通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
自分探しと楽しさについて (集英社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: シミあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

自分探しと楽しさについて (集英社新書) 新書 – 2011/2/17

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 自分探しと楽しさについて (集英社新書)
  • +
  • 自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)
  • +
  • 人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)
総額: ¥2,268
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

老若男女を問わず、「自分探し」を続けている人は少なくない。自分の存在は、自分にとって最も明らかなはずなのに、なぜ見つけることができないのだろうか。現実に多くの人が、自分の生き方に悩み、自分探しを続けている。もちろん、個々人が置かれた状況はさまざまであり、万能薬は存在しない。その事実を踏まえたうえで、人気作家が、「あなたの中の前向きな気持ち」を、そっと引き出してくれる一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

森/博嗣
1957年生まれ。作家。工学博士。某国立大学工学部建築学科で研究をする傍ら、1996年に『すべてがFになる』で第一回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。以後、次々と作品を発表し、人気作家として不動の地位を築く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 188ページ
  • 出版社: 集英社 (2011/2/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087205800
  • ISBN-13: 978-4087205800
  • 発売日: 2011/2/17
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 172,640位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 him トップ500レビュアー 投稿日 2015/10/12
形式: 新書
楽しさは自分の内側にある。
外側に探しても見つからない。
自分は自分であり、やはり外側に探しても見つからない。
自分を知ることが楽しさを探すことである。
自分の楽しさで充足していれば、他者に影響を及ぼそうとは思わない。
たぶん、ある種の人にはわかりにくい話だが、自分にはまっすぐに入ってくる。
この本に書かれているようなことを言う人はたいていナルシストと呼ばれてしまうが、気にしないがいい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
やはり、タイトルですよね。正直持っていて恥ずかしい。
森博嗣作品と15年以上付き合っているから買ったのであって、そうでなければ、買わない。

ただ。

おそらく、「一般的な」自己啓発本を読んだり、書店で探している人にとっては
非常に価値のある内容なのではないでしょうか。
森博嗣の名前も知らないような人。

あえてそのような人に向けてのタイトルなのかもしれない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
なんでもっと良いタイトルをつけなかったんだろう。
森博嗣の著作じゃなかったら購入しないタイトルだ。
新しい読者の獲得を目指してのことだとは思うけど。。
タイトルについてのみ不満。

中身について、集英社新書から出ている三部作「自由について」「工作について」「小説について」の延長線上にあるものだと思う。
自分探しってなんだろう、楽しさってなんだろう。
ほとんどの人が漠然としか捉えていないテーマについて説明。

自分が考えていたことはこういうことか、と思う人もいるだろうし、こういうふうに考える人もいるんだ、と思う人もいるだろう。いずれにしても自分の考えと比較するための枠を意識することができる点で価値がある。

僕の感想は、こういうふうに考える人もいるんだ、であった。
そして、こういうふうに考えるのもいいもんだな、であった。

この本が多くの人の目にふれてほしい。
自分の楽しさを意識してほしい。
マスコミに踊らされないで。自分で考えて。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
なんともタイトルは恥ずかしいけど、
あえて、このベタさがいいのかな。

基本的に、こういった啓発本にありがちな
暑苦しさとか暖かさはないです。

でもこの放置的な、自分で頑張れのような、クールさがいいですね。

答えは 自分の中にあるのではなく、自分のうちから生まれるものなのだと、私も思う。

「若者から相談を受ける。よりにもよって僕なんかに相談する人がいるのだ。本当に気が知れない。」と森さんはおっしゃる。確かにそうなのかも。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 筆者の立場はリバタリアンの立場に近い。そして、情緒よりも合理性、論理性を強く主張している。
 また、民主主義の基本である、自分とは違う意見の者の尊重も繰り返しでてくる。
 基本的に評者は筆者の意見に賛同する。

 ただ、上記のようなことを貫くための意志の強さが前提とされていることが、「強者の論理」としてバイアスがかかっている点くらいが、疑問符がつく。
 皆、筆者のように強い人間ばかりではない。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
マイペースで、理屈と感情を別にできる人間が書いたエッセイです。
その意見には偏見も大いに混じっているかもしれませんが、自分探しに悩んでいる状態に一点の風穴をあけることができるかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック