通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】カバーに折れがあります。ページ側面にヨゴレが少しあります。ページ周辺に経年による日焼けがうっすらあります。その他の状態は問題ありません。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

脳とカラダがよろこぶ 調和力ごはん (ワニプラス) 単行本(ソフトカバー) – 2011/5/20


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 400


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

脳とカラダがよろこぶ 調和力ごはん (ワニプラス) + オーラ!オーラ!!オーラ!!!―スピリチュアルな自分に一瞬で変わる (王様文庫) + ヒーリングレッスン---オーラの綺麗な人になる (河出文庫 て 6-1)
合計価格: ¥ 2,617

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本来、食事とは、他の生命を犠牲にしていただき、自分の命をつなぎ、同時に次の世代へとつなぐ儀式です。しかし、現代の日本人はその心を忘れ、食の偏りが進むとともに、調和力を失い、すべてのバランスが崩れています。本書では、東洋医学の陰陽論をベースに、身体の健康はもちろん、地球の健康を取り戻す、脳とカラダがよろこぶ「調和力ごはん」を紹介します。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

木津/龍馬
国際中医師、WORLD FEDERATION OF ACUPUNCTURE‐MOXBUSTION SOCIETIES。数多くのトップアスリートを総合的に育成。その指導理念は既存の方法論と一線を画す。関わる様々な分野のアスリートはすべて、プロアマ問わず世界レベルの偉業をなす、異色のカリスマトレーナー。近年では海洋冒険家、中里尚雄氏のトレーナーとして、食事からトレーニング方法、日々の生活などを指導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 215ページ
  • 出版社: ワニブックス (2011/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847019938
  • ISBN-13: 978-4847019937
  • 発売日: 2011/5/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 225,853位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 希鈴 投稿日 2011/9/26
形式: 単行本(ソフトカバー)
東日本大震災による福島原発問題が起こってから放射性物質のことやそれに伴う食品の汚染などで食に対しての不安が大きくなっていた時にこの本を読みました。
放射性物質の怖さや食によってどうやって防御するかなどとてもわかりやすくシンプルに書かれています。
しかもすぐに実践できること、食材ばかりです!
日本の伝統的食材のすごさを改めて感じました。

原発問題が起こってから半年、正直ときどき放射性物質のことなど忘れてしまうことがあります。
そんな時に読み返し、忘れてはいけないことだと思います。

食事の大切さ、料理の大切さが書かれている本です!
子ども、家族を守るために是非読んで欲しい本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヒナタ 投稿日 2011/9/29
形式: 単行本(ソフトカバー)
陰陽をベースに、
日本の伝統食の大切さや、
東洋医学的、西洋医学的な観点からの食と体の関係など、
とても分かり易く書いてある本です。
また、本当の意味での「食養・食育」についても書いてあり、
食事の姿勢や食に対する心、
ひいては生き方など、
私たちにとって一番大切なことを教えてれている本だと思いました。

また、放射能対策とし、身近にある食べ物による対策も書いてあります。
放射能問題はこれから何年も考えていかなければならないことですが、
日常で無理なくできることが書いてあり、
大きな助けになると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 金狼 投稿日 2011/9/25
形式: 単行本(ソフトカバー)
木津龍馬さんの食にかかわる20年近い活動の基本が紹介されています。
それをふまえての福島原発事故への対応として効果的な食の考え方が急きょ加筆されています。
自分たちの健康を守るのももちろん重要ですが、これからを生きてゆく子供たちが健康に育つためにも、
ぜひ若きお母様方に読んでいただきたいと思います。
薬に頼ることなく自然に免疫力を強化していく調和力ごはんをぜひ作ってあげて下さい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たてよこ 投稿日 2011/10/13
形式: 単行本(ソフトカバー)
小さな子どもを持つお母さんは、子供の将来を考え、放射能への関心が高いと思います。こちらの本は、食事という身近な物からいかに、子供たちを放射能から守っていくかという事がかかれています。具体的なレシピも載っていて実践してみましたが、体にいいだけではなく、とても美味しいかったです。美味しくて、体にいい食品や調理の紹介がされ、大変重宝しています。私、自身も妊娠しているので放射能に関しては不安を抱えていましたが、内容も読みやすく大変参考になりました。妊婦さんや小さな子供のママさんには、是非、お勧めの一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 美砂 投稿日 2011/9/26
形式: 単行本(ソフトカバー)
放射能におびえる前に、自分の体、家族の体を強くしよう。
この本を読んでそう思いました。

食事の内容の大切さ、食事に込める愛情の大切さ、食事に対する意識の大切さがとてもわかりやすく書いてあり、すぐに実践できる簡単レシピもついていて、とてもよい本だと思います。

自分たちの快適さを求めて、自分たちがつくり出した原子力発電。
自然を敬う心を忘れて、自己中心的に生活しているわたしたち。

「福島原発による放射能問題について」の項を読んで、人間って、自分って傲慢だなあとつくづく思いました。

日本の伝統的な食事による放射能対策のページもありますので、東北・関東の方がたはもちろん、全国の方(特に台所を預かるお母さん方)にぜひ一読してもらいたいなと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック