通常配送無料 詳細
20点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付。カバーは、天に少しヨレ、多少の擦れ傷等があり、やや使用感がします。本文は概ね良好です。アマゾン在庫管理用バーコードシールは、剥がしやすいタイプのものを使用しています。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 ハードカバー – 2013/4/12


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 125


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 + 女のいない男たち + 恋しくて - TEN SELECTED LOVE STORIES
合計価格: ¥ 5,480

選択された商品をまとめて購入


第152回芥川賞・直木賞候補作発表
直木賞は西加奈子 『サラバ』ほか4作、 芥川賞は小野正嗣 『九年前の祈り』ほか4作 が候補作に。2015年1月中旬に受賞作発表。 「第152回芥川賞・直木賞候補作」特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。

登録情報

  • ハードカバー: 376ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2013/4/12)
  • 言語: 日本語, 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4163821104
  • ISBN-13: 978-4163821108
  • 発売日: 2013/4/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.7 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (711件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,246位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

26,694 人中、25,457人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ドリー 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2013/5/3
形式: ハードカバー
 
 満を持して、村上春樹を読んでみました。めちゃ売れてるって評判だし、本屋でも下品なぐらい平積みされてるし、アイフォーンの新作かってぐらいの長蛇の列がテレビで流れていたので、あんまりウザイから読んでみたのです。
 読んでみてすぐに王様のブランチで本仮屋ユイカとかが「うーん・・・なんか難しいとこもあったんですけど・・・最後にすごい村上さんから明るい励ましのメッセージをもらったようで元気になりました!」ってぶりっ子然な感じでなんの生産性もないコメントをしているのがなんとなく目に浮かび・・・。その脇で谷原章介が「うんうんそこが村上作品の魅力だよねー」とスカした感じで頷いてる光景が脳裏によぎりました・・・。王様のブランチで褒められている小説はたいがいろくでもないという相場は決まっております。だから変な期待を持たずに読み終えることができました。あらかじめ言っておくと、ボクは村上作品のいい読者ではありません。ノルウェイの森も途中やめにしてるし、アウターダークも途中退場、まともに読んでるのは象の消滅っていう短編集と風の歌を聞けぐらいで、1973年のピンボールなんか朝おきたらベッドの中にかわいい双子のおんな子がいたー!って時点で床に叩きつけています。言わずもがなカートヴォネガットとかレイモンドカーヴゃーもフィッツジェラルドも読んでいないし、ちょっと周りがもてはやしているから読
...続きを読む ›
501 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2,335 人中、1,952人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 きの 投稿日 2013/5/8
形式: ハードカバー
この小説もそうですが、村上春樹の場合、自分を主人公に投影していている感がどうしても強く、引いてしまいます。
上方落語協会の役員みたいな容姿なのに、「都会的でオシャレにモテたい僕」という欲望を常に抱えている思春期の男子だと思います。

先日の京都大学での講演で、会場に入って行く時の服装をみて、やはりな、、、と思いました。
キャップを前後ろにかぶって、ベストセラー作家だけど軽やかでアメリカンな僕を気取っておりました。
ご自分の容姿レベルをしっかり把握している大人の男性は、あんな格好はできません。

とにかく、またしても、主人公と村上春樹自身の、「おしゃれでモテたい僕」欲望が強くリンクしている、なんとも恥ずかしい本作です。
7 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1,205 人中、984人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 せむ 投稿日 2013/5/5
形式: ハードカバー
ノルウェイの森以来読んでみました。
こんなにつまらない小説をこれだけ売りさばく手法はノーベル経済学賞ものですよホント。
3 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2,378 人中、1,938人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 おはな 投稿日 2013/5/6
形式: ハードカバー
大学生のときにノルウェイの森を読んで嫌悪感を抱いてから、10年あまり月日が経ちました。
社会人となり、今なら少しは村上春樹というものが楽しめるのかなと思い、時間的余裕があったので手にとってみました。

やはり、またかと。。。
村上ワールドがやってきた途端、途中で読むのを止めました。
ノルウェイの森のときと同じような嫌悪感に襲われました。
あざとすぎて、流暢で、それでいてくどい人物描写。
なにも共感の得られない薄っぺらで魂のない登場人物達。
誰かから又聞きしたような海外の自慢話を流暢に語ってくるちょっとウザイ人に無理やり付き合わされているような感覚。
真綿で首を絞められているように少しずつ、それでも確実に嫌悪感に変わっていく自分の心の変化を敏感に感じることができます。
登場人物の魂のない薄っぺらい荒唐無稽なセリフが出てくるたびに不快指数が上がっていきます。

映画「ソドムの市」を観てもたいして感情的にならない私が、これだけ嫌悪感を感じるのは珍しく思います。
いっそ映画「アルマゲドン」のように嫌悪感を通り越して笑えればいいのにと思いますが、村上春樹の嫌味たらしい文章はそれをさせてくれません。
感情移入ができずどこか客観的に読んでしまうように書かれて
...続きを読む ›
9 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
946 人中、748人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 スタンリー・クーベリック 投稿日 2013/4/14
形式: ハードカバー Amazonで購入
誤解を恐れず言うなら、私自身は村上春樹という作家の作品は本来、このように新作が出るたびに大きな話題となって、一度に何十万(百何十万)部という膨大な数の本が売れるようなものではないと思っています。私から見た限りでは、その作品群には全体的に色濃い「孤独」の影が漂っています。そしてたとえ多くの人が潜在的にその「孤独」を背負っており、村上春樹がその「孤独」を描出する手腕が傑出したものであったとしても、その「読者」と「作品」との間に存在する「孤独感」(あるいはその他の感情)の共鳴は、より自然に自発的に(つまり宣伝文句で煽られるのではなく、読者の側の自然な心の求め方によって)なされるべきだと思っています。そして(村上作品ファンの方々だったらおわかりいただける感覚だと期待しているのですが)、読者と作品との間にそのような幸福な「共鳴」が訪れた時に初めて、その作品はその人にとってとても大切なものへと変貌するのだと思います。

この新作についても、作品全体には同じく濃密な「孤独の影」があります。主人公の多崎つくるは過去の出来事により、ある時期強く「自分が死ぬこと」を求めるようになります。それを何とか乗り越え(たと自分では思っている)、社会人として東京で働いている時点を現在基点とし、彼がその過去の出来事と一つ一つ向き合っていくさまが作中で描かれます。

他の村上作
...続きを読む ›
4 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック