¥ 1,296
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
虫めづ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

虫めづる姫ぎみ(むしめづるひめぎみ) (日本の物語絵本) 大型本 – 2003/5


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1,038


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

虫めづる姫ぎみ(むしめづるひめぎみ) (日本の物語絵本) + 鉢かづき (日本の物語絵本) + 青葉の笛 (日本の物語絵本)
合計価格: ¥ 3,888

選択された商品をまとめて購入



発表!オールタイムベスト児童文学100
Amazon.co.jp13年にわたる書籍の販売で蓄積した各種データを元に選出した、 「オールタイムベスト児童文学100」 を発表。全国7か所にて展示・貸し出しも。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ある大納言に、ひとりの姫ぎみがいらっしゃいました。とてもかわったかたで、なによりも虫がだいすきで、さまざまな虫をこばこにあつめては、その成長ぶりをみまもっておいでになりました。いちばんのお気にいりは毛虫でした…。

内容(「MARC」データベースより)

ある大納言に、ひとりの姫ぎみがいらっしゃいました。とてもかわったかたで、なによりも虫がだいすきで、いちばんのお気に入りは毛虫でした…。「堤中納言物語」の中のユニークなお姫さまのお話を書きあらためた絵本。

登録情報

  • 大型本: 41ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2003/05)
  • ISBN-10: 4591077144
  • ISBN-13: 978-4591077146
  • 発売日: 2003/05
  • 商品パッケージの寸法: 25.8 x 24.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 212,196位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/10/10
形式: 大型本
ムシ好きの姫・・昔いたよね、おてんばなこんな女の子!!自分の心のまま、興味のある虫を観察。今だったら科学者よね。大人の私のほうが楽しませていただきました。もちろん子供も”毛虫が好きね~”と言って読んでいました。絵も今時風でわなく、古典を感じさせる絵で魅了され購入しました。古典に親しみがない子供にもお勧めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 五島雅 VINE メンバー 投稿日 2009/11/13
形式: 大型本
オデッセウスと共に「風の谷のナウシカ」のヒント
になったいわれる本です。
オームをかわいがるナウシカの姿が毛虫を愛でる
姫の姿に二重写しになります。

恋や見目にとらわれない姫の姿は、現代からみても
変わっていて面白い。
大人の方は原本を読まれるとまた味わい深いですよ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 恐竜の母 投稿日 2009/10/22
形式: 大型本
 平安時代にこんな姫君がいたとは......おしゃれもせず、殿方にも興味がなくひたすら毛虫が大好き。
「物事のうわべだけではなく、元から調べるのが大事な心がけ」おもしろい発言です。
現代女性顔負けのパワーとユニークさを持った姫。日本にこんなおもしろい古典があったとはねぇ〜
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 た〜りん 投稿日 2014/4/3
形式: 大型本 Amazonで購入
最初に読んでがっかり。オチがない。絵は魅力的だしテーマはとても惹かれるんですが、盛り上がり等に欠けるように思えました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック