Amazon Kindleでは、 脳男 講談社文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 637
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
脳男 (講... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳男 (講談社文庫) 文庫 – 2003/9/12


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

脳男 (講談社文庫) + 指し手の顔(上) 脳男2 (講談社文庫) + 指し手の顔(下) 脳男2 (講談社文庫)
合計価格: ¥ 2,201

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

受賞歴

第46回(2000年) 江戸川乱歩賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

連続爆弾犯のアジトで見つかった、心を持たない男・鈴木一郎。逮捕後、新たな爆弾の在処を警察に告げた、この男は共犯者なのか。男の精神鑑定を担当する医師・鷲谷真梨子は、彼の本性を探ろうとするが…。そして、男が入院する病院に爆弾が仕掛けられた。全選考委員が絶賛した超絶の江戸川乱歩賞受賞作。

登録情報

  • 文庫: 384ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/9/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062738376
  • ISBN-13: 978-4062738378
  • 発売日: 2003/9/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (78件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 40,424位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

45 人中、41人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mizugoro 投稿日 2004/6/1
形式: 文庫
知識だけあって感情がない「脳男」という設定はすばらしい。
男の異常性が次第に明らかになり、その生い立ちの秘密が暴かれていくところまでは、先が気になってどんどんページをめくった。
しかし、後半の爆弾男との対決が決定的に中途半端。
脳男の特異性だけは印象に残るものの、爆弾犯の動機も、脳男が爆弾犯を追った理由も分からず、読んでいて非常にフラストレーションがたまる。
結局、脳男という正義の味方が、疾風のように現れて去っていくというだけの話になってしまっており、それはそれでシュールなのだが、もう少し深みを出してほしかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hiromi_n VINE メンバー 投稿日 2013/3/15
形式: 文庫
映画化と乱歩賞受賞作品のPOPに惹かれて購入しました。
10年前の作品なんですね。
他の方のレビュー通り、地名と人名が懲りすぎてややこしく、
またラストの盛り上がりに欠け、中盤から「いったいどこから盛り上がるのだろう?」
と思いながら読み続けました。
しかもこの1冊ではプロローグであり、何も解決できません。
残念ながら続編の購入もないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
29 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 二太郎3 投稿日 2009/8/24
形式: 文庫 Amazonで購入
前半の素晴らしさとエンディング付近の残念さのミスマッチは他の方の言われている通りですが、そうなってしまった原因を一言でいうと「伏線が回収しきれてない」じゃないですかね。

例えば登場人物の多くに、たとえば怪異な容姿の医師藍沢とか、両手首のない元ヤクザとか、生きながら腐る難病の国会議員とか、冬山から降りてこない登山家とか、贅沢なばかりのキャラクター的魅力が詰め込まれているのに、その多くがワンシーンのみの登場に終わり、キャラ設定が使い捨てに終わってしまうこと。

ぎゃくに個性的なキャラ設定が過不足なく使い切られたのは、茶屋警部の巨体と、鷲尾女医の経歴くらいではなかったでしょうか。鈴木や緑川はいうまでもなく、空身医師や黒田刑事もあっけない感じがいなめず、要するに消化不良なのです。

あれだけの設定を活かしきるには、今の倍くらいページ数が必要ですし、逆にページ数制限から逆算すると、設定を半分くらいに絞り込むべき。前半に広げた風呂敷を畳みきれない状況に陥っています。まさに「惜しい」というほかありません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アホウドリマスター 投稿日 2007/11/17
形式: 文庫
着眼点が非常に面白いと思いました。「脳男」と言う奇抜なタイトルも
幸いして一気にストーリーに溶け込めました。特に「心を持たない男・
鈴木一郎」に魅力を感じました。本格派ミステリーを期待している方に
はオススメできませんが、それ以外の方にはオススメできます。やはり
登場人物が魅力的というのは小説に限らずストーリーのあるものでは
必須ですよね。

中盤までは上記に書いた通り非常に楽しめたのですが、ラストに近づく
につれて勢いが薄れてしまった印象を受けました。やはり鈴木一郎の
魅力が薄れてしまったのが一番の原因かと…常軌を逸した人物で最後ま
で描いて欲しかったです。(非常に残念)

映画の原作としても使えそうなテーマなので是非映画化を。ただ、鈴木
一郎を表現するのは難しそうですね。それ程のキャラクタです。是非。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ひろひろ 投稿日 2002/12/9
形式: 単行本
実際にこの主人公のような人物が存在し得るかどうかは別として、人間の「意識」といったものに着目した、着眼点自体は非常に面白いと思います。
ただし、この主人公がこの物語のなかでとっている各種行動については、あまり必然性が感じられず、この物語の流れ自体が多少突飛なものに感じられてしまいます。こういった人物をモチーフにして物語を作成するのであればもう少し違ったストーリー展開が考えられたのでは無いでしょうか。
いずれにせよ、題材を活かしきれていない感が強く残りました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 zaza 投稿日 2013/4/30
形式: 文庫
タイトルと乱歩賞受賞!の背表紙にひかれたけど
あんまりおもしろくなかったです。
他の人も書いてますが登場人物の名前が変すぎていまいち入ってこない。
主人公との対比なのかなにをねらったのかよくわかりませんが…
情景描写も長いだけで飽きるし,肝心のクライマックスは完全に尻すぼみ。
なんとか最後まで読んだけど最後に消化不良を味わいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック