通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
落日燃ゆ (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。h7728a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

落日燃ゆ (新潮文庫) 文庫 – 1986/11/27

5つ星のうち 4.5 81件のカスタマーレビュー

すべての 4 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 109
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 落日燃ゆ (新潮文庫)
  • +
  • 男子の本懐 (新潮文庫)
  • +
  • 雄気堂々〈上〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,258
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

受賞歴

第9回(1975年) 吉川英治文学賞受賞

内容紹介

東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯のうち、ただ一人の文官であった元総理、外相広田弘毅。戦争防止に努めながら、その努力に水をさし続けた軍人たちと共に処刑されるという運命に直面させられた広田。そしてそれを従容として受け入れ一切の弁解をしなかった広田の生涯を、激動の昭和史と重ねながら抑制した筆致で克明にたどる。毎日出版文化賞・吉川英治文学賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 462ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1986/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101133182
  • ISBN-13: 978-4101133188
  • 発売日: 1986/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 81件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,641位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本書は太平洋戦争の東京裁判において、A級戦犯として絞首刑に処されたただ一人の文官・広田弘毅氏の生涯を追ったものです。
全文を通じて極力感情が抑えられた筆致、また戦後首相となった幣原喜重郎・吉田茂などの人物に対する描写も合わせ、
広田氏個人の伝記というよりも、日本と言う国が戦争に転がり落ちていく、その時代に抗おうとした人々の記録であると感じました。

大使、外相を務め、二・二六事件の直後に首相となった広田氏は、
日本軍ならぬ「二本軍」とも言うべき、意思の統一されない中枢と末端の齟齬の中で和平への道を模索します。
歴史の教科書ではわずか数行で記述され、その意義も「軍部の台頭を許した」とされてしまう広田内閣ですが、
例えその努力が実らなかったにせよ、一年ほどの任期中、広田氏が人事を尽くしたことは確かです。
それは良心として認められるものでこそあれ、罰せられるべきものではありません。

たとえ、ついに戦争を回避できなかったことを広田氏の罪とするとしても、
それは一個人の能力の限界であり、一人広田氏のみが死によって背負うべきものではありえません。
しかも東京裁判では、和平への道を決定的に閉ざした軍部の人間らと同列に扱われ、
ついには彼らと「共同謀議」したとされるな
...続きを読む ›
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鳩三郎 投稿日 2007/1/6
形式: 単行本
人から勧められて初めて手にした。

東京裁判は学校での教科書で学んだ程度の知識しかなく、

今回この本を読んで、主人公となった広田弘毅はもちろん

戦争が引き起こしたすべての事象、巻き込まれた人間、

そしてこの戦争を正当化して推し進めていった者たちの

さまざまな思いを一気に感じさせられた気がする。

広田に対しては、その大多数が、

彼の人柄と、この戦争に自分自身をまっすぐに対峙させ、

「無罪」とは言えないと一貫して主張した姿勢からも

好意的な意見ばかりが存在する一方で、

裁判中も多くを語ることなく、また、在任中についても

自らの主張をせずに周囲の言いなりとなっていたと

批判的に見る意見も存在する。

これはまさに表裏一体であり、彼の黙して語らずの精神が

このような両極の意見を生んだのかもしれない。

独裁的・個性的な人間ばかりが政府の中心であった当時に

寡黙な彼は異色であっただろうし、多くを述べずに

自らが信じたことだけに心を
...続きを読む ›
コメント 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/6/6
形式: 文庫
東京裁判とは、第2次大戦後、連合国によって行われた、日本の戦争指導者たちを戦争犯罪人として審理した国際軍事裁判であり、
起訴された被告人全員が有罪となっている。
また、ここで裁かれたうち、広田弘毅も含む14人は、小泉さんが参拝するたびに問題となっている靖国神社に今もまつられている。
広田弘毅は、南京大虐殺事件の外交責任を問われ、文官としてただ1人絞首刑にされた人物である。
しかし東条英機のほうが圧倒的に有名で、この本を読むまで彼がどんな人物かなんて意識していなかった。
この本を読んでみて、彼の潔さ、そして努力家であるところなど、昔の古きよき、芯の通った骨太の日本人の姿をありありと感じ、すっかり尊敬してしまった。
彼が絞首刑となったのは、時代の流れに巻き込まれたゆえにすぎない。
自分から戦争を起こそうとしたことはなく、もちろん南京大虐殺との関連性は何一つない。
逆に戦争となることを必死で回避しようと奔走していたのだ。
それにもかかわらず、責任をとって絞首刑となることに対し、彼は弁明を全然しなかった。
「武士道」にもつながる精神だと思う。
この本を読んで以降、尊敬する人物を聞かれるたびに、彼の名前を言っていたら、相手が私のことを「右翼」だと勘違いしてしまうのが困りものだ。
1人でも多くの人が、本当の広田弘毅の生き方を知り、その勘違いをやめてほしい。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私が今まで手に取った戦争モノの本は海軍将校か陸軍の一般兵士、もしくは民間人の 視点から描かれたものばかりでした。

今回初めて政治家(しかもA級戦犯)という立場の人を主人公にした本を読んで、

「あの戦争は誰がどうやって引き起こしたものなのか」ということが

だんだんわかってきました。よく、「国のトップの人たちの都合で、多くの

民間人が命を失った」という風にいわれますが、トップといっても実は暴走したのは

陸軍の上の方の立場の人たちだけで、内閣(軍人以外の)や海軍は平和維持を

望んでおり、陸軍を抑えるのに必死だったんですね。そして、軍の統帥権を政府が

侵害できないという、当時の国のしくみに問題があったのだということが

よくわかりました。そして、当時平和を誰より望み、和平政策に誰より力を尽くした

広田弘毅がA級戦犯として処刑されることになった運命の皮肉は残念でならず、

同時に戦後の東京裁判がいかにいい加減で、矛盾の多いものだったかという事実に

は、怒りを感じます。

ところで、広田氏の外交的スタンスは、現在の政治にも参考になる点が多い
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック