中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品の為、カバーや本体の経年による若干の状態劣化、軽度の傷みはご了承ください。一部店舗併売商品がある為、売り切れの際はご返金致します。 33835
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳は若返る―最先端脳科学レポート (新潮文庫) 文庫 – 2008/9/30

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

脳細胞は一日10万個ずつ死んでいく―この広まりすぎた俗説は実験的根拠に乏しく、今この説を信じている科学者はほとんどいない。大人になっても新しい神経細胞(新生ニューロン)が日々生れることが確認されたのだ。脳は歳をとるほどどんどん良くなる。読めば元気の出る最先端脳科学エッセイ。「脳年齢判定テスト」と、判明した弱点の実践的克服法付。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

久恒/辰博
1964(昭和39)年生れ。東京大学農学部農芸化学科卒業。同大学院で農学博士号を取得後、アメリカ国立予防衛生研究所(NIH)を経て、東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻准教授。2001(平成13)年に「大人になっても脳細胞は成長している」という衝撃的な事実を突き止め、世界的に話題を集めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 170ページ
  • 出版社: 新潮社 (2008/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410136091X
  • ISBN-13: 978-4101360911
  • 発売日: 2008/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 483,455位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
昔から、成人の脳細胞は毎日10万個ずつ死滅していくと言われている
が、脳科学者のなかでそのような「俗説」を認めている者はほとんど
いないと著者は言う。

・加齢が進むにつれて、もの忘れがひどくなるとか、感動や興奮をし
 なくなることがあると言われているが、それがすなわち「毎日10万個死滅」の根拠と
 は医学的には言えないらしい。

・むしろ先端の脳科学では、人は大人になってからも新しい神経細胞
(新生ニューロン)が日々生まれることが確認されている。

・正しい脳のアンチエイジング活動さえ行っていけば、私たちの脳は
 むしろ若返っていく、というのが著者のメッセージである。

そのための処方箋として著者は次のようなことをあげている。

・恋をする(性ホルモンの分泌が脳にはものすごくよい)
・新しい挑戦をする(仕事でも趣味でも)。決して「もう年だから」などとは考え
 ないことが若々しくあるためには大切なことである。
・適度な運動をする。室内運動ではなく、外で光を浴びてジョギングやウォ
 ーキングするのが良い。
・睡眠時間を確保する(昼食後の昼寝は最高)
・脳によくきく食べ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
脳のアンチエイジング(老化防止)とその実践法について平易に説明しています。大人になっても新しい神経細胞(新生ニューロン)が日々生れることが確認した著者は本書で「しっかりした記憶力と判断力」「若々しい活力と好奇心」「長い人生をいつまでもエンジョイできる充実感」の重要性について語っています。また「どうして物忘れが増えるのか?」「どうして気力が低下するのか?」「年をとっても脳は成長するのか?」などの素朴な疑問に対する答えを載せています。

【主要目次】
1章 あなたの脳年齢(「脳年齢判定テスト」と判明した弱点の実践的克服法)、2章 脳のアンチエイジングとは?、3章 脳の老化をコントロールする、4章 年をとるほど頭がよくなる、5章 ストレスに負けない脳にする、6章 「元気な脳」のつくり方

「"物忘れ"は"思い出せない"のではなく、"しっかり覚えようとしていない"のだ」という言葉には納得ですね。若い頃は丸暗記(意味記憶)でOKだったのですが、年を重ねると丸暗記力がどうしても衰える、そこで自分の経験や感情や伴う覚え方(エピソード記憶)を活用すれば良い、という処方箋が示されます。(円周率πの記憶術も、単なる数字列の丸暗記ではなく、数字列をゴロ合わせ等でストーリー仕立てにしてイメージを活用して覚えたりしますね、正にアレです!)この他、「脳を如何に
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 百地樹里 VINE メンバー 投稿日 2010/7/29
形式: 文庫 Amazonで購入
脳科学の発達は一昔前の迷信をことごとくひっくり返している。
今でも「歳だから、頭が動かない」と信じ込んでいる人は多い。
歳をとるにつれて脳細胞が死んでいくなんて今ではありえない。
実はこれまでの経験と新しいニューロンで若いころよりも、数段
賢くなっている。
これほど希望をもてることはないだろう。歳を重ねることへの不安が
一つ解消される。

まずは自分の状態を確認するテストから始まり、すぐにでも実践したい
例がたくさんあり、楽しくなってしまう。
脳科学の書籍は数あれど、まずはこの本から脳についてかじるのも
いいと思います。
自分の脳と仲良くしたいそんな気持ちになれる作品です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック