この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

裸のプレゼンター 単行本(ソフトカバー) – 2011/7/8


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2011/7/8
¥ 474


キャンペーンおよび追加情報

  • オールタイムベストビジネス書100: これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。

  • 著者ページ: 著者の作品一覧や、著者写真・略歴など、著者に関する情報を満載した「著者ページ」。著者の方は、「著者セントラル」へ。


この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

出版社からのコメント

本書は2011年7月に株式会社ピアソン桐原より出版された同名書籍を再出版したものです。 --このテキストは、 単行本(ソフトカバー) 版に関連付けられています。

著者について

ガー・レイノルズ:関西外国語大准教授。プレゼンのデザインと実施における世界的な第一人者。「プレゼンテーションZen」「プレゼンテーションZen デザイン」(以上ピアソン桐原)、「シンプルプレゼン」(日経BP)などベストセラー多数。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: ピアソン桐原 (2011/7/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4864010552
  • ISBN-13: 978-4864010559
  • 発売日: 2011/7/8
  • 商品パッケージの寸法: 22.8 x 17 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 346,654位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hinyonposu 投稿日 2011/7/27
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 ガー氏の今までの作品はデザインが中心でしたが、
今回はプレゼンテーション実施のテクニックや
聴衆と心を通わせる能力についての内容となります。

 ガー氏の著書で、お勧めな読む順番は、以下の通りです。
1.シンプルプレゼン
2.プレゼンテーションzen
3.プレゼンテーションzenデザイン
4.裸のプレゼンター(本書)

 この4冊を読めば、プレゼンの極意が分かります。
ガー氏の著書は読んでいて楽しいです。
5冊目を期待しています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 家計を担うもの トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/9/9
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
日本の温泉の表紙に「裸のプレゼンター」のタイトル。帯には「ありのままの自分を表現する」

プレゼンテーションや聴衆と向き合うプレゼンターの姿勢やあり方・心持ちを扱った本書。
前著までのスライド表現方法とは趣が異なり、日本贔屓な著者なので温泉の風情や日本の武道を用いて、心得を説きます。

スライド表現やタイトルと同様、余分なものを脱ぎ捨てるスタイル。

華美に装飾されたパフォーマンスではなく、真のプレゼンス(存在感)を主張。
プレゼンテーションは、ライブと同じくその場に居合わせること自体に価値があると思っているので共感する。
しかし、本書を読んでもスライドと違ってすぐに身につくものでもなく、次のプレゼン機会で高望みの結果は出せない。
綺麗なスライドで装って背伸びをしてみても、結局は自分自身の心根が聴衆に伝わるのだから、ケツをまくって腹を据えろというメッセージにも受け取れる。

これまでの人生の積み重ね、これから生きる方向性、生き方心得。
マツコデラックス的に揶揄すれば、「いいのよ、自信のある人は勝手にやれば」である。
いわゆる世の中の成功者達は、本書を読まなくてもプレゼンスを身につけて、スライドを用いないプレゼンテーションを日々行っている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック