Amazon Kindleでは、 虞美人草 (角川文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
11点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
虞美人&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送[12/31・1/1のみ休業]】中古品のため使用感はありますが外観上、綺麗なものを販売しております。※新品同様の品質ではありません(書き込みやマーカーがない状態)万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため時間差で在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

虞美人草 (新潮文庫) 文庫 – 1951/10/29


すべての 8 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,097 ¥ 768
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

虞美人草 (新潮文庫) + 草枕 (新潮文庫)
両方の価格: ¥ 1,058
ポイントの合計:  32pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

大学卒業のとき恩賜の銀時計を貰ったほどの秀才小野。彼の心は、傲慢で虚栄心の強い美しい女性藤尾と、古風でもの静かな恩師の娘小夜子との間で激しく揺れ動く。彼は、貧しさからぬけ出すために、いったんは小夜子との縁談を断わるが……。やがて、小野の抱いた打算は、藤尾を悲劇に導く。東京帝大講師をやめて朝日新聞に入社し、職業的作家になる道を選んだ夏目漱石の最初の作品。

内容(「BOOK」データベースより)

愛されることをのみ要求して愛することを知らず、我執と虚栄にむしばまれ心おごれる麗人藤尾の、ついに一切を失って自ら滅びゆくという悲劇的な姿を描く。厳粛な理想主義的精神を強調した長篇小説で、その絢爛たる文体と整然たる劇的構成とが相まって、漱石の文学的地位を決定的にした。明治40年作。 --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

登録情報

  • 文庫: 416ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1951/10/29)
  • 言語: 日本語, 不明
  • ISBN-10: 4101010102
  • ISBN-13: 978-4101010106
  • 発売日: 1951/10/29
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (22件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 113,430位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

33 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 bluepasta 投稿日 2002/8/22
形式: 文庫
才気溢れる女性藤尾、その兄で哲学者の甲野さん、外交官浪人中の宗近くん、その妹糸子、将来を嘱望される小野、小野の恩師の娘小夜子の6人を中心に話は展開します。
宗近くんと小野は、ともに藤尾に対して結婚を申し込もうと考えています。藤尾は小野のことを憎からず、と思っていますが、その才覚ゆえに素直にはなれません。甲野さんと糸子も、お互いが気になっています。一方小夜子は父とともに、小野と結婚するため京都から上京してきます。藤尾に翻弄されている小野は優柔不断で・・・。
近代人の代表として描かれる藤尾、昔ながらの道理の代表として描かれる小夜子、そしてその間で揺れ動く小野。当時随一の近代人だった漱石による近代批判・問題意識が、この作品でも読み取れます。文明の発達はいろいろなことに気を紛らわし「生か死か」の選択を先延ばしすることを可能にしているが、いつか必ずツケは払うことになる、そんなメッセージを読み取りました。
作家として歩み始めた漱石の、初の新聞連載小説ということもあって、漱石の意気込みが伝わってきます。和漢洋すべてにおいて教養の深い漱石の筆致は、やや難解で読みにくい部分もありますが、中盤にストーリーが動き出してからは、一気に読めます。登場人物の会話のやり取りも素晴らしく、その内容の深さはいまだ色褪せていません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 RoseWater 投稿日 2010/11/18
形式: 文庫
この本は、評価が非常に難しいんですよね。
実は漱石の中で何度も読み返すのが、虞美人草と「それから」。

で、虞美人草ですが、ストーリーというか、展開というか、これ漱石じゃなかったらもっと辛口に叩かれていると思う。実際正宗白鳥はかなり辛らつに批評してますが。。
文体の美麗さにごまかされてますが、漱石自身藤尾が大嫌いというようなことを言ってますので、ヒロインに全く愛情がないわけです。悪女、それ以外の側面を全く見ようともしません。
まるで少女漫画の悪役の女の子扱い。
でも人間というのは、一方の片面からだけ描写しても全く面白くないんですよ。
善人と悪人をはっきり分けて、悪人は悪人としてしか描かない。だから内面もなにもかも「悪」としてしか書いていないからすごく底が浅いのです。
藤尾とその母は、悪の側。すべて悪意ある表現で描かれ、しかもそれがあまりに単純なんですね。
かたや甲野、宗近、その妹、小夜は善を代表して悪意のない存在として描かれる。

主人公である小野さんが、都会で学問によって世に出ようとして、それを支援してくれる財力の象徴として藤尾に引かれ、藤尾は藤尾で人間の本質を理解できないバカなので、小野さんの野心もなにも理解できず、ただ「学者として有望。詩的である」と勘違いして小野さん
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 冬物語 投稿日 2011/12/18
形式: 文庫
●本書の主要な登場人物は次のとおりである。

(1)小野:天涯孤独の身の上。大学卒業時に銀時計を貰ったほどの秀才。現在、博士論文執筆中。友人の欽吾の妹の藤尾との結婚を望んでいる。

(2)甲野家(欽吾、義母、義妹の藤尾)
 ・欽吾は小野の友人の哲学者。友人の宗近の妹の糸子を憎からず思っている。
 ・甲野の母は、義理の息子の欽吾を疎ましく思っている。実の娘の藤尾を小野と結婚させたがっている。
 ・藤尾は、美貌で虚栄心の強い女性。かつては宗近との結婚話もあったようだが、今は秀才の小野との結婚を望んでいる。

(3)宗近家(一、父、妹の糸子)
 ・宗近一:小野の友人。外交官を目指している。
 ・宗近父:息子の一と藤尾を、娘の糸子と甲野欽吾を結婚させたがっている。
 ・糸子:甲野欽吾を憎からず思っている。

(4)井上家(弧堂、小夜子)
 ・弧堂:小野の学生時代の師。娘の小夜子と小野を結婚させるため京都から東京にやってきた。
 ・小夜子:小野と結婚するために父と共に東京にやってきた。小野をを憎からず思っている。

●本書を一言で言えば、上記の人々の間で巻き起こる、それぞれの思惑や野心に基づく葛藤や衝突を、クラシカ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 文庫
小野君は貧しい生い立ちから勉学に励み、文学士に上り詰めた。卒業の際に賜った銀時計を胸に東京で教鞭をとる日々の最中、縁深い恩人である井上親娘が上京してくる。5年前の娘との"約束"は高度文明社会の中に置き去りにされ、小野君は教え子で資産家でもある甲野藤尾との結婚を目論むが……。

出世欲と人情とのはざま、甲野欣吾と藤尾の兄妹、宗近一と糸子の兄妹が物語に絡み、20世紀初頭の都市で生きる苦しみが滲み出てくる。

・藤尾がクレオパトラなら、その母親はマクベスの魔女か。九章に母親の狡猾さが如実に表れている。

・十一章、小野君が小夜子と東京勧業博覧会の茶屋にいる現場を目撃した藤尾の、凝固した様子の描写は見事だ。

・クライマックスの十八章、おもしろ武骨な宗近君の「真面目さ」が発揮され、ある意味すがすがしい結末を迎える。「真面目とはね、君、真剣勝負の意味だよ」。男ならかくありたいが、しかし、"金の鎖の付いた蛇"を投げなければ、藤尾の運命も変わっていたのかもしれない。宗近君の"行動"はすべて正しかったのだろうか。疑念は拭い切れない。

漱石らしい文明万能主義への批判は健在だ。「日本でもさうぢゃないか。文明の圧迫が烈しいから上部を綺麗にしないと社会に住め
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック