も街の風景も、次第に潤いをなくしかけているように見えるのです。

でも、そんな社会を救うチャンスはまだまだたっぷり残っています。

そのキーワードとなるのが、日本が世界に誇るソフトウェア「おもてなしの心」なのです。

1杯750円のラーメンから1人1泊4万7000円の高級ホテルまで、
すべての層に向けたさまざまな形のサービスを提供している著者だからこそ書ける、
お客様を満足させ、必ずもう一度来店させるサービスのあれこれを、
この本の中でお伝えします。

ここに書かれている小さな積み重ねが、沈み込んでいる今の日本の経済と社会に、
もう一度明るい笑顔を取り戻す小さなヒントとなることを望んで。

内容(「BOOK」データベースより)

350円でも食べない蕎麦、ヘリに乗ってでも食べに行く蕎麦。割引はするな、自分の価値を上げろ。カリスマ社長直伝。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 239ページ
  • 出版社: こう書房 (2012/3/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 476961067X
  • ISBN-13: 978-4769610670
  • 発売日: 2012/3/7
  • 商品パッケージの寸法: 1.4 x 13 x 18.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 343,481位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ひでひで 投稿日 2012/5/8
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書の中でふれられています、筆者経営のラーメン屋が気になり行ってきました。
1時間の行列ができていないラーメン屋は、
数年で潰れるとのことですが、
ランチタイムにも関わらず3割ぐらいしか客がいなかったことに驚きました。
あと、飲食店なのにトイレをあえて作っていない理由を説明されていましたが、
試しに店員にトイレはあるのかと聞いたところ、
公衆トイレの場所を教えられました。
本の内容はそれなりに良かったと思いますが、
著者の経営している現場を拝見してガッカリです。
現役社長が書いたビジネス書としてではなく、
経営コンサルタントが書いた脳内ビジネス書として読めば楽しめるかと思います。
コメント 35人中33人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 YOSUKE 投稿日 2012/9/4
形式: 単行本(ソフトカバー)
少なくともビジネス書の部類には入らないと思います。
店舗の実働に基づいた計数的、またはロジカルな導入が残念ながら皆無。
著者自身の感性的な視点からの論評ばかりで、ただ熱く?語られても。
リッツカールトンの接遇を引き合いにするのが好きなようですが、比較対象があまりに
飛躍しすぎ。
「現場の経営者」による書とは思えない、黄色い表紙のエッセイ集でした。
コメント 20人中19人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
細かい気付きを与えてくれるなかなかいい本でした。
ただ、他のレビューが・・・ 程度の低いやらせ業者にでも依頼したんでしょうか?
コメント 29人中27人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
他のレビュアーさんが書かれている通り、たしかに細かい点については色々と気付かされる部分はありますが、とはいってもビジネスは「細かいところ」だけの積み上げではありませんし、どこかで読んだことのある、聞いたことのある「気の利いた」コメントを集めただけのような気もしますね。本質的な部分でとても「軽い」感じを受けました。内容は薄いと言わざるをえません。

また何が不快かと言いますと、このamazonレビューの最初の方に書き込まれている「専門業者」によるやらせコメントです。だめですよ、そんなのすぐにバレますから・・・

この著者については色々と(良くも悪くも)評判を聞きますが、amazonでやらせレビューをやると逆効果になることも気付かないのでしょうか?おそらくご本人は忙しく、周囲の取り巻きが良かれと思って手配したのか、取り巻きが自分で書き込んだのでしょうけど・・・。

ということで「見えない空気を売る方法」ではなく「読んでもいない本を評価する方法」というタイトルに変えたらいかがでしょうか?
コメント 31人中28人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
以前から筆者の事はブログ等で知っていました。
今回タイトルにひかれ購入しました。
率直な感想ですが、内容が薄っぺらいです。何か言い訳を上手くかいてるような。
ラーメン屋にトイレがなぜないかとか、ロールスロイスでの送迎をやめた理由など。
トイレはあったほうがいいし、書いてある理由は一部の人しか納得できないでしょう。
ロールスロイスでの送迎も開始する前に予想できたはず。
筆者の会社自体に以前の勢いが全くなくなったのでヘリでそばを食べに行くとか、過去の事をあたかも現在も行っているように書くのはどうかと思います。
過去の栄光にしがみついているだけに感じます。
筆者主催のセレブパーティーもすでに時代遅れですよね。
それだけ厳しいのでしょう。
コメント 27人中23人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック