¥ 2,469
通常配送無料 詳細
13点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

行政判例百選1 第6版 (別冊ジュリスト 211) ムック – 2012/10/19


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ムック, 2012/10/19
"もう一度試してください。"
¥ 2,469
¥ 2,469 ¥ 1,600


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

行政判例百選1 第6版 (別冊ジュリスト 211) + 行政判例百選2 第6版 (別冊ジュリスト 212) + 憲法判例百選2 第6版 (別冊ジュリスト 218)
合計価格: ¥ 7,201

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

登録情報

  • ムック: 288ページ
  • 出版社: 有斐閣; 第6版 (2012/10/19)
  • ISBN-10: 4641115117
  • ISBN-13: 978-4641115118
  • 発売日: 2012/10/19
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 13,051位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

25 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Redwing 投稿日 2012/12/28
行政法は近年重要判例が多数出ており改訂された本書が気になるという方も多いと思う。

そこで行政法総論を扱った本書について通読した感想を述べると
解説者の大幅な入れ替えにより問題解決を意識した「使える」解説が付されているものが
5版に比して増えており、取捨選択して読めば、ためになる。

但し、登載判例選択のコンセプトについては変化はなく
憲法で当然学んでいるであろうもの、立法や判例変更により解決され実務的には最早不要なものが
紙幅をとって相当数継続登載されており、やはり冗長な感がある。
アペンディックス形式で端的にまとめて十分であろうと思われるものが二桁単位でナンバリング登載されている。
反面、事案の解決スキルを磨く上で重要とおもわれる下級審のものが
スルーされているか、あるいは解説で簡潔に触れられるにとどまっており 
たとえば司法試験論文を念頭に判例を素材として学ぶロースクールの読者ならば
弘文堂ケースブックのほうが有用とおもわれる。

よって本書の読者としては
憲法を深くは学ばず学部で行政法を採る読者であるとか、公務員試験の受験者、
短答知識のベースラインとして最高裁判例をざっと眺めたいロースクール生等が適当であ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アマゾン次郎 投稿日 2014/6/17
判例百選の中で行政法はまだましなほうですが、それでも、第5版ではまだかなりめちゃくちゃな解説がありました。

★ 典型的なめちゃくちゃな解説というのは、「事実の概要」で一番肝心な「事実」を省略してしまう。つぎに「判旨」で最高裁がもっとも苦心している部分を無視する。さらに「解説」においては、抽象論を延々と述べ、当該事案の解説になっていない、というものです。

★ 執筆者が同じでも、解説を書き換えてあります。おそらく編者が「書き直し」を命じたものでしょう。これにより、上のめちゃくちゃな解説は減っています。しかし、書き換えてもダメなままのものもあります。たとえば、6事件の解説。このタイプが、ダメ解説の典型です。当該事件の事実がとりあえずまったくわからない。おそらく解説者がこの事件の本質がよく分かっていない。だから、解説ではだらだらとほかのことを書く。

★ 判例百選というのは、法廷実務家が執筆するものではなく、学理を追求する解説が主体であった時代があったようです。ただし、現時点では、行政法のかつての通説(田中二郎・雄川一郎・塩野宏)の体系性が大きく変容して、混沌とした判例群をまとめるのは容易ではありませんので、ひとまずは、個別事案ごとに細かい分析が求められます。わたしどもは、毎日の行政事件に汲々としていますが、簡潔に様子をみるこ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mochi 投稿日 2014/9/22
言わずと知れた判例百選シリーズの行政法。Ⅰには138事件が搭載されています。
5版と比べてとても読みやすくまた搭載判例が新しいものになりましたが、百選特有の解説の質のばらつきは相変わらずです。

たとえば40事件「知事交際費と情報公開」(大阪府知事交際費情報公開請求事件)についての引用判旨ですが
(ⅰ)「交際相手が識別され得るものは・・・条例・・により・・・公開しないことができる文書に該当する。」
(ⅱ)「交際相手が私人で識別され得るものは・・・条例・・により・・・公開してはならない文書に該当する。」
とだけ引用されており、完全に「だから何?」状態です。

この判決文の重要なところは、なぜ非公開文書に当たるかという判断基準と事実のあてはめなわけで、
判決文は
「知事の交際費は、都道府県における行政の円滑な運営を図るため、関係者との懇談や慶弔等の対外的な交際事務を行うのに要する経費である。このような知事の交際は・・・交渉等事務に、その余の慶弔等については同号の交渉等事務にそれぞれ該当すると解されるから・・・公開しないことができるか否かは、これらの情報を公にすることにより、当該若しくは同種の交渉等事務としての交際事務の目的が達成できなくなるおそれがあるか否か、又は当該若しくは同種の企画調
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 おひさまさん 投稿日 2014/1/24
Amazonで購入
必須と記述されていたので初心者はそうなのと急いで買って読むことになるみたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック