Amazon Kindleでは、 聞く力 心をひらく35のヒント (文春新書) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)
 
 
1分以内にKindleで 聞く力 心をひらく35のヒント (文春新書) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書) [新書]

阿川 佐和子
5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (201件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 864 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
新書 ¥ 864  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書) + 叱られる力 聞く力 2 (文春新書) + 阿川佐和子の世界一受けたい授業―第一人者14人に奥義を学ぶ (文春MOOK)
合計価格: ¥ 2,736

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

頑固オヤジから普通の小学生まで、つい本音を語ってしまうのはなぜか。インタビューが苦手だったアガワが、1000人ちかい出会い、30回以上のお見合いで掴んだコミュニケーション術を初めて披露する―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

阿川/佐和子
1953(昭和28)年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒、81年『朝のホットライン』のリポーターに。83年から『情報デスクToday』のアシスタント、89年から『筑紫哲也NEWS23』(いずれもTBS系)のキャスターに。98年から『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)にレギュラー出演。99年檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』(集英社)で第15回講談社エッセイ賞を、2000年『ウメ子』(小学館)で第15回坪田譲治文学賞を、08年『婚約のあとで』(新潮社)で第15回島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 253ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/01)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 416660841X
  • ISBN-13: 978-4166608416
  • 発売日: 2012/01
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (201件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 486位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
253 人中、235人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By lefty
形式:新書|Amazonで購入
著者には日頃から好感を持っておりますが、
「聞く力」という本のタイトルとその内容には
大きな隔たりがあると思います。

もしこの本のタイトルを言い表わすとしたら、
「佐和子のインタビューノート」
といった感じの方が適切だと思われます。

生きる上で非常に重要で会得が難しいはずの「聞く力」をつけたい読者に向け、
有益なノウハウを提供する本を書いている、という意識は
恐らく著者ご本人にも無いのではないでしょうか?

どちらかというと、本のタイトルのパワーを知り尽くした出版社の意図が感じられます。
このレビューは参考になりましたか?
228 人中、209人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 ただのエピソード集 2012/9/2
形式:新書
ほとんど著者のインタビュー思い出話で、タイトルと内容のギャップが大きいです。

エピソードには、「たまたまうまくいった好例」も多く登場するのですが、なぜうまくいったのか掘り下げられていないので、ヒントとして参考にしづらく、「ああ、よかったのね」という感想になってしまいがち。

帯に「オフィスに1冊」「家庭に1冊」「カバンに1冊」と書いてあるので、パッと要点をつかめるノウハウ集であるかのような印象でしたが、どちらかというと著者のインタビュー裏話集なので、手元にいつでも置いておくような構成にはなっていません。

対談相手となった有名人の話がたくさんでてくるので、エッセイとしてなら楽しめます。
このレビューは参考になりましたか?
188 人中、166人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 インタビューの体験談のみ 2012/11/11
形式:新書
ベストセラーということで、聞く力、タイトルの通りのものを求めて買いましたが、誤解を恐れずに言うならば、ハズレでした。 他の方も書かれておりますが、これはあくまでも阿川さんの今までのインタビューの体験談であり、しかもそれらは名のしれた芸能人ばかりです。 純粋に『聞く力』を求めている方は別の書籍を買うことをオススメいたします。
このレビューは参考になりましたか?
25 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:新書
私も聞く力を身に付ける啓発本かと思ったけど希望の内容ではありませんでした。エッセイ本という印象なので、タイトルとは違うような、でもわざとなのでしょうか。
このレビューは参考になりましたか?
105 人中、89人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By Ryu
形式:新書
 阿川佐和子の著作で結構売れていると聞いた上に、「傾聴」がマイブームなので参考になるかと思い購入しました。

 結論から言うと阿川氏のインタビューの裏話がほとんどで「聞く力」がどうやったら身につくかという話はほとんど出ていない気がします。インタビュ―のテクニックとしての著者のやっていることは勉強になりますが、インタビューというシーンと日常の「傾聴」のシーンとは全く違っていて当初の目的は達せませんでした。読み物としては面白いのです。
このレビューは参考になりましたか?
48 人中、41人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 全ては阿川さんの人となり 2012/8/28
形式:新書
まず読んでみて気付くのが、ジャケット(タイトル含め)と中身があまりに不似合いだということ。
よっぽどコミュニケーション能力に欠けている人でいなければ、参考になる点はありません。
この本に書いてあることは、皆さんが日常で当たり前に行っていることだと思います。

阿川さんが成功しているのは技術ではなく、裏表が無く自虐的で憎めないキャラクターや綺麗なお顔等、人となりが全てではないでしょうか。
他の人間が真似してどうかなることは無いと思います。

技術書、指南書ではありません。エッセイです。本屋さんでしばらく立ち読みでもすれば大体つかめると思います。
軽快な語り口調で大方面白く読めますが、おせっかいで図々しいおじさんおばさんに当たり前のことばかり
口うるさく言われているようで、読んでいて何度もうんざりすることがありました。

この本は書店で見かけて気になっていた矢先、父親から突然ギフトでいただき嬉しかったのですが、
内容については正直がっかりしました。阿川さんご本人に罪は無いと思います。

どうしてこの本が売れているのか疑問に思いますが、
人間としての優しさを持たない、心無い人々がもしいれば、そのひとに読んでほしいと思います。
このレビューは参考になりましたか?
39 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By
形式:新書|Amazonで購入
ついに売上げ200万部を越したというからつい買ってしまったが、
やはり失敗だった。
最近クリックひとつで買えるようになったので、つい立ち読みする
労力を惜しんでしまうのが失敗のもとである。
「クリック買いのゼニ失い」といったところか。

他のレビューにあるように、ただインタビュー談をられつしただけ、
当たり前の教訓しか掲載されていず、お金を出して買う価値はない。

それにしてもなぜこの大したこともない本が200万部も売れたのか?
阿川さんには中高年男性の固定ファンが多くいるそうだから、
まず彼らが結集して買いに走り、テレビに出ている有名人だし、
ミリオンセラーだから呼んでおかなければというミーハー(私もそうだ)
がそれに乗じたのであろうか。
結局200万人が商売上手な文春に騙されてしまったのか・・・。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 話を引き出すための心構え
2013年のベストセラー本で、ベストセラーになっただけあってとても読みやすく、話して手である著名人の人柄もうかがえるので興味深く読めた。... 続きを読む
投稿日: 2日前 投稿者: 本っていいね!
5つ星のうち 4.0 まさに『聞く力』
以前から気になっていたのもありますが、安さに釣られ電子書籍で購入。本書に書かれている内容はコミュニケーションの基本と言えることで、そのまま実践できればとても効果的... 続きを読む
投稿日: 3日前 投稿者: 有川能暁
5つ星のうち 2.0 雑談が多い
阿川さんの人柄は大好きなのですが、雑談が多く脱線してしまう傾向が多く見られました。
終わり方も変で、不完全燃焼という感じです。
投稿日: 4日前 投稿者: erika.com
5つ星のうち 5.0 とても興味があり読みました
興味のある内容。分かりやすく実践を通し書いてあり参考になりました。丁寧な扱いです。
投稿日: 7日前 投稿者: 柴崎 武宏
5つ星のうち 5.0 コミュニケーションの基本
阿川さんのインタビューの苦労は、そのまま普通のコミュニケーションに役立つ事多し、、、やね(^_-)!
投稿日: 11日前 投稿者: kmmiyao
5つ星のうち 4.0 なるほど。
もともと阿川さんのやわらかな雰囲気が好きでした。対談も好きでした。... 続きを読む
投稿日: 12日前 投稿者: 増山恵美子
5つ星のうち 3.0 インタビューのハウツー本
かなり前から気になっていた本でしたが、「聞く」ことをテーマにした新書に800円出すか迷いました。... 続きを読む
投稿日: 16日前 投稿者: アメジスト
5つ星のうち 5.0 スーッと読めます
阿川さんの体験日誌のような記述なので、片手間に、二日間で読んでしまいました。大変心が休まると言うか、楽しくなるないようです。皆さんも気軽にお読みください。
投稿日: 27日前 投稿者: 新人写真マニア
5つ星のうち 4.0 息子に頼まれて購入
外国にいる息子に頼まれて購入しました。社会人として、生き方に同感することができたようです。
投稿日: 29日前 投稿者: ven
5つ星のうち 4.0 心を籠めて人様の言葉に耳を傾けましょう。
インタビューアーとしての阿川様の態度に大変心惹かれました。まず無心に
その方に向き合ってこられたかたならではの説得力ある35のヒントでした。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: ゆきわり草
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック