Amazon Kindleでは、 英語論文基礎表現717 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
英語論文基礎表現717
 
 
1分以内にKindleで 英語論文基礎表現717 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

英語論文基礎表現717 [単行本(ソフトカバー)]

安原 和也
5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,728 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
12点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 960  
単行本(ソフトカバー) ¥ 1,728  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

英語論文基礎表現717 + 英語論文重要語彙717 + 英語抄録・口頭発表・論文作成虎の巻―忙しい若手ドクターのために
合計価格: ¥ 7,884

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

論文初心者の大学生や大学院生にお薦め!
英語によるレポート作成、大学院入試対策や難関大学受験にも最適です。


英語学術論文を読解したり執筆したりする際に、どの学術分野の研究者でも必ず知っておかなければならない最低限の英語学術基礎表現をアルファベット順で、コンパクトに、網羅的に、機能的にまとめました。
見出し項目は厳選された717項目で、どの学術分野でも使用する可能性が高いと考えられる重要な英語学術表現を中心に選択。見出し項目と置き換えて使用可能な類似表現、そしてその見出し項目と接点のある関連表現も豊富に併記しました。
巻末には、英語と日本語の両言語からの豊富なキーワード検索、オリジナル例文を整理した「日本語例文集」と「英語例文集」も収録。論文読解時ないし論文執筆時の表現検索が容易におこなう事が出来、また日々の論文英語学習をサポートする工夫がほどこされています。

内容(「BOOK」データベースより)

3600を超える英語論文表現を収録。多種多様な類似表現や関連表現も充実。豊富な日英キーワード検索を添付(「日本語」1000項目以上、「英語」1200項目以上)。学習用日英対応例文集も添付。学習用としても参照用としても利用可能。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 228ページ
  • 出版社: 三修社 (2011/1/14)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4384033524
  • ISBN-13: 978-4384033526
  • 発売日: 2011/1/14
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 25,172位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
34 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By toscanini トップ500レビュアー
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazon.co.jpで購入済み
例えば27ページ、096番の「at the outset: まず初めに、最初に」の表現を使ってみるとする。
本書の例文には、
The following fact should be made clear at the outset.(まず初めに次の事実が明らかにされるべきである)
とあり、続けて類似表現として to begin with, in the first place、および関連表現としてat the outset of NPが載せられているだけである。
これで、十分に手がかりはつかめた。

さてこれを、自分の論文で使ってみる。
英文を書く前に、例文の一部をGoogle scholarで検索してみれば、与えられた手がかりがより確実なものとなる。
"should be made clear at the outset"のように、クォーテーションで囲んで検索すると、1,200個ほどの論文用例が出てくる。

すると、例えば
"It should be made clear at the outset that we were not concerned with the specificity or sensitivity of diagnostic or ther
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
37 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 普段の学習用としても 2011/1/19
By guest
形式:単行本(ソフトカバー)
英語で論文を書きはじめていて、もっと豊かな表現を使いたいんだけど、と思われている方には最適な本です。著者も書かれているように、本書には核となる717の基礎表現に加え、それらに纏わる「関連表現」「類似表現」が多数掲載されているので(全部で3600以上もの表現が載っています)、自分が書きたいことを、幾通りにも書き分けることが出来るよう配慮されています。

さらに本書の優れている点としては、書くことだけに主眼が置かれてるわけではない、ということも挙げられるでしょう。本書は、ある特定の分野の英語論文を読み・書きするための表現が集められているわけではなく、どの分野でも使われる、基礎的かつ大変重要表現が載っているので、英語論文を読みはじめた学習者には、読解の助けにもなってくれることでしょう。

本書に掲載されている717の表現をすべて覚えてしまえば、英語論文を読んだり書いたりするのがぐっと楽になるはずです。参照するための表現集としてはもちろん、論文英語の基礎を学ぶための学習書としても大変優れた本です。
このレビューは参考になりましたか?
33 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 自分の学部時代に欲しかった本 2011/1/22
形式:単行本(ソフトカバー)
本書は、英語論文の717の基礎表現を軸に、さらに「関連表現」と「類似表現」を合わせると3600以上もの表現を学習することができます。学習方法も例文が後ろにまとめて掲載されている点で、受験参考書のようにも使用できますし、キーワード検索もできるので、辞書的な調べ学習にも適しています。この値段でこの分量は、本当に画期的です。本書の特徴について以下に述べます。

1 この価格と内容を考慮すると非常に良心的です。
2 英語論文を学習するつまり読んだり書いたりするあらゆる分野の大学生や大学院生の参考になります。
3 大学院受験を考えている、大学生や社会人の方々の学習参考書になります。
4 英語の好きな高校生や予備校生であれば、難関校受験のための参考書にもなります。
5 留学を考えている日本人の学生は一冊もって行かれると良いと思います。

もう一言だけ述べさせてください。私は学部をもう卒業しているのですが、自分が大学時代に手元にあったら本当に良かったのにと思う一冊です。今現在、大学生の方には是非お奨めします。
このレビューは参考になりましたか?
ARRAY(0xabe0acfc)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック