通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
花と奥たん 1 (ビッグコミックススペシャル) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

花と奥たん 1 (ビッグコミックススペシャル) コミック – 2009/4/30

5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 802
¥ 802 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 花と奥たん 1 (ビッグコミックススペシャル)
  • +
  • 花と奥たん 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
  • +
  • 「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。」 (花とゆめCOMICS)
総額: ¥2,314
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 248ページ
  • 出版社: 小学館 (2009/4/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091825338
  • ISBN-13: 978-4091825339
  • 発売日: 2009/4/30
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 文筆家 VINE メンバー 投稿日 2009/9/24
形式: コミック
東京が巨大な花に侵されそこで働いていた人はみんな死んでしまった………でもそれを信じない人たちはその周辺の町でずっと待っている。
そんな「残され妻」の一人である奥たんは、毎日ご主人の分のご飯をおいしく作って待っている。

毎回、おいしいご飯と、そのご飯が出来上がる過程で起こる出来事を描く。

ご飯のページはカラー。贅沢な造りの本だ。

奥たんはやはり北海道出身で「最終彼女」の彼女が結婚したらこうなのかなあ、というカンジ。
丸くって小さくてかわいくてけっこう頑固。
これを作ると決めたらどこまでもいってしまう。

その奥たんの行動を追いかけながら、「花」の謎、「東京」の謎を読者が理解していくというつくりになっている。

ただ奥たんはご主人とごはんのことしか考えてないので、読者と一緒に考える別なキャラクターが用意されている。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
作者の過去の作品は、最終兵器彼女(ラストでがっかりした)
のみ、最後まで読んでいます。
絵柄は好きなので購入してみましたが、「奥たん」のキャラが合いませんでした。
・夫に一途、他に対しては頑固(しかし近所の人には好かれている様子)
・エロいポージングやアングルが多い
・胸を触られたお礼に玉子を貰ってありがとうと言ったり、
女一人(とウサギ)の家に、拾った少年を連れてくる
・ペットのウサギと散歩中に、道端の野草を食べる
といった描写の数々が、
「作者の理想の天然純朴ロリ聖女」にしか見えず、げんなり。
「最終兵器彼女」のちせが苦手だった方にはお勧めしません。
美味しいと感じている時の表情が、
最終兵器彼女の性的に感じている時の表情と同じなのも
見ていて気持ち悪かったです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
旦那たんのために、毎日美味しいご飯を作って待っている奥たん。
その姿は本当にけなげで、そしてとっても可愛いらしい。
奥たんが作るご飯はどれも美味しそうで、
そんな愛情料理を食べることができたら幸せだなぁと思うけど、
その材料が、食べても安全なものかどうかはわからない。

このあと奥たんを待つ結末がとても心配で、不安になってくる。
旦那たんが無事に帰って、生きて、健康で、幸せになって欲しい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
…と思って読みましたが、2009年の作と知り驚愕しました。
帰って来ない家族、立入禁止の警戒区域、その中心にある「もの」
そして、安全でないかもしれない食材…
危険だと知りつつも、立入禁止区域の自宅を去ることができない人たち。
いつのまにか自衛隊は自治兵に、そして軍隊に。
社会全体が、変わっていないようで変わってしまった「あの日」。

それでも、彼女は日々を、目の前の日常だけを懸命に生きます。
それは「ゴハンをつくること」。
彼女は、食材の汚染を気にしません。
それは、汚染の中心地である東京に居た夫が、
生きて帰ってくると信じているからです。
居てはいけない場所で、食べてはいけないものを食べる。
それが彼女たち「残され主婦」の日常。

『毎日の食卓には、奥たんの日常と夢がつまってます。
たとえ今日で世界が終わっちゃうとしても、
 今日こそ旦那たんが帰るといいね。』

(語り手であるペットのウサギは、彼女を「奥たん」彼女の夫を「旦那たん」と呼びます。
この点、いわゆる萌え系が苦手な方は気になるかも知れませんが、そこは多少我慢してでも
読む価値は十分あると断言できます。)
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
『最終兵器彼女』等で知られる高橋しん氏の新作(09年春現在)。

大きな花が咲き、森となってしまった東京から帰ってこない「旦那たん」を、いつまでも待ち続ける奥たん。
毎日、ミニウサギの「Pたん」と一緒に外へ出掛けては、道に迷ったり、農家のエロおやじに胸を揉まれたり(笑)、夕ごはんの材料を探したり買ったり。そして家に帰ったら、手間を惜しまず、腕によりをかけて、美味しく立派な夕ごはんをつくる。
各話のタイトルは、それぞれその話のなかで作られる料理の名前。この『花と奥たん』は、奥たんが朝起きてから、その料理を完成させるまでをじっくり丁寧に描いた作品です。

絵も物語もとても魅力的。読んでいて、ひだまりの暖かさが伝わってくるようでした。
お値段が高めなのが少々ネックですが、それはカラーページを再現しているため。各話の最後の"料理レシピ"、"Pたん冒険レポ"のページはフルカラーで、作者の作品に対するこだわり(?)が感じ取れます。

「日常系」のマンガが好きな方なら、まず買って損はない作品ではないかと思います。実際、そのテの作品が大好きな自分にとって、大満足の内容でした。
ただ、始終明るい雰囲気の作品なのか、といえばそうではなく。「花が出てきた日」と呼ばれる、旦那たんがいなくなった原因となった出
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック