通常配送無料 詳細
通常2~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
茨木の&... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯付】◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に微スレが確認できますが、紙面の状態は非常に良好です。【検品担当者より】カバーに汚れが少しあります。その他の状態は問題ありません。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

茨木のり子詩集 (現代詩文庫 第 1期20) 単行本 – 1969/3


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本, 1969/3
"もう一度試してください。"
¥ 1,258
¥ 1,258 ¥ 155


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

茨木のり子詩集 (現代詩文庫 第 1期20) + 倚りかからず (ちくま文庫) + 詩のこころを読む (岩波ジュニア新書)
合計価格: ¥ 2,813

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

【表紙・外観】多少擦れキズ・縁ヨレなどありますが、比較的使用感少なく良好な状態です。 【中身】書き込み、折れ、線引き、マーカーなどもなく良好な状態です。 ☆送料無料・保証付【Amazon直送につき、防水梱包を施し、365日迅速に発送致します】 中古品の為、検品には万全を期していますが、状態説明に誤りなどがある場合は、ご連絡頂ければ対応させて頂きます。 簡易クリーニング済みです。管理ラベルは剥がれやすいシールを使用しております。

登録情報

  • 単行本: 144ページ
  • 出版社: 思潮社 (1969/03)
  • ISBN-10: 4783707197
  • ISBN-13: 978-4783707196
  • 発売日: 1969/03
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 213,721位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

54 人中、53人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 amazon tarou 投稿日 2005/3/30
茨木のり子さんの詩を、初めて知ったのは、「汲む」でした。
詠む、というより、目にしたとたんに涙しました。
その時に、茨木のり子さんという詩人を始めて知りました。
書店に行き、詩集を見つけることが出来…、この詩集を手にしたのは、もうかなり前のことになります。
けれども、何度、手にしたことでしょうか。
ボロボロになった詩集を、今でも、私は、手にします。
姪っ子へ贈るものとして、今回、注文いたしました。
言葉の贈り物、というのは難しいものですが…茨木のり子さんのことばは、きっと、忘れることはないものとなるだろう、と選びました。
8 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 如那傘如臼太 投稿日 2011/11/10
茨木のり子氏と言えば超有名詩人なので、
一度作品を読んでみたいと思いこの詩集を手に取ってみたのだが、
残念ながら新しい感動は得られなかった。

総じて昔の「進歩的」な雰囲気が言葉の上に漂っており、
説教臭さと左臭さが相俟って、小学校の中高年女教師の道徳の授業を受けるような感覚に陥った。
そういう趣を詩の良さとして受け取れる読者は良いのかもしれないが、私には無理だった。
詩の中で使われる日本語は簡潔で読み易いので、言葉づかいの参考にはなると思う。

尚、有名作品である『自分の感受性くらい』は載っていない。
本詩集が世に出たのは1969年で、茨木氏の主要作品にはそれ以降に作られた詩も多いらしい。
『自分の感受性くらい』も本書以降の作品のようだ。
ということは、本詩集は茨木のり子を概観するのには向いていない詩集なのかもしれない。

本書においては、詩よりもエッセイ『「櫂」小史』のほうが興味深かった。
昔、「櫂」という同人詩誌があって、多くの詩人の拠り所となったのだが、
その発起人が川崎洋氏で、一緒に詩誌の創刊に関わったのが茨木氏なのだそうだ。
「櫂」を巡る詩の仲間たちの活き活きとした姿が目に浮かぶようなエッセイであった。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 みつば 投稿日 2013/6/2
Amazonで購入
とてもきれいな状態でした。
買う前に本屋さんで確かめた本は、もう少し印刷の字が大きく、(重要)振り仮名も振ってありました。
発行された年度で、変わることを改めて認識いたしました。当たり前のことなのに。
見て買うわけではないので、第xx刷で発行は何時かわかるとありがたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック