この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

虹神殿 (ペーパームーンコミックス) 単行本 – 1983/1


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,500


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • 単行本: 543ページ
  • 出版社: 新書館 (1983/01)
  • ISBN-10: 4403611362
  • ISBN-13: 978-4403611360
  • 発売日: 1983/01
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,104,792位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ポチR トップ50レビュアー 投稿日 2009/11/3
形式: 単行本
主人公サーナンは有力な家の跡継ぎ。しかし実際は叔父に牛耳られている。大人になるまでは・・・・とじっと本心を隠して昼行灯を決め込むサーナンは、今は信仰を失っている崩れかけた神殿に出向き、少しずつ修復を手がけている。そんなサーナンは、ある日を境に空神を見ることになる。サーナンは次第に政治的な思惑に巻き込まれ、自らダークなことにも手を染めていく。そんなサーナンは空神に救いを求めるが、空神はただ見守る存在でしかないのだ。何も出来ない悲しみもあるのだ、とサーナンに告げる空神。神殿から遠ざかっている間にトップの空神は寿命を迎えていた。久々に神殿に出向いたサーナンを迎えたのは次の代の空神だった・・・・。

鳥図明児さんの描く世界は不思議だ。現実なのに夢のような。誰にも真似できない世界がそこにある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック