Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
英霊の声 (河出文庫―BUGEI Collection)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

英霊の声 (河出文庫―BUGEI Collection) [文庫]

三島 由紀夫
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

などてすめろぎは人間となりたまいし。昭和天皇への痛惜の思いを、二・二六事件の青年将校、神風特攻隊の兵士の霊を通して浮き彫りにした名作「英霊の声」のほか、華麗な戯曲「朱雀家の滅亡」、佳品「F104」などを収録。

登録情報

  • 文庫: 235ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (1990/10)
  • ISBN-10: 4309402852
  • ISBN-13: 978-4309402857
  • 発売日: 1990/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 720,495位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 三島の真髄 2005/3/18
By
形式:文庫
壮絶な最期で有名な三島由紀夫の真髄は、豊穣の海や
仮面の告白などではなく英霊の声にある。
国土防衛のために散った青年の声は英霊となって
木霊する。F104に搭乗した空軍兵士は美しすぎる
特攻を成し遂げる。
読む者に声は届くだろうか。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 三島文学を読める喜び! 2008/5/17
形式:文庫
「英霊の聲」
こんな純情な作品を書く作家が三島由紀夫だったのだ。「天皇」に(実在の昭和天皇ではなく)彼は懸想していたのだ。それだからこそ、忌憚のない諌言を「天皇」に申し上げることが出来るのだ。

2・26事件と特攻隊の英霊たちが盲目の口寄せから呼び出され、天皇のために死んだが、霊としてこの世に現れ無念の思いを語るものである。
だからといって三島が天皇批判者だったということではない。ヨイショする人間ではなかったということである。

三島一流の構成で、わずか一間での一夜の出来事のはずなのだが、劇的にドラマが進行していて映像や音声が読む者の耳や目に訴えてきた。

「F104」
これは体験エッセイではなかろか? 三島は自衛隊に招待されてF104搭乗をしたのではなかったか。音速で飛ぶ乗り物に乗せられ本来なら目を白黒させるべきところを、彼は必死で戦い、分裂した肉体と精神の再統合のために文章を書き綴った貴重な体験レポートとして読めた。彼の華麗なる技巧満載の文体に脱帽する。

「朱雀家の滅亡」
俗物的な臣民意識とデーモニッシュな超臣民意識が弁証法的進展で描かれている。2000年以上にわたって天皇家にお仕えしてきた朱雀家が太平洋戦争敗戦で滅亡する、こぶりだが三島の真骨頂が描かれた戯
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック