Amazon Kindleでは、 聞く力 心をひらく35のヒント (文春新書) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 864
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
聞く力&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書) 新書 – 2012/1


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書) + 叱られる力 聞く力 2 (文春新書) + 伝える力 (PHPビジネス新書)
合計価格: ¥ 2,592
ポイントの合計:  78pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

頑固オヤジから普通の小学生まで、つい本音を語ってしまうのはなぜか。インタビューが苦手だったアガワが、1000人ちかい出会い、30回以上のお見合いで掴んだコミュニケーション術を初めて披露する―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

阿川/佐和子
1953(昭和28)年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒、81年『朝のホットライン』のリポーターに。83年から『情報デスクToday』のアシスタント、89年から『筑紫哲也NEWS23』(いずれもTBS系)のキャスターに。98年から『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)にレギュラー出演。99年檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』(集英社)で第15回講談社エッセイ賞を、2000年『ウメ子』(小学館)で第15回坪田譲治文学賞を、08年『婚約のあとで』(新潮社)で第15回島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 253ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/01)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 416660841X
  • ISBN-13: 978-4166608416
  • 発売日: 2012/01
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (221件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,445位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

281 人中、259人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 lefty 投稿日 2012/9/2
形式: 新書 Amazonで購入
著者には日頃から好感を持っておりますが、
「聞く力」という本のタイトルとその内容には
大きな隔たりがあると思います。

もしこの本のタイトルを言い表わすとしたら、
「佐和子のインタビューノート」
といった感じの方が適切だと思われます。

生きる上で非常に重要で会得が難しいはずの「聞く力」をつけたい読者に向け、
有益なノウハウを提供する本を書いている、という意識は
恐らく著者ご本人にも無いのではないでしょうか?

どちらかというと、本のタイトルのパワーを知り尽くした出版社の意図が感じられます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
252 人中、230人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 天然水 投稿日 2012/9/2
形式: 新書
ほとんど著者のインタビュー思い出話で、タイトルと内容のギャップが大きいです。

エピソードには、「たまたまうまくいった好例」も多く登場するのですが、なぜうまくいったのか掘り下げられていないので、ヒントとして参考にしづらく、「ああ、よかったのね」という感想になってしまいがち。

帯に「オフィスに1冊」「家庭に1冊」「カバンに1冊」と書いてあるので、パッと要点をつかめるノウハウ集であるかのような印象でしたが、どちらかというと著者のインタビュー裏話集なので、手元にいつでも置いておくような構成にはなっていません。

対談相手となった有名人の話がたくさんでてくるので、エッセイとしてなら楽しめます。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
207 人中、182人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ホープ 投稿日 2012/11/11
形式: 新書
ベストセラーということで、聞く力、タイトルの通りのものを求めて買いましたが、誤解を恐れずに言うならば、ハズレでした。 他の方も書かれておりますが、これはあくまでも阿川さんの今までのインタビューの体験談であり、しかもそれらは名のしれた芸能人ばかりです。 純粋に『聞く力』を求めている方は別の書籍を買うことをオススメいたします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
43 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2013/2/27
形式: 新書 Amazonで購入
ついに売上げ200万部を越したというからつい買ってしまったが、
やはり失敗だった。
最近クリックひとつで買えるようになったので、つい立ち読みする
労力を惜しんでしまうのが失敗のもとである。
「クリック買いのゼニ失い」といったところか。

他のレビューにあるように、ただインタビュー談をられつしただけ、
当たり前の教訓しか掲載されていず、お金を出して買う価値はない。

それにしてもなぜこの大したこともない本が200万部も売れたのか?
阿川さんには中高年男性の固定ファンが多くいるそうだから、
まず彼らが結集して買いに走り、テレビに出ている有名人だし、
ミリオンセラーだから呼んでおかなければというミーハー(私もそうだ)
がそれに乗じたのであろうか。
結局200万人が商売上手な文春に騙されてしまったのか・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 じうn 投稿日 2014/3/20
形式: 新書
ただの芸能人のヨイショ本。

たけし、鶴ベイ、野村克也、貴乃花、黒柳徹子、遠藤周作等の過去対談した有名人著名人のいいところばかりを書いて機嫌取りをしているような感じを受ける。
インタビューの成功例は実名を挙げているが、失敗例は実名を伏せている点から見てもそう感じる。
自分の人脈を自慢しているのか、出版社に書かされているのか?

ゴメンナサイ、正直この本はハズレでした・・・。
実用的でないし、「だからどうすればいいの?」と突っ込みどころ満載です。

阿川さん、ホントはこんな本出したくなかったんじゃないかな?
残念です・・・。

読みたいなら、古本で山のように詰まれていますので、100円で買えると思います。
まあ、時間に余裕がある人にはおススメしますが・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
107 人中、90人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Ryu 投稿日 2012/6/4
形式: 新書
 阿川佐和子の著作で結構売れていると聞いた上に、「傾聴」がマイブームなので参考になるかと思い購入しました。

 結論から言うと阿川氏のインタビューの裏話がほとんどで「聞く力」がどうやったら身につくかという話はほとんど出ていない気がします。インタビュ―のテクニックとしての著者のやっていることは勉強になりますが、インタビューというシーンと日常の「傾聴」のシーンとは全く違っていて当初の目的は達せませんでした。読み物としては面白いのです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック