通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
西洋骨董洋菓子店 (4) (ウィングス・コミックス... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

西洋骨董洋菓子店 (4) (ウィングス・コミックス) コミック – 2002/9/25

5つ星のうち 4.7 15件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 572
¥ 572 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 西洋骨董洋菓子店 (4) (ウィングス・コミックス)
  • +
  • 西洋骨董洋菓子店 (3) (ウィングス・コミックス)
  • +
  • 西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)
総額: ¥1,696
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「俺はこの日を待っていたんじゃないのか?」小野と再会し、エイジと出会い、千影の世話を焼き、ケーキを売る。
いつの間にか、あの暗い部屋で嗅いだ臭いは、遠くなったと思っていた。それなのに。誘拐され、冷たくなって見つかった子供たちの胃に俺が売ったケーキが詰まっていたと刑事は言う。
途端に俺を襲ったのは、あの部屋の生クリームと血の臭いと、かすれた低い、男の声??。そんな俺の耳に、かすかなこどもの叫び声が届き??。
すべての苦さと甘さが交差する、アンティーク最後のレシピをお楽しみください。


登録情報

  • コミック: 225ページ
  • 出版社: 新書館 (2002/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4403616909
  • ISBN-13: 978-4403616907
  • 発売日: 2002/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
9歳の橘を襲った誘拐事件、抜け落ちた当時の記憶と消えないトラウマ、現在頻発している誘拐事件、それにかかわるアンティークのケーキ・・・さまざまな物事が錯綜し、スリリングな様相を帯びる四巻。

シリーズ最終巻です。みなそれぞれ少しずつ変わります。孤児だったエイジ。「捨てられる」ことを恐れてきた彼は、敬愛する小野に認められることにより次にステップに進む自信と意欲を手に入れ、小野もそんなエイジを包み込む大きな包容力をいつしか身につけていました。千影も自立への一歩を踏み出した・・・はず。橘は・・・誘拐事件のトラウマを乗り越えることができたのでしょうか? それはここには書きませんが、一巻の冒頭、高校卒業時、彼が小野を手ひどく振ったシーンの本当の意味が二転三転しつつ明らかになります。橘は小野を傷つけたことをずっと気にかけていたのでした。橘の素顔が徐々に見えてくる、ある側面でこの物語は、彼という人間をめぐるミステリーだったようにも感じます。橘と小野のラスト近くのやりとりはおだやかできれいで、ああ、アンティークはこの二人から始まったのだったなあと、しみじみとした思いに誘われました。

かなわぬ願いですが、もっと読んでいたかったな。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この作品の結末には賛否両論あるみたいだけど、私は好きです.
誰もがうちに持つトラウマを完全に解消する事はできないと思う.ただ、何らかの形で折り合いを付けて次のステップに進むだけだ.
この作品特に4巻のストーリー展開にはグイグイ引っ張られた.物語が収束して、離散がある.でもそれは新たな旅立ちなのだ.よしながさんの素晴らしい語り手ぶりに感心しました.
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「俺はこの日を待っていたんじゃないのか?」
運命の歯車は急転する。
橘圭一郎、神田エイジ、小野祐介…
それぞれのトラウマがより浮き彫りにされ、
昇華へと向かっていく。
その過程での伏線は全く素晴らしい「ミステリ」であった。
4巻にて完結という、少々淋しさもあるが、
これほど次巻を待ち遠しく思った作品は久々であった。
作者の よしながさんには、本当に、
ありがとうございます、と、それから
おめでとうございます、と、伝えたい。
そして 小早川千影、彼は本当にこの作品に
たくさんの華を添えてくれた愛すべきキャラクターだった。
本当に、お疲れ様でした。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
どんな結末が待っているのか,最後までわくわくさせてもらえました。
後味は…ビターチョコレートケーキみたいなかんじかな?
ほろ苦いけど,それが病み付きになるかんじです。
こういう終わり方は賛否両論分かれるかもしれないけれど,
私は大好きです。何度も読み返してしまいました。
作者には「シリーズ全巻すっごく美味しかった!!ごちそうさま!」といいたいです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
 橘以外の登場人物があまりにも魅力的だったために,主人公であるはずの
彼の存在感が今ひとつ薄かった気がしていた。それが,この最終巻では
圧倒的に読み手を引きつけてしまう。小早川やエイジが旅立ち,小野が
少しずつ過去の痛みを乗り越えていく一方で,吸引力を失ったかのように
橘は留まったままだ。だが,だからこそ,彼がこの物語の紛れもない
主人公なのだと痛感するラストシーン。繰り返し描かれる小野を手ひどく
振ったシーンも,巻を重ねる毎に橘の過去の謎を解く鍵として少しずつ
変化していくあたり,本当によくできている。最終巻まで君の魅力に
気づかなくてごめん,と橘に懺悔したい気分だ。エイジの作ったケーキでは
ないけれど,「癖があるが,一度付いた客は離れない」(この表現でいいのか?)
そんな橘に私は惚れた。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
よしながふみさんは、ほんと素晴らしい語り人だなあと、毎回感心してしまいますが、その中でもお気に入りだった『西洋骨董洋菓子店』。とうとう最終巻でございます。ドラマも嘘ついてたわけじゃないんだ!という、ちょっとかぶってしまったラストでしたが、面白さに変わりはなく。(でも、・・・ドラマのせいで失速してしまった感は否めませんし、こんな珠玉の巻なのに、ドラマのせいでケチつけられたわ!と思ってしまったのも事実・・・;ドラマはドラマで好きだったんですけど)バカ親子っぷりも、怪しいおぢさんも、才能ありすぎ君も、羨ましすぎる刑事さんたちも、傷心のパティシエ氏も、思わず「くくっ」と声に出てしまう可笑しさで。
そんななかにもジンワリがあって。なにより、橘の過去にもある決着がつきます。それを良しとするかは読まれる方次第でしょうが、あのシーンの、橘の独白が胸に刺さりました。・・・彼は答えを手に入れたのでしょうか?謎のままであったこと。思い出せなかったこと。交わらなかった線。あるいは、立つべき処を見つけられた人。見届けられたこと。
時の流れを物語るように少しずつ変わりながら、彼らの日常は続いて行きます。
美味なものほど最後の一口を惜しんでしまいますが、過ぎた時間を懐かしむように、これからも愛してやまないでしょう。
「アンティーク」の名に恥じぬ、珠玉の作品です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック