¥ 700
通常配送無料 詳細
通常2~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫) 文庫 – 2005/12


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 39


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫) + 西の善き魔女〈7〉金の糸紡げば (中公文庫) + 西の善き魔女VI- 闇の左手 (中公文庫)
合計価格: ¥ 2,100

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

再会を誓い、ルーンは世界の果ての壁を目指して南へ、フィリエルは北極の塔へ。吟遊詩人に導かれ、それぞれの危険すぎる旅がはじまった―「氷の都」で彼らを待ち受けるのは、「真昼の星」を目とする賢者。女王の血を引く少女の勇気が、今、世界を変える!傑作長篇ファンタジー、ついに完結。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

荻原/規子
1959年東京生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。『空色勾玉』でデビュー、日本児童文学者協会新人賞を受賞。著書に、勾玉三部作となる『白鳥異伝』『薄紅天女』(赤い鳥文学賞受賞)のほか、『これは王国のかぎ』(産経児童出版文化賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 316ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2005/12)
  • ISBN-10: 4122046270
  • ISBN-13: 978-4122046276
  • 発売日: 2005/12
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 55,930位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あや 投稿日 2006/8/28
形式: 文庫
荻原さんの作品は勾玉三部作をはじめ、ほんとに面白いし大好きです。今シリーズもドキドキワクワクの連続で非常に楽しめました。7巻までは…。

率直に言うと、この8巻は「蛇足」ではないでしょうか。まあ外伝なので元から本編とは切り離して考えるのが適切なのかもしれませんが…。

私個人の意見としては、6巻、もしくは7巻で完結した方が気持ちよく読み終えることができたと思います。この2巻の方がほんとのハッピーエンド!って感じがより強いので。8巻で無理矢理詰め込んで終わらさないでも、謎は謎のまま完結してもよかったと思います。

なんだか釈然としません。6巻や7巻で完結ならそのままでも満足ですが、この終わり方では続編がないと納得できません。このもやもやした気持ち、私だけでしょうか…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ymatsui4 投稿日 2006/8/20
形式: 文庫 Amazonで購入
著者の実力は名作 空色勾玉 以下の作品で承知しているし,西の善き魔女もアニメ化,マンガ化で人気の高い名品だと思っていた.しかし読んでみると勝手が違う.カラフルな一角獣 (ユニコーン)とか,ヴィジュアルに思いがけないアイテムが出てくるし,キリスト教とその異端,アーサ−王伝説から Shakespere,時空操作(空間の歪)から恐竜まで用いられる知識は広大なので,これなら前代未聞の傑作が展開する,と期待したがどこかで計算違いがあったようである.本伝5冊,別伝3冊という構成がこれを端的に示している.本伝の終りの巻(文庫版のVI)は本来なら大団円なのに,これから戦が始まる.そこで結末は 開かれた結末 で,唐突に終ってしまう.そのためこの文庫版のVIIIが追加されたのだろうが,別伝は本伝の代わりにはなれない.ごく一部を拡大追記するだけである.要するに,この作品は構成を誤った(必要なスペースを過少評価した)のだ.その結果壮麗なファンタジーを読むことが出来なくなったのだと考えられる.何とも表現できない残念な話である.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 にころ 投稿日 2007/1/11
形式: 文庫
作品自体はすごく感性・知識に溢れていて、すばらしいと思います。

でも、文庫の途中で、この展開で、この調子で、どうやって完結させるんだろぅ…

という疑問が。

おもしろいからこそ、最後は気持ちよく読み終わりたかったのに。

なんでしょう、あの外伝3冊を含めた完結編。わたしの中では、全然終わってませんて。

だれか、続きを書いてくれ〜〜

もやもやして眠れないよぉ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 樹理 投稿日 2007/7/30
形式: 文庫
まだ13歳なもので、全体を見るととてつもなく面白かったのですが(特にルーンがキスをねだるところなどはニヤニヤしてました 笑)最後は「え?ここで終わり?」と思いましたね。
ですが本当にここまで続きが気になって気になって仕方なかった本なので☆は5つにしました。
ハッピーエンドで終わったのはとても嬉しいのですが、まだ気になるところが幾つかあります。
一つはルーンとティガの関係なのですが
もう一冊書いてほしいくらいです。

でもとても面白かったので、私くらいの歳(小中学生くらい)の方にはお話に入り込む事ができる本じゃないかなーと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 林檎 VINE メンバー 投稿日 2009/2/20
形式: 文庫
なんともしっくりとこない最後でした。
8巻まで一気に読んだのですが、ここで終わり?という感じで少し残念です。
  
作品自体は、壮大な世界観と荻原規子さんの情景描写の素晴らしさで、つづきが
気になって仕方のないとても惹きつけられるものでした。

一部疑問が残ったところもありましたが、1度読んでみる価値はあると思うので
機会のあるときに読んでみてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック