Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
腐女子彼女。
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

腐女子彼女。 [単行本]

ぺんたぶ
5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (39件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,080 通常配送無料 詳細
ポイント:32pt (3%)  詳細はこちら
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「最大10%ポイント還元」
ニコニコカドカワ祭り「艦隊これくしょん」シリーズほか。10/31まで。 キャンペーンページ へ。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

腐女子彼女。 + 腐女子彼女。パート2 + 作家彼女。 九条春華の「八坂が恋に落ちるまで」
合計価格: ¥ 3,240
ポイントの合計:  64pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

見た目は美人系、実は腐女子(しかもかなりの!!)Y子と、
いたって普通の大学生だった僕の日常。
彼女のオタクな趣味に振り回されながら、日々戦い、翻弄され、
時にラブラブな僕の人生は、いったいどこに向かっているのか......。

オタク女子と非オタク男子の恋愛ノンフィクション。
話題のブログが待望の書籍化!

出版社からのコメント

見た目は美人系、実は腐女子(しかもかなりの!!)Y子と、
いたって普通の大学生だった僕の日常。

彼女のオタクな趣味に振り回されながら、
日々戦い、翻弄され、時にラブラブな僕の人生は、
いったいどこに向かっているのか......。
オタク女子と非オタク男子の恋愛ノンフィクション。
話題のブログが待望の書籍化!


登録情報

  • 単行本: 271ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2006/12/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757730594
  • ISBN-13: 978-4757730595
  • 発売日: 2006/12/8
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (39件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 222,127位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
86 人中、70人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 別にそんなに笑えない。 2007/9/24
投稿者 K.K
形式:単行本
正直、彼女サンは別にそんなに腐女子じゃないかと。
彼氏サンはヲタなのに、ヲタを自覚したくないんじゃないかと思う点がちらほら見受けられたような。
それに、彼女サンのヲタ(腐女子)っぷりをちょっと否定してるようにも見えたんですが…。
気のせいか?

読んでて笑うより、彼女サンの周りの迷惑を顧みない行動にいろいろ腹が立ちました。
でもって、自分の腐女子的好みを、腐女子的常識みたいに言うのがもう…。

私も隠れ腐女子ではありますが、彼女サンとはその辺の好みが正反対なので、読みながら反論ばかりしてましたね。
腐女子的なネタに笑えるかどうかは、好みだと思う。

この本で腐女子のイメージが変な風に浸透しなきゃいいなと思います。
このレビューは参考になりましたか?
83 人中、67人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 ありえない 2007/9/5
投稿者 popo
形式:単行本
読んでいて嫌悪感が止まらなかった。何匹目のドジョウか知らないけど・・
まず、オタク趣味でもまともな女性はオタネタの通じない人の前で「3倍早い」とか「○○ちゃんってツンデレだよね」とかいいません。というか自分のこと腐女子なんていわないよ・・
彼をつれて乙女ロード、あげくに店前で待たせるとか・・
よんでて寒い。ちょっとオタク系の事象に詳しいライターが、想像で「ライトなオタクにわかるくらいの」ネタを並べて面白おかしく描いたものだと思う。
出版関係の人にはたまたまの流行かもしれないけど、ひっそり迷惑かけないようにBL等楽しんでいる女性は一生腐女子なのに・・
このレビューは参考になりましたか?
60 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 また…? 2007/8/14
投稿者 asp3/
形式:単行本
要するに、こういう本を読んで「オタク」、「腐女子」等に偏見、差別を持たないでほしいということが言いたいのです。以下はそのことについて長く書いたものです。

Y子が「腐女子」なのが悪いわけじゃない。
問題は相手(彼氏である著者)に対する彼女の暴走振りだ。

この本(ブログ)を見て嫌になったのは、Y子の暴走振りを
さらすことで、またしても腐女子などのオタク文化『全体』を
バカにするかのようなメディアが出たのか、と思えたから。

テレビなどのマスメディアでも「オタク」は見下されたり、
笑いものにされたり、犯罪者予備軍扱いされたり…。
例として、「オタク通○手権」のときのオタクのみっともない部分を
強調した演出や、M崎勤事件のときのような異常な偏向報道だったり。
そういうのを見たときの忌々(いまいま)しさを感じた。
私の考えすぎ、心配しすぎだといいが…

Y子が「腐女子」だから悪いのではない。彼女があまりにも
相手(彼氏)の立場、気持ちを汲み取れない状態なのが問題だ。
彼女のような人だけが腐女子なのか?そうじゃないはず!!!
「腐女子」の趣味を持つ人だってきちんと相手の立場、
気持ちを汲み取れ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
36 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 あぁ、はいはい 2008/8/6
投稿者
形式:単行本
わたしはそれなりに腐った人なので、まぁ、言ってることは分かる。趣味は合わないがその萌えの感情は理解出来なくもない。

……が……。

なんていうか……わたしとはBLに対する捉え方が違うかな??
腐った会話は腐った同士でするし、腐っていることを特別隠しはしないが公開もしない。
腐った同士で友達が出来たり、自分個人の好みなので、知らない人に押し付けもしない。

こんなにオープンな腐女子はあまりいないと思って欲しい。
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 うーん 2011/3/4
投稿者 まる
形式:単行本
稚拙な文章はブログが元なので仕方がないと思いますが、それよりも彼女の言動にイライラさせられっぱなしでした。
あまりおすすめしません。
このレビューは参考になりましたか?
20 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 主人公の感情描写を笑えるか否か。 2009/5/16
投稿者 三枚羽の地鶏
形式:単行本
変に期待をもってしまったのが仇になったか、見事なまでに面白くなかった。

何より書き手(=主人公?)が痛々しい。
主人公「非オタ」と書かれていたが十分開始時からオタだし、彼女は腐女子のみというより幅広いオタクのよう。

実際、腐女子としての本性をあらわすまでには多少の時間がかかり、知識のないあるいは曖昧な読者が序盤で投げたら「オタク女性=腐女子」という、間違ったイメージを与えかねない。

そしてその彼女の暴挙?にやたら耐えてる心理描写を漫画的にあらわしている部分が非常に多いが、個人的にこれが寒い。ここで笑える人は高い評価を与えられると思われる。おそらくここが「笑い」にもってゆく「引き」なのだろうが……

もちろん、テキストブログの書籍化という、媒体の変化も無視はできないと思われるが……(たとえば、ブログで笑いを誘う引きによく使われるやたら長い改行だったり、基本シームレスで縦にひたすらスクロールする流れだったり、これらの再現は非常に厳しい)それを差し引いてもやはり難しい一冊であった。

ちなみに本書は縦書き縦読み。一般書籍との差異は、改行多目なのとフォントサイズが変わるくらい。いっそのこと、ケータイ小説フォーマットで出していればとも。

時々入るイラストは
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 面白い
とても面白かったです!
へんたぷさんの彼女思いな所やY子さんのオタクなところが沢山詰まってる作品だと思います... 続きを読む
投稿日: 22日前 投稿者: 皆木友里
5つ星のうち 5.0 面白かったです
期待通りとても面白かったです!
ぺんたぶさんとY子さんが可愛すぎて羨ましくなる位でしたw
投稿日: 2か月前 投稿者: 宮川 日佐与
5つ星のうち 1.0 1円でも損な書籍
著者が痛い、、、今となっては完全に黒歴史かと
ハルヒブームに乗っかった陰キャラにしか見えない
今から読むにあたっては非常にきつい一冊です…
投稿日: 2012/5/2 投稿者: kc
5つ星のうち 5.0 自分と彼女さんを比較(笑)
図書館でパッと手に取って借りて読みました。

私自身も腐女子なので、
思っていた通りのヲタな腐女子彼女さんで... 続きを読む
投稿日: 2011/12/9 投稿者: 湊乃
5つ星のうち 5.0 ほんわかする
面白い本だと思います。
「鬼嫁日記」ならぬ「鬼彼女日記」って感じでw
この本だけで「腐女子ってこういう人なのかぁ」と判断するのは、... 続きを読む
投稿日: 2011/2/1 投稿者: 柿野 玉悟朗
5つ星のうち 3.0 人それぞれなので、無理して楽しまなくてもいいのでは
単純に「おもしろかった」です。... 続きを読む
投稿日: 2010/11/7 投稿者: があ
5つ星のうち 5.0 最高!!
色んな恋愛の形があることを実感しました。
笑い、感動共に最高でした!!
漫画版より楽しめました。
投稿日: 2010/7/25 投稿者: アマゾンファン
5つ星のうち 4.0 大学生の同棲物語としてもリアルなのかも
 彼氏と彼女の同棲を描いた私小説。人気ブログの出版なので描写や説明は最小限で会話が主体です。... 続きを読む
投稿日: 2009/4/26 投稿者: hanaohanao
5つ星のうち 3.0 なんていうかさ
作品内容云々の前にレビュー荒れすぎワロタ。
腐女子のイメージが〜とか、男のが単なるヲタだとか正味どうでもいい非難しかない。... 続きを読む
投稿日: 2009/3/18 投稿者: イツキ
5つ星のうち 5.0 男子も「お宅」だと思う。
わりと、ありがちなネット小説。
「私は女性プログラマ」と違って、男性として書いているところは偉いと思う。... 続きを読む
投稿日: 2008/3/7 投稿者: kaizen
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック