通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
英語教育、迫り来る破綻 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーは最初からありません。多少の汚れやよれあり、序盤のページには開き癖やそれに伴う折り目等ありますが、状態はまずまずです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

英語教育、迫り来る破綻 単行本(ソフトカバー) – 2013/7/5

5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2013/7/5
"もう一度試してください。"
¥ 1,028
¥ 1,028 ¥ 515

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 英語教育、迫り来る破綻
  • +
  • 学校英語教育は何のため? (ひつじ英語教育ブックレット 2)
  • +
  • 危うし!小学校英語 (文春新書)
総額: ¥2,896
ポイントの合計: 62pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

大学の入試や卒業要件にTOEFL等の外部検定試験を導入する案が、自民党教育再生実行本部や政府の教育再生実行会議によって提案された。しかし、もしそれが現実となれば、学校英語教育が破綻するのは火を見るよりも明らか。危機感を持った4人が、反論と逆提案に立ち上がった……。 ☆小学校英語教科化の問題点、白熱した座談会、関連年表なども収録。

内容(「BOOK」データベースより)

大学の入試や卒業要件にTOEFL等の外部検定試験を導入する案が、自民党教育再生実行本部や政府の教育再生実行会議によって提案された。しかし、もしそれが現実となれば、学校英語教育が破綻するのは火を見るよりも明らか。危機感を持った4人が、反論と逆提案に立ち上がった…。小学校英語教科化の問題点、白熱した座談会、関連年表なども収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 184ページ
  • 出版社: ひつじ書房 (2013/7/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894766639
  • ISBN-13: 978-4894766631
  • 発売日: 2013/7/5
  • 商品パッケージの寸法: 1 x 15 x 21 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 177,301位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
英語学習に関して何が流行りの迷信で何が真実であるかを、きちんと説明してくれる本だったと思います。自分なりに何が迷信で何が真実であるかをわかっていたつもりだったので、目からウロコな情報も多々ありました。英語熱にやられている多くの人がこの本を読んだら良いのにと思います。と同時に、本当に日本人が英語が話せるようになるための英語教育の実現がいかに困難であるのかも良くわかりました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 これまで国の政策を追ってきた者にとっては、それほど目新しい言及はないと思います。以下、個人的に参考になった部分を挙げてみます。

1 TOEFLを高校生に課すのは、大阪で失敗済み。

2 「5つの提言」までは指導要領準拠、教育再生実行本部と経済同友会の提言から指導要領無視。

3 フィンランドには、行政から独立した教育政策の立案実行機関がある。

4 4名の著者は、基本的に渡部・平泉論争でいう渡部昇一のスタンスで、「学校での英語教育は英語が使えるようになること自体を
  目指すのではなく、英語を使うことが必要になったときに不可欠な基礎を養っておく」(大津)。
  その中でも、斎藤先生は「日本人全員が教育において最低限身につける英語力と英語を本当に使う必要がある人たちの英語力を
  差異化する必要」があると主張し、エリート5%養成の平泉渉の要素も含んでいる。

5 「日本語と英語は違いが大きいからこそ、ことばの分析的理解に適しており、外国語学習の重要な機能である思考力を深化させる
  のに好適である」(大津)は、政策の如何にかかわらず、常に念頭に置くべきことだと思う。

6 金谷憲先生は受け入れられている。
...続きを読む ›
コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
財界の要望から出てきた「大学入試にTOEFL等」の提言。これに問題ありと立ち上がった“4人組”による批判の書である。

直接には今回の提言を契機としているが、本書があぶり出したのは、この20年来の検証なき英語教育政策の問題だ。

提言への批判と代案だけでなく、現在文科省が進めている「CAN-DOリストの作成」にも言及しているところがよい。形の上ではEUのヨーロッパ共通参照枠を真似したものだが、その使い方は「誤用」「悪用」と言っていいだろう。英語教育に本当に必要なことを本書を通して考えていきたい。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
英語教育に学校現場で従事されている多くの先生方、英語教育を研究され
ていらっしゃる多くの研究者の方には、もうすでに(残念ながら)お馴染み
の構図である。

すなわち、これまでのコミュニケーション重視の英語教育の成果を省察せず、
現場の教育事情を把握せず、イメージや主観だけで次々に「改革」が声高に
叫ばれ、多忙を極めた現場をさらに疲弊させる現実離れした提案である。

まずもって、4月8日の「成長戦略に資するグローバル人材育成部会提言」
の中の一つ「高校ではTOEFL iBT 45点(英検2級)等以上を全員が達成する」
を見れば、現場で英語教育に従事した経験がある方ならば、言葉の出ない
愚策であることはすぐに分かるだろう。全く現場を知らない(知ろうとも
しない)「識者」たちの意見である。

懲りずに繰り返される、教育の素人たちの言葉には「実」がない。そして
そのような部会を構成する政治家たちにも、もううんざりである。佐藤学氏
に、日本の問題点は政治の後進性にある、と喝破される所以である。

本書の中で江利川春雄氏が指摘しているように、堆積する雑用に追われ、
非常勤雇用も増え、常勤教員が過労死線上にい
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
学校教育において、教育とは無縁のものの横槍、思惑が理不尽にまかり通ってしまう教科といえば、すぐ思い浮かぶのは歴史であるが、実はその傾向は英語においてむしろ、より強い。
自分たちに使い勝手のいい人間を要求するグローバル企業、経済界の提案に、唯々諾々と従うだけの政治家、文部科学省、それに追随する学者。
英語は日本人にとっては大変難しい言語であり、不断の努力なくして身につけられるものではないし、一生勉強を続けなければならないものである。
英語が世界に蔓延しているのは、実は大問題であり、世界に大変な不公平、不利益をもたらしている。
更に、そもそも日本人のほとんどは、英語などできなくとも社会生活において何の不自由もなく、それは幸せなことである。
以上は少し冷静に考えれば自明のことだが、英語産業や外資系企業のたゆまぬ宣伝の甲斐あって、この国では、英語ができることは無条件にいいことになってしまっていて、
英語を話せなければいけないということは、強迫観念にすらなっている。
英語教育は教育とは呼べない代物に変貌させられつつあるのに、こうした歪んだ現状認識のせいで、真の問題が見えにくくなっている。
本書は、こうした危機的状況に異を唱える4人の教育者が緊急に出版した本である。
学者には、自分の良心に従い、誇りを持っ
...続きを読む ›
2 コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック