Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
街道をゆく (40) (朝日文芸文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

街道をゆく (40) (朝日文芸文庫) [文庫]

司馬 遼太郎
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (21件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 648 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
13点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
ハードカバー --  
文庫 ¥ 648  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

街道をゆく (40) (朝日文芸文庫) + 台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい (小学館文庫) + 新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論
合計価格: ¥ 2,613

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

一個の人間の痛覚として、私は台湾の未来が気がかりなのである…。台湾人自身による国づくりをはじめた、この島を歩きながら考えた、華麗島(フォルモサ)の苦難と栄光の歴史。特別対談―李登輝総統・司馬/遼太郎「場所の悲哀」。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • 文庫: 393ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (1997/05)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4022641487
  • ISBN-13: 978-4022641489
  • 発売日: 1997/05
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (21件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 5,643位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
78 人中、73人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 台湾入門の書 2006/1/13
By 柴守仁 VINE メンバー
形式:文庫
 台湾2300万人はモザイク社会。

 98%の漢民族と2%原住民、または85%の本省人(400年前に大陸から渡来し、日本統治時代を体験した)と、15%の外省人(50年前に大陸から蒋介石とともに渡来したグループ)、もしくは客家人、福建人などのグループなどでも細分化される。相互の混血も進んでいる。

 つまり軸足の置き方ひとつで風景は変化するのだが、司馬氏は、かつてこの島を統治した日本人として最低限、知っておくべき視点を(本書の登場までそれがあまりにもないがしろにされていただけに)計算ずくで、ドラマチックに紹介したのだろう。

 それは、「現実の政治には立ち入らない」という「街道を行く」シリーズでの自戒を破り、日中文化交流協会代表理事の身でありながら、李登輝総統(当事)と堂々と対談し、それをあえて巻末に掲載したことや、「北京の要人に読ませるつもりで書いた」との関連発言、古くは「長安から北京へ」の中で、中国のイデオロギー第一の教育に「アホかいな」とかみついた伏線などからもうかがえる。

 初出は週刊朝日の連載なのだが、当時は北京に気兼ねする朝日新聞が、台北に支局を置いていなかったため、氏の古巣の産経新聞の人脈を前面に出すなど万事が異例づくめ。

 後に「この本を書くために生まれてきた」と
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
33 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 清水の舞台から 2007/2/13
By momcat
形式:文庫
まだ全シリーズは読めてないのだが、今まで読んだ中では最もおすすめ。
残念ながら今となっては李登輝氏が政権を去って久しいが、
本書では「新しい台湾」が生まれたばかりの躍動感を嬉々としてリポートしている。
この沸き立つような言祝ぎ(ことほぎ)は、司馬遼太郎のマイノリティ好きに端を発している。
本書を読めば分かるのだが、今でさえ、アジアに存在する国やエリア――「台湾」は後者である――の中で、
「中華民国」ないし「台湾」ほど甚だしい政治的マイノリティも珍しい。
その台湾で抑圧されてきた本省人(広義の台湾土着人)が国家元首に就くことが、
そして本省人の手によって民主化されてゆくことが、
司馬遼太郎にはどれほどめでたいことだったか、
それは彼の物書きとしての信条を崩してまで、
政治的対立のある一方の政治家に強い思い入れを見せたことでも分かる。
この司馬の行動は当時多少ならぬ波紋となったようだ。
もちろん台湾の政治的立場にあって、
「日本」や「日本人」に対して格別のサービスを見せることは、
当時の「中華民国総統」李登輝氏にとってもかなり複雑な政治的効果を生む「敢為の行動」であり、
これら、相互のこもごもを日本語の慣用句で表現するなら、
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
50 人中、46人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 台湾を知る名著 2005/8/7
形式:文庫
この本を読めば、台湾の成り立ちや戦中・戦後の歴史、現代の中台関係などがよくわかります。私も台湾に旅行しましたが、台湾紀行を読んでおいたおかげで意義の深い、良い旅行ができました。
著者は自分が日本人だから日本びいきしてしまうと断ってはいるものの、本書に書かれていることはどれも事実であり、また真実にも近いものだと実感しています。二二八事件のことも、二二八記念館に行けば本書を追うようにわかります。
八田與一技師が東洋一のダムを作った話しが出てきますが、今でも墓も銅像もあり、記念館さえあります。烏山頭水庫という巨大なダムも未だ健在で、完成してから75年経った今でも嘉南平野を潤し続けています。
台湾は近いので簡単に旅行できますが、台湾に行くなら必読と言っても良い本だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
48 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:文庫
「街道をゆく」シリーズの楽しみの1つに、日本史について司馬史観を打ち立てた著者が外国をどのように見るかということがある。今回は、歴史の悪戯から、世界有数の外貨準備高を誇り、かつ世界六番目の軍事力を持ちながら、その主要民族が「少数民族」とされる「台湾」への紀行文である。この著作において著者は地理等を通じてではなく、出会った人々の心の有りようを通じて「台湾」を描くという小説的手法を用いているが、そこに登場する人々の気高さと、非常に美しい筆致により、まるで美酒に酔った時にも似た酩酊感が味わえる滋味深い1冊となっている。著者の本は多数読んできたが、その中でも上位に位置するであろう名作だと思う。蛇足ながら、発刊当時、国交のない「国」の元首との会談ということで波乱を呼んだ李登輝総統との会談を掲載したことについても賛辞を送りたい。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 印象画的紀行文
司馬遼太郎ならではの紀行文。
静かなタッチの風景、事物の描写の中に、歴史的感壊がにじむ名文。
日本人、中国人が台湾で何をしたのか。... 続きを読む
投稿日: 10か月前 投稿者: 黒モン
5つ星のうち 5.0 台湾旅行の前に。
台湾旅行の予習みたいな感じで購入しましたが、司馬さんの情緒あふれる語り口ですらすらと読めました。... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: 木村 陽子
5つ星のうち 5.0 凛とした文体
同じ日本語なのに、使う人によってこんなに違う。
素直な感想がところどころにあって、それがまた厭味がなくてちょうどいいです。... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: ジギタリス
5つ星のうち 4.0 台湾関連をいろいろ読んでから再読すると、味わい深くなります
 1994年、司馬遼太郎氏の著書です。

 本書は、台湾についての入門書として、よく挙げられる本です。... 続きを読む
投稿日: 17か月前 投稿者: LED LEPPARD
5つ星のうち 5.0 こんなに日本を愛する国もある。韓国みたいな国ばかりではない!
今こそ、全ての日本人(中学生も高校生も大学生も)が何をさておいても読むべき書。日本人よ自信を持て! しっかりしろ!と励ましてくれる書。... 続きを読む
投稿日: 20か月前 投稿者: Jubei
5つ星のうち 4.0 やっぱり外せない本です
東日本大震災での台湾の暖かい対応を知ってから台湾に旅行しましたが、恥ずかしい話、これほど日本と台湾が近い関係だったことを初めて知りました。結局、旅行から帰ってから... 続きを読む
投稿日: 21か月前 投稿者: User
5つ星のうち 5.0 「住民のための国家」は実現するか?
... 続きを読む
投稿日: 2010/8/31 投稿者: afpeace
5つ星のうち 5.0 今こそ読むべき、珠玉のシリーズ中の最高作
このシリーズは皆愛読書、しかも海外編は特に優れていると思っていましたが、先入観で台湾を最近まで後回しにし続けて来ました。それが大変な不明であったことを残念に思って... 続きを読む
投稿日: 2010/5/9 投稿者: コモンセンス
5つ星のうち 5.0 「『台湾紀行』を書くために生まれてきた」
「小生は七十になって、自分は『街道をゆく』の『台湾紀行』を
書くために生まれてきたのかな、と思ったりしています」... 続きを読む
投稿日: 2010/3/24 投稿者: PM12
5つ星のうち 5.0 歴史に残る名著
本書と、蔡焜燦著『台湾人と日本精神』、小林よしのり著『台湾論』の3冊は必ず歴史に残る名著。
台湾に関心のある方はぜひ読んでいただきたい。
投稿日: 2009/10/25 投稿者: サイコ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xab8b7e94)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック