¥ 1,404
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

菜根譚 (講談社学術文庫) 文庫 – 1986/6/5


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 698


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

菜根譚 (講談社学術文庫) + 菜根譚 (岩波文庫)
合計価格: ¥ 2,376

選択された商品をまとめて購入


オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

菜根譚』は今から三百数十年前、中国明代の洪自誠が人間いかに生くべきかを、様々な角度から論じた人生指南の書である。本書は、「儒・仏・道」の3教を根幹とする『菜根譚』の真髄を体得して日常生活の指針とするため、儒・道教の専門家と仏教、特に禅学を専攻する学者の2人が、長年に亙り原典を全面的に見直し、これを究明し、その成果を新たに書き下ろしたものである。現世を生きぬく知恵と処世の極意が満載された必読の書。

内容(「BOOK」データベースより)

『菜根譚』は今から三百数十年前、中国明代の洪自誠が人間いかに生くべきかを、様々な角度から論じた人生指南の書である。本書は、「儒・仏・道」の三教を根幹とする『菜根譚』の真髄を体得して日常生活の指針とするため、儒・道教の専門家と仏教、特に禅学を専攻する学者の2人が、長年に亙り原典を全面的に見直し、これを究明し、その成果を新たに書き下ろしたものである。現世を生きぬく知恵と処世の極意が満載された必読の書。

登録情報

  • 文庫: 442ページ
  • 出版社: 講談社 (1986/6/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061587420
  • ISBN-13: 978-4061587427
  • 発売日: 1986/6/5
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 3,136位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

58 人中、56人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 簿記受験生 殿堂入りレビュアー 投稿日 2004/9/25
形式: 文庫
『菜根譚』は各社から出ているが、漢文原文、語義、訳文と詳細で、参照しやすい目録を備えたこの学術文庫版は、もっとも便利なもののひとつだと評価できる。「風括かに浪静かなる中に、人生の真境を見、味淡く声希かなる処に、心体の本然を識る」静寂の中にこそ人生の真実を知ることが出来ると説く本書は、儒・仏・道の三教に通じた明代の知識人、洪自成の深い思索に満ちている。まるで現代の精神医学のカウンセリングを先取りしているようである。『菜根譚』の神髄は「中庸」つまり日常生活におけるバランス感覚ではないかと思う。順境の中でも気を許すな。逆境の中でも落ち込むな。人生は諸行無常。一家団欒の中に道は実現している。日頃本書を紐解けば、生活のバランス感覚を取り戻す妙薬になるだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
76 人中、69人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 単福 投稿日 2003/7/28
形式: 文庫
菜根譚はまさに人生指南の書です。書かれている内容自体はとても日常的なものであって、決して難しくはありません。
菜根譚を読む度に人生についていろいろ考えさせられます。
とても心にしみます。
是非あなたも読んでみてください。
本書には菜根譚の前集と後集のそれぞれがすべて収録されているので、これから菜根譚を学びたいという人は是非手元に置いておきたい一冊です。
内容は句ごとに、漢語読み下し、漢語、語義、訳文の順で収録されています。
訳文は比較的分かりやすく書かれているので、すんなりと意味を理解できます。
以下は私のお気に入りの項の一つです。
~「耳中つねに耳に逆らうの言を聞き、心中つねに心に払るの事あれば、わずかにこれ徳に進み行いを修むるの砥石なり。もし言々耳を悦ばし、事々心に快ければ、この生を把りて鴆毒のうちに埋在せん」~(菜根譚前集5項)
(たえず耳に痛い忠告や説教を聞き、自分の思い通りにならないような出来事や困難にぶつかってこそ、自分自身を磨き向上させる"砥石"のようなものとなる。もしも自分に都合の良いことばかり聞かされ、思い通りのことばかり起こっていたら、それは毒に侵されているようなものであって、決して自分の為にならない)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 リンタロー 投稿日 2011/8/28
形式: 文庫
“口語訳”を読む。
そして“書き下し文”、
興味あるものは、“語義”を読む。
めったに“本文”までには行き着かない。
それでも十分に満足なのですが。
この本の特長の一つは“語義”が丁寧なこと。
訳の出所が明解で、
本文を読まない・読めない心の負担を軽くしてくれる点ですね。
時代、思想背景は異なるが、
例えの妙なるもの随所に、面白く、
まさに“やさい、根菜をたあーんと、とらにゃあ”、
故郷の母の言葉のようです。
「菜根譚」持ち歩くなら、この本でしょうね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 熱血!青年塾長! 投稿日 2009/1/3
形式: 文庫
私は正直向上心が強い方だ。上がる事が好きだし、強くなる事が好きだ。増える事も好きだ
し(体重は別です 笑)、タイトルに並んだ言葉が大好きです。
皮肉な事ですが、増やす為には減らす事も必要です。
例えば勉強でも仕事でも。休み時間をとらずにひたすらやり続けるよりも、適度に休みを
とって時間を減らせば、効率は上がってくれます。
この例えは、あくまで前進や効率化という観点による解釈となります。ですが、本書には
現代(仕事)社会が良しとする価値観に対し、多様な観点をもたらしてくれる部分が大いに
あると思います。学生時代に読んだのですが、30歳を超えてから読んだ方が為になるかも
しれません(特に若い時は失敗から多くを学べる特徴がある為、多くを経験して沢山失敗
した方が良いと思うため)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 法家 投稿日 2009/11/29
形式: 文庫
儒仏道の教えが調和する親しみやすい漢籍として知られる名著である。一貫しているのは透徹した淡白への
志向だが、それは決して脆弱や逃避に向かうことを意味しない。思うに、人はまず大志を抱かなければ何事も
成すことはできない。しかし、志を立て能力や地位や自信が高まるにつれ、人は往々にして他者の声に耳を
傾けなくなるものである。本書はそういう時にこそ真価を発揮する、いわば身体の力が増すほど強く締めつける
拘束衣の機能を果たすのではないか。あるいは自我の放縦を戒め、やがては解放する特効薬ともいえるだろう。

「…君子というものは、世俗のことによく通暁しているよりは、むしろかざりけがなく愚直であるほうが…よい。」(32頁)
「もし、言われる言葉がすべて快く耳に聞こえ…るようなら…、この人生を自分で猛毒の中に投げ沈めてしまうようなものである。」(35頁)
「…自分の本心を観察…して、…真心があらわれても、妄念は除くことはむずかしいことを悟ると、そこで懺悔の心が湧いてくる。」(39頁)
「恩情があつい時は、昔から災害を起こしやすい。だから、自分の思い通りになり、ここちよい時には早く反省して
引き返すようにしなさい。また、…自分の思い通りにならない時でも、やたらに手を放ち投げ出してはいけない。」(40頁
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック