中古品:
¥ 1,700
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご観覧ありがとうございます。★ケース交換済み。レンタルで使用されたDVDを研磨、クリーニングを行いメーカーの許諾を得て販売している正規品です。 ディスクに管理シールが貼られている場合もございますが、 ほとんど傷もなく新品に近い状態でご提供できます。 ★ジャケット付ケースとディスクだけで他付属品等はございません。ご了承下さい。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 710
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

花とアリス 通常版 [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 5,184より 中古品の出品:9¥ 850より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 鈴木杏, 蒼井優, 郭智博, 相田翔子, 阿部寛
  • 監督: 岩井俊二
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • DVD発売日: 2004/10/08
  • 時間: 135 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (54件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0002FQL4M
  • EAN: 4521458002140
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 23,763位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

※同時発売の特別版は→こちら
【特典映像】
●キャスト&スタッフ紹介
●関連商品紹介
《監督・脚本》 岩井俊二
《出演》 鈴木杏 蒼井優 郭智博 相田翔子 阿部寛 平泉成 木村多江 大沢たかお 広末涼子

Amazonレビュー

   岩井俊二監督が、高校生たちの揺れ動く心情をリリカルで繊細なタッチでつづった青春ドラマ。ネットで配信した4つの短編が、長編作品として再構成された。あこがれの先輩を「記憶喪失」だと信じこませ、つき合い始める花と、彼女の親友アリス。3人の微妙な思いがもつれていく。
   細かいカットで紡がれるオープニングから、花とアリスの自然な会話に引き込まれる。恋の成就のための無謀な嘘や、親友が恋敵になるといった一見ありふれた展開も、演じる鈴木杏と蒼井優の等身大の演技で、高校生の生き生きとした日常に転化。通学中のときめきや海辺のデート、バレエ教室での稽古風景などノスタルジックな映像に、岩井監督自身が作曲した音楽が絶妙にかぶさる。物語に感動するとか、興奮することはないが、観ていること自体が心地よく、知らぬ間に胸をヒリヒリさせる一篇。やはり岩井俊二はただ者ではない。(斉藤博昭)

この商品を買った人はこんな商品も買っています

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

19 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 とり 投稿日 2005/5/16
正直、全く期待はしていなかった。
作品としてどうこうと言うより、岩井監督が鈴木杏と蒼井優を撮りたかっただけなんだろうと安直に考えていた。
結果的にそれは事実なのだが、僕の想像を遙かに超えたすばらしい作品にまとまっていた。
特に際だってすばらしいのは鈴木杏と蒼井優の演技だろう。
この二人の演技力にはまったく脱帽だ。
脚本の良さもあるのだろうが、何よりコミカルな二人の会話は楽しくて楽しくてしょうがない。
絶妙な間だったり、表情だったり、しぐさだったり、何でこんなに見せ方がうまいんだろうと感心してしまう。
脇役陣も非常に魅力的で作品に彩りを添えているが、
こんな有名な人がたったこれだけ?と驚いてしまうような場面もある。
吉岡秀隆などは声だけの出演である(しかし、十分に存在感を感じさせるが)。
そうした実力者たちが出しゃばらず完全に脇役に徹しているという点もこの作品の魅力だろう。
物語としては冗談のようなストーリーだが、個人的にはアリス(蒼井)とその父との親子関係が物語に奥行きを与えている点が好印象である。
蒼井優は魅力的な女優だ。
これからも魅力的であり続けるだろう。
ラストのバレエを踊るシーンは眩しいほどの魅力に溢れている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 メガネット 投稿日 2004/10/15
最近の邦画はなんとなく雰囲気だけで終わってたり、ストーリーは色々謎を含んで終わりってのがありがちですが、この作品は起承転結がしっかりあって楽しめました。描写しているのは日常の風景なんですけどね。
岩井監督独特の、まるでシフォン越しに撮ったような淡い色彩。粒子の粗いような映像。それは今作品でももちろん健在で、ふたりの女の子+男の子の三角関係を出すぎず控えず彩っています。
そんな詩的な映像ながらも、随所に盛り込まれる<笑い>。
花役・アリス役の鈴木杏、蒼井優の等身大演技が笑わせます。そして彼女らをとりまく宮本先輩やそれぞれの親といった主演以外のキャラクターも、かなりイイ味をだしています。
そして、沿線の駅名や、多数のカメオ出演、はてはショッピング袋にいたるまでちりばめられた小さな遊び。
「四月物語」にて「雨」を喜びのイメージとして演出した岩井監督に感銘を受けたのですが、今作も花のほうのクライマックスにて相反するイメージを取り混ぜ、場をいっそう盛り上げていたのが印象的でした。ネタバレになっちゃうんで詳しくは書けないんですが。
最後に。
少年と少女の話なので、大きなことは起こりません。人によっては「それほどでもなかった」という作品かもしれません。それでも私には、「人間」が面白い、「日常」が面白いと思わせる、迷わずお気に入
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ハチミツ 投稿日 2008/10/29
何気ない事で笑ったり、些細な事で傷付いて、怒って、泣いて。
この映画は、青春の甘酸っぱさや、不安定で繊細な女の子の揺れ動く心を丁寧に描いています。見ていて胸が痛くなるシーンがたくさんありました。ですが、それをただ痛いだけで終わらせず、やさしい気持ちにさせてくれる映画だと思います。
映像もとても美しく、見ているだけで癒されました。キラキラした青春をさらに引き立たせてくれる、淡い映像はノスタルジアでステキです。季節感がうまく出ていました。
ありえないでしょ!と思う場面もありましたが、私はとても好きな映画でした。
蒼井優さんの最後のバレエシーンは、なぜだか胸がとても痛くなり、涙が止まりませんでした。美しかったです。
他にもステキな場面がたくさんあり、大好きな映画になりました。
素晴らしかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hiromi554 投稿日 2004/10/22
この作品が傑作かどうか分からないが、ある心地よさは確かにある。しかし、この作品を見ても「映画」を見ていると言う感じがあまりなく、それよりも「映像」を見ていると言う感じの方が強い。
ここには16歳の少女の生々しさというか、現実というものがあまり感じられないが、それでもある種のリアルさはある。16歳という少女に自足した女の子が男にも大人にも出会わない、幸福な瞬間を美しい映像に捉えた作品ということなのだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 katsuya30 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/3/9
岩井監督の映像の凄さは、ひとえに篠田昇という天才カメラマンの手によるところが大きい。もちろん、篠田カメラマンが担当した映画全ての映像がすばらしいわけではなく、岩井俊二ワールドの凄味も手伝っての名作であるが。本作も鈴木杏と蒼井優の2人がこれ以上ないくらいにキレイにとらえられており、光と影の映像美を堪能できる。岩井監督は横浜国大の出身なので、横浜駅が登場しており、アリスの住まいが神奈川、とセリフで言っていることから、川崎あたりが舞台と思われるが、ロケは首都圏のあちこちで行われている。これも資金面というよりは映像にこだわった証拠だろう。加えて本作の見どころはやはり蒼井優に尽きる。最後のバレエのシーンなどは大沢たかおもマジで感心していたようだ。篠田のカメラワークと蒼井のバレエが一体となったこのシーンは、映画史に残る名場面といえよう。残念ながらもう篠田昇が蒼井優を撮ることは永遠になくなってしまった。岩井監督も相当な打撃を受けているだろう。
「セカチュー」を遺作として篠田は旅立ってしまった。行定監督も岩井組だったので、今後の2人の作品はどういうものを送り出すのか非常に楽しみであり、また不安でもある。特に岩井監督は名コンビが突如解散したかたちになり、次回作に注目したい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック