この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

萌え萌えジャパン 2兆円市場の萌える構造 単行本 – 2005/4/1


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 99


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本人は「萌え」を発見した。「萌え」とは、キャラクターの不在を脳内で補完する行為。日本のコンテンツ産業の総売上額は12兆円を上回り、これはなんと第1次産業、農林水産品の総生産額を凌駕する数字である。その中でもキャラクターライセンス商品の市場は、約二兆円と試算される。文化、産業の両分野で巨大な存在感を示すようになったキャラクター表現。本書は、そうしたキャラクター表現の魅力を、「ファンと作品の関係」を焦点にしてお伝えする。

著者について

堀田純司 1969年大阪府大阪市生まれ。大阪桃山学院高校を中退した後、上智大学文学部ドイツ文学科入学。ただしドイツ文学にはあまり興味を示さず、もっぱら「ドイツ以外」のヨーロッパ現代文学、ラテンアメリカ文学、紙媒体やROM媒体による現代日本のキャラクター表現に傾倒して学生時代を過ごした。在学中よりフリーランスの編集者として働く。2002年には自身が企画、取材にあたったインタビュー集『ガンダム者 ガンダムを創った男たち』を刊行。独特の語り口と切り口で注目を集めた。現在も漫画編集者として現役であり、本書でも創作の現場に携わる人間として取材にあたっている。

登録情報

  • 単行本: 326ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/4/1)
  • ISBN-10: 4063646351
  • ISBN-13: 978-4063646351
  • 発売日: 2005/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 506,429位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

19 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 尼損太郎 投稿日 2006/1/24
形式: 単行本
この本の特徴は、思い入れや独断、噂話などを排し

「根拠のないことは書かない」という姿勢を感じることです。

著者はそのために、膨大なデータや

文献の引用と当事者へのインタビューで

多面的にオタクの世界を探求していきます。

そのスタイルには執念を感じます。

が、かといって固い本かというとそうでもなく

むやみにアカデミックな話題を枕に持ってきたりするところに

著者のユーモアのセンスを感じます。

しかしここを真面目にとってしまうと世界に入りこめないかも。

私は面白く読みました。あと案外、脚注が楽しいです。

ただひとつ残念なのは、著者のオタクの世界への

スタンスが明確にされていないこと。

思い入れを排するためだったのかもしれませんが

これだけのドキュメントを書くからには

自分自身がオタクの世界を体験して

どう変わったかなど、

そうした立ち位置をどこかで記してほしかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 盥アットマーク 投稿日 2005/10/2
形式: 単行本
 著者は「萌え」を「キャラクターという不在のものの足らざる部分を、想像力によって補完する行為である」と定義している。「初恋」とは正にそういうもので、圧倒的な情報の欠如を、自分勝手な妄想で埋めることが楽しいのである。そして、今と言う時代は、男女の隔たりも昔に比べて無い分、異性に対する情報も十二分にあり、その分、リアルな異性に対して幻想を持てない、つまりリアルな「初恋」が成就しないって状況もあるんではないだろうか?しかも、今の時代は、生まれ落ちた時からアニメやゲームといった「仮想」が存在している。だとすれば「初恋=萌え論」、つまり、初恋の相手がバーチャルってのも成り立つ。それはものすごくナチュラルな成り行きではある。
 本書は「萌え」周辺の人々にインタビューを試みているんだけど、“アニメキャラは行動パターンや表情から人物情報が読み取れるけど、リアルの女の人は建前的な話しかしないので情報が読み取れない”とか、“実際の社会はつらいことが多いから漫画の中ぐらい嫌なことが起きなくてもいいんじゃないか”といった発言があって、正直戸惑ってしまうのだ。せっかく「仮想」も今や「現実」なんじゃないかってフェーズなのに、「現実」と「仮想」を分けて考え、ある種逃避領域としての「仮想」って言う従来通りの考え方に甘んじるのはどうなのか?極論、リアルの女は融通利かないし向こうもこっちを査定するけど、バー
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ねこのめ 投稿日 2005/9/3
形式: 単行本
「私はこう考える」という様々な人の言葉が紹介されていて面白かったです。考察というよりドキュメントなのかな。それでも、全体的には「萌えとは補完作業である」て側面から、広く(というか極端な形で現れている)現象を描くってことでまとまってた感じでした。
取り上げられているのは「メイドカフェ」「抱き枕」「等身大フィギア」「アイドル」「美少女ゲーム」「声優」で、基本男性限定で語られてます。レイヤーさんに関しても「アイドルになりたいという希望」でくくられていて、そういう点では不満もあったり。それがメインじゃないからしょうがないのか。
作品論みたいなのもまったくなく、取り上げられている作品も多分メジャーです。説明はそこそこ丁寧なので、それぞれの項目の概略くらいはつかめるかと。そういう案内書としても面白く読めると思います。脚注が意外に楽しい。
オタクとかコミケとかいうキーワードに興味のある方なら、読んでそれなりに損はないかと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 オレンジシェード VINE メンバー 投稿日 2006/10/8
形式: 単行本
「萌え」の世界に興味を抱き読んでみたのですが、

筆者を含め、この世界への熱意が伝わってきました。

ただ、私は現実にアニメを見たこともなければ、

メイドカフェにも足を踏み入れたことがないため、

今ひとつ現実感が味わえず残念でした・・・。

同書を読む前に、

秋葉原に行ってみたり、アニメゲームをしたりし、

体験をしたほうが、リアリティを持って、深く読めると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック