通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
薔薇のために (9) (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

薔薇のために (9) (小学館文庫) 文庫 – 2001/2

5つ星のうち 5 3件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 薔薇のために (9) (小学館文庫)
  • +
  • 薔薇のために (8) (小学館文庫)
  • +
  • 薔薇のために (6) (小学館文庫)
総額: ¥1,902
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介



<ご注意>希少本ですので、「在庫あり」でご注文できる場合、装丁等汚れていることがありますことをご了承ください。在庫がかなり少ないため、交換等も難しくなります。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社からのコメント

祖母に死なれ天涯孤独となった、枕野(まくらの)ゆり。ところが祖母の遺書で実は母親は生きていた、その上、兄弟が3人もいることを知り…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 377ページ
  • 出版社: 小学館 (2001/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091913792
  • ISBN-13: 978-4091913791
  • 発売日: 2001/02
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 620,324位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
女優の娘に生まれながら、
容姿に恵まれずコンプレックスも抱えている女の子と、
容姿に恵まれた父親違いの3人の兄妹と女優である母親とが
一つ屋根の下で暮らすことから起こる、様々な出来事。
読み始めは主人公が絵的に可愛くないという、
王道から外れた設定に戸惑いを感じますが、
読み進めていくと主人公の性格の良さに
だんだん可愛く見えてきます。
恋愛だけにとどまらず、家族愛、兄妹愛と
様々な愛から、最後には一つの大きな愛情を感じられるストーリー。
本当に大切なことは何かということを考えさせられ、
心が温かく、またやさしい気持ちになれる物語です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ポチR トップ100レビュアー 投稿日 2009/8/26
形式: 文庫
最愛の恋人をガンで失った後、誰にも恋愛感情を持てなかったスミレが、血のつながらない妹のゆりにいつの間にか心癒され、最後は結婚という形で結ばれる最終巻。ゆりの性格の良さがとても良かった。ただ、スミレのように強引で乱暴な言葉遣いの男に惹かれるゆりの気持ちはわからない(笑)。花屋敷家で唯一ゆりと半分血がつながっている弟の葵は、ゆりを愛しながらも決してむくわれることはない。その方がかわいそうだった・・・。

きょうだいの中で一番上の姉、芙蓉が、漫画家の猫吉の気持ちに応える場面はさりげなかったが感激。子供を顧みない母親との関係から他人との間に今ひとつ壁をつくっていた芙蓉が、猫吉によって心を開かされていく過程はこの物語のもうひとつの軸だったように思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 美希 投稿日 2001/10/11
形式: 文庫
最終回が掲載されていて、感動物です。ただの恋愛物では終わっていない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック