薄桜鬼 ... がカートに入りました

買取サービス
最高買取価格

¥ 1,260
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 6,080
通常配送無料 詳細
発売元: 怪物少女
カートに入れる
¥ 6,130
通常配送無料 詳細
発売元: 中央書店コミコミスタジオ
カートに入れる
¥ 6,143
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 薄桜鬼 桜の宴 2012 [DVD]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

薄桜鬼 桜の宴 2012 [DVD]

8件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,424
価格: ¥ 6,080 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,344 (28%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、ファルマン商店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 6,000より 中古品の出品:12¥ 2,299より

2015年 夏アニメ 予約開始タイトル一覧
2015年7月から放送のアニメ、『GOD EATER』、『WORKING!!!』、『アクエリオンロゴス』、『To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd』などブルーレイ&DVDと関連商品一覧はこちら。 今すぐチェック


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ夏のセール 9/30まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • キッズアニメ・映画 総選挙 投票受付中 7/31まで キッズアニメ・映画 総選挙を今すぐチェック

  • 【50%OFFも】サマーセール開催中 ファッション、家電から食品まで「ほしい」が続々登場。 サマーセールをチェック。


よく一緒に購入されている商品

薄桜鬼 桜の宴 2012 [DVD] + 薄桜鬼 桜の宴 2013 [DVD] + 薄桜鬼 ~桜の宴~
合計価格: ¥ 21,129

これらの商品は、それぞれ別の出品者から販売、発送されます。

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 三木眞一郎, 森久保祥太郎, 鳥海浩輔, 吉野裕行, 遊佐浩二
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: アイディアファクトリー株式会社/デザインファクトリー株式会社
  • 発売日 2012/08/31
  • 時間: 245 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B007TT82FK
  • EAN: 4961524597338
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 46,029位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

2012年4月8日に中野サンプラザにて行われた「薄桜鬼 桜の宴 2012」がDVDで登場です。
ファン垂涎の映像が盛りだくさんの内容となっております。
特製ブックレット封入。
※商品画像はイメージです。実際のパッケージとは異なりますのでご了承くださいませ。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

4月8日に中野サンプラザで開催された「薄桜鬼 桜の宴 2012」の模様をDVD化。土方歳三役の三木眞一郎、沖田総司役の森久保祥太郎、斎藤一役の鳥海浩輔をはじめ、遊佐浩二、津田健次郎ら人気声優たちが総出演。特典にブックレットを封入。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

17 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 青白い女 投稿日 2012/9/6
形式: DVD Amazonで購入
思った以上に評価が低く驚きました。
個人的には「桜の宴2010」よりも、こちらのほうが好みでした。

【以下、多少ネタバレ】
OP⇒再現録⇒春の歌会 三番勝負⇒再現録⇒朗読劇(ミニドラマ)⇒吉岡さんのメドレー⇒ED⇒カーテンコールという流れで進んでいきます。

感想を個別に書かせて頂きますと、

<再現録>
ゲームのスチルに合わせて声優さんが声をあてるというもの。
昼の部・夜の部とも違う内容で、声優陣の声をあてている表情を見られたのが嬉しかったです。

<春の歌会 三番勝負>
クイズ形式で争う企画ですが、クイズが難しく、もはやウケ狙いや大喜利的なポイント稼ぎになっていましたw
皆さんの素らしい表情が見れて、仲睦まじい様子でとても盛り上がっていました。
個人的には、夜の部のほうが面白かったです!
山崎さんがVTR出演してくれたのも嬉しかったです。

<朗読劇(ミニドラマ)>
昼の部、夜の部とも内容が同じなのは残念でしたが、かなりギャグテイストな仕上がりで本当に面白かったです。
特に沖田さんと土方さんの掛け合いがもうw
副長さよなら・・・www

カーテンコー
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゆい 投稿日 2012/9/7
形式: DVD Amazonで購入
@Mayanさん(引用失礼します)とほぼ同じでしたので、私のレビューで付けたしたい部分を少々。
私も評価が低くてちょっと驚きました。

ネタバレご注意ください。

<再現録>
2010は、アニメにアドリブでアテレコでギャグテイストだったので、同じように笑いを求める方にはつまらないのかもしれませんが、同じより違うものの方が面白いと思うので、これはこれでいいと思います。
なにより、アニメにアドリブでアテレコは何も薄桜鬼だけしかできない、というものでもないですし、今回はゲーム本編・随想録のアテレコです!感動のあの場面を、キャストさんたちの生のお芝居で観られます!何より、選ばれていたシーンがどれも胸を締め付けられるもので、涙がとまりませんでした。
アニメアテレコの2010より私はこちらの方が、本当に「薄桜鬼好きでよかった」と感動できるものでした。
ちょっと不満…というか、公式で間違えて欲しくないな、と思ったのは土方さん(三木さん)の再現録・夜の部のシーン説明。完全に時系列間違えてます。これはがっかりしました。そこをスルーすれば本当に、このシーンをアテレコで見れるのはファンならば、「薄桜鬼好きでよかった」と思えること必至です!…時系列間違えはやっぱり引っかかりますけどね(苦笑・あまりにも感動のシーンだけ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yu-i 投稿日 2012/9/3
形式: DVD Amazonで購入
ミニドラマは内容が昼夜同じでちょっとガッカリでした…吉岡さんも昼夜歌う曲目も同じだったのでもう少し違う曲を歌ってほしかったなーと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ムントリ 投稿日 2012/9/2
形式: DVD Amazonで購入
面白さが減った感が否めません。ミニドラマはかなり面白かったですが、クイズは、お題が難しいので、声優さんたちが大変そうでした。しかも、2010は仲のいい飲み仲間が和気あいあいと喋っているような楽しさがありましたが、2012は先輩後輩の年齢層が離れているためか、お互いが気を遣い合ってお酌をしているような感じがあり、見ている側も緊張しました。関智一さんのような、そういう壁をぶち破っていける人がいればまた違ったかもしれません。
大好きな声優さんたちが少しでも面白くしようと頑張られていたので、企画の段階で、もっと声優さんらしさが活かせるようなものを考えられたらよかったかなと思います。2010の写真録とか、関西弁で演じるとかを「恒例の!」という風にまたやればよかったのではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック