Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 ヤスイイね ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
数量:1
裸の島 ... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【必ずお読みください】国内正規品です。レンタル落ちではありません。リーフレット・ケースあり。代引き・コンビニ・ATM・Edy等全ての決済に対応こちらの商品はAmazon配送センターより迅速に発送されます。
買取サービス
最高買取価格

¥ 1,463
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 裸の島 [DVD]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

裸の島 [DVD]

21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,935
価格: ¥ 3,974 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 961 (19%)
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,974より 中古品の出品:7¥ 2,799より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

DVD・ブルーレイ 夏のセール最大70%OFF(9月30日まで)
その他のセール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1,000円以下ブルーレイ 1枚1,500円以下アニメBOXセールジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ夏のセール 9/30まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

裸の島 [DVD] + 原爆の子 [DVD] + 黒い雨 [DVD]
合計価格: ¥ 11,454

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 乙羽信子, 殿山泰司, 田中伸二, 堀本正紀
  • 監督: 新藤兼人
  • 形式: Black & White, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川映画
  • 発売日 2001/08/10
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (21件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00005LJV0
  • EAN: 4988126200381
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 32,852位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

商品の説明

内容紹介

瀬戸内海の孤島で力強く生きる貧しいひとつの家族を台詞無しで描く映画詩。モスクワ国際映画祭グランプリ受賞。

モスクワ国際映画祭グランプリ、ベルリン映画祭セルズニック銀賞。国内外問わず高く評価された。瀬戸内海の孤島で力強く生きる貧しいひとつの家族を台詞無しで描く映画史。

■キャスト
乙羽信子、殿山泰司

■スタッフ
監督:新藤兼人

内容(「Oricon」データベースより)

瀬戸内海の小島で暮らす一家の生活を、全編セリフ無しという手法で描いた、新藤兼人監督が贈るドラマ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

26 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 西岡昌紀 VINE メンバー 投稿日 2006/6/16
Amazonで購入
 私が、この映画(『裸の島』)の名を知ったのは、『イワン・デニーソヴィチの一日』や『ガン病棟』等の作品で知られるロシア(ソ連)の作家、ソルジェニーツィンが、1970年前後に、日本の新聞(東京新聞であったと記憶する)によるインタビューの中で、この映画(『裸の島』)について語って居るのを読んだ時の事だった。−−彼は、そのインタビューの中で、『裸の島』を、「強烈な印象を与えられた」と言ふ言葉で絶賛して居た。−−それから、数年後、都内の自主上映でこの映画を観た時、私は、ソルジェニーツィンがこの作品を絶賛した理由が分かった気がした。言葉の無いこの映画が私に語る物は、強烈であり、深かった。この映画は、言葉を持たない故に、上のソルジェニーツィンの賞賛がそうである様に、世界のあらゆる人の心を、直(じか)に打つのである。−−数年前、アメリカの或る音楽家にこの映画のビデオをプレゼントした事が有る。この映画を観た彼女の感動も深い物だった。
 この映画は、『砂の器』(野村芳太郎監督・1974年)に似て居るかも知れない。それは、この映画が、かつて、この国に在った貧しさを、美しい自然の中で描く事によって、見る者に、その貧しさの悲劇をより鮮烈に印象ずけて居るからである。
 若い世代に見続けて欲しい、日本映画の名作である。小学校の総合学習で、生徒達にこの映画を見せたら、とても良いのではないだろ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 竹内竹刀 投稿日 2006/4/28
新藤作品の大傑作。
ソルジェニーツィンが絶賛したと伝えられますが、権威づけや前評判は忘れて一度ご覧ください。
この作品がいかに素晴らしいかわかるでしょう。
独立プロならではというべきか、セリフなしですが、全編緩みない映画です。

あの島に暮らすのが現実的か非現実的かを問うのは野暮というもの。
この作品は人間の営為を淡々と映した、一種の神話・寓話なのです。
日々の生活は単調です。パソコンもテレビもない時代ならなおさらのこと。
お祭りなどのハレの日が年に数回ある以外は、誰しも日常生活(ケ)を繰り返したものでした。
水汲みの作業はカミュのシシフォスの神話を想起させます。
子供が大人同様に仕事をするのは前近代ではあたりまえのことでした。
そのような点でも原初的な労働のありかたを示していて、興味深く見ました。
桶から水をこぼした妻(乙羽信子)を、夫(殿山泰司)がビンタするシーンがありますが、
二度目の同じようなシーンでは、夫が妻を見守ります。
深い愛情がうかがえて、感動的なシーンでした。

殿山の快著『三文役者あなあきい伝』を読むと、映画撮影の裏話が読めます。
あの島には、男性がひとりで暮らしていたそうです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 スイート・サイエンス VINE メンバー 投稿日 2011/6/18
NHKのBSで山田洋次監督が選んだ日本映画ベスト100家族篇で放映されていたのを偶々見た。モノクロでセリフがまったくないと聞いて一瞬怯んだが、始まった途端に画面に引き込まれてしまった。

登場人物は、瀬戸内海の離れ島に暮らす夫婦と子供2人の4名家族だけだ。この島にはこの家族しか住んでいない。従って電気も水道も何もない。夫婦は荒れた土地にイモや麦を植えて暮らしているが、一日の大半は本土に船を漕いで行って桶に水を汲んで島に戻ってくる往復で費やされる。

春夏秋冬を通じてこの夫婦と子供たちは食べていくために働きづめだ。笑顔さえ殆ど交わされることはない。このような生活はさぞかし辛いだろうと思ってしまうのだが、当人たちは必ずしもそうではないのかもしれない。何というシンプルな生活だ。

人は何のために生きているのだろう、ということを考えさせられる作品だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 サイダー 投稿日 2010/9/19
学生時代から噂を聞いていたのだが、フィルム映画の時代にはこういう作品を見る機会というのはそうそう簡単には得られなかった。
VHS時代にも、棚に見かけることがなくついに視聴できないでいた。
なんと作品封切り後の、50年後にインターネットの助けを得てようやく全編を鑑賞しえた。
これは素晴らしい体験というべきかもしれない。
おそらく二十代、三十代では、この映画から受ける感銘はかなり違っていただろう。

司馬遼太郎の「街道をゆく」でも、日本という国を言及するに雨水の果たした役割は相当大きいという示唆を受けた。
雨水もおよばぬこの島を映像で描写するという。セリフのない詩的な無声映画のような描写。この実験的試みは見事に成功している。
なんのことはない、この映画に登場する小学生たちこそ日本の団塊の世代そのものであって今日我々の暮らしと実は一衣帯水の地つづきだ。
自分たちの育った時代に、かつてはそこにもここにもあるという実に月並みな風景だったのだ。

それが半世紀の時をへて振り返るとき、もはや太古の世界神祇の起源での話題のように響くなにかが違っている。
DVDは、素晴らしいメデアの現在形として世話焼きなまでに作者や音楽制作者の貴重な時代証言も重ねあわせて副音声で流してくれている。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック