Amazon Kindleでは、 職 人 (岩波新書) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
職人 (岩... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆カバーに若干のスレ・劣化があります☆除菌作業 を行い、迅速に発送致します☆付属品は別途記載ない場合は、付属しておりま せん。中古本のため、表紙が異なる場合があります。発送にはクロネコメール便、またはゆうメー ルを使用します☆万が一商品に不備があった場合 は、メールにてご連絡ください。対応させていただ きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

職人 (岩波新書) 新書 – 1996/10/21


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

職人 (岩波新書) + 大往生 (岩波新書)
両方の価格: ¥ 1,577
ポイントの合計:  24pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

「職業に貴賎はないというけれど,生き方には貴賎がありますねェ」モノをつくる職人さんたちならではの知恵に満ちた言葉の数々を軸に,対談・インタビュー,そして講演録などで構成する紙上バラエティ.『大往生』『二度目の大往生』に続く,ご存じ永六輔ワールド第3弾.著者いわく,「僕はこれを一番書きたかった」.

内容(「BOOK」データベースより)

「職業に貴賎はないと思うけど、生き方に貴賎がありますねェ」―モノをつくる職人さんたちだからこそ言える知恵に満ちた言葉の数々。そして、対談・インタビュー、講演録などで構成する紙上バラエティ。『大往生』『二度目の大往生』に続く、ご存じ永六輔ワールド第三弾。著者いわく、「僕はこれを一番書きたかった」。

登録情報

  • 新書: 210ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1996/10/21)
  • ISBN-10: 4004304644
  • ISBN-13: 978-4004304647
  • 発売日: 1996/10/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (12件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 147,371位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

14 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 内田裕介 トップ1000レビュアー 投稿日 2008/1/17
形式: 新書
親書の棚の左から20冊買ったなかの一冊。
雑誌連載からの転載で、職人といわれる人たちの「名言」を収集したものである。他に、内海芳江(芸人も職人だそうだ)や、帆布職人、陶芸家との対談と、講演録を模した永氏の「職人論」からなっている。

職人と作家(=芸術家)、商品と作品(=美術品)の境界、が当初のテーマだったそうだが、職人たちの肉声を多くとりいれたためか、全体としての印象はモノづくり系職業論に近い。

「健康に気をつかっているやつに、
 いい仕事はできません」p38

という言葉は、がむしゃらに頑張らなければならない、ということではなくて、いい仕事というのは「個人」というナマな存在とは全く異なる次元に燦然と輝くモノであることを示唆して至言である。また、

「売るために品物をこしらえたことはありません、
 こしらえたものがありがたいことに売れるんでさぁ」p63

などは、ちょっとカッコつけているようにも聞こえるが、モノを作るという行為とそれを売って商売するという行為は本質的に異なるものである、ということを気づかせてくれる名言である。

モノを作って、それを売って生活するのが職業人としての「職人」ではあるが、モノづくりは本質的に職業とは関係
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 伯楽 VINE メンバー 投稿日 2002/6/22
形式: 新書
この本には時間を掛けて集められた無名の職人による人生の至言がちりばめられている。一芸に人生を賭けた職人には、人生の達人と言える人々がいることが分かる。しかしそうした職人は今絶滅に瀕している。作る物が世の中で必要となくなった、作るための材料が手に入らなくなった、後継者が見つからないなどの原因以外にも、著者は行政による原因も鋭く指摘している。「文化の向上に寄与する」ことを目的とした計量法が、実は伝統工芸の基本となる尺貫法の使用を禁止し、曲尺や鯨尺を使った職人の職を奪っている矛盾は大きい。現在では著者らの運動が実り、行政は見て見ぬフリをしているが、こういう矛盾は何も計量法に限った話ではないことには注目すべきである。全般的に読みやすい文章で書かれており、使い捨てではなく使うほど価値の出てくるものに関心ある読者にはお薦めの一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 シネマA トップ1000レビュアー 投稿日 2010/4/30
形式: 新書
 これはおすすめ。新書の帯に「僕はこれを一番書きたかった」という著者の永さんのことばが印刷されています。岩波新書のなかでも抜群に読みやすくて、しかもいろいろなことを考えるヒントをあたえてくれる、まさに万人向けの一冊ではないかしら。

 本書を読むと、かつて永六輔が尺貫法の存続にあれほどこだわって、おかみを相手に、まるで綱渡りのような、たぶんに冗談っぽいけど、じつはからだを張った真剣勝負を挑んだ理由がわかる。

「他人と比較してはいけません。
 その人が持ってる能力と、その人がやったことを比較しなきゃいけません。
 そうすれば褒めることができます」

「批評家が偉そうに良し悪しを言いますけど、
 あれは良し悪しじゃなくて、
 単なる好き嫌いを言っているだけです」

「安いから買うという考え方は、買物じゃありません。
 必要なものは高くても買うというのが買物です」

 無名人語録、対談、講演原稿など、雑然とした軽快な構成のなかに背骨がひとすじ通っているところが、いかにも永さんらしいスタイル。随所で人生の極意をさらりと語って嫌味にならないのはさすがですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 superblackbird 投稿日 2008/1/15
形式: 新書
職人の含蓄のある言葉が凝縮されている。

 今時、職人のイメージといえば
  融通が利かない
  人の意見を聞かない
  頑固
 など、あまり良いイメージを持たれていないが

 一つのことだけをやってきた、つまり生き方に芯が通っているからこそいえる、含蓄のある言葉が詰まっている。

落ち込んでいるときに読むと、元気のわいてくる本
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 地蜘蛛 投稿日 2013/1/15
形式: 新書 Amazonで購入
有名人の新書にありがちな口述筆記が中心です。詰めれば半分以下です。
休日一日あれば十分読み終わるボリュームです。

名も無き職人達の味わい深い言葉の数々は心に響くものがあります。
文明批判やノスタルジー的な考え方が好きな人は嵌ると思います。

軽妙でセンスが良く、粋を心得た永氏のラジオのトークのファンは十分に楽しめる内容です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック