Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
聖闘士星矢EPISODE.G (3) 初回限定特装版 (チャンピオンREDコミックス)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

聖闘士星矢EPISODE.G (3) 初回限定特装版 (チャンピオンREDコミックス) [コミック]

車田 正美 , 岡田 芽武
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック
  • 出版社: 秋田書店; 限定版 (2004/2/19)
  • ISBN-10: 4253181546
  • ISBN-13: 978-4253181549
  • 発売日: 2004/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
30 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 kamome-y
形式:コミック
エピソードGが波紋を呼んでいる理由は「車田版に対する位置付け」と「車田版とのギャップ」なのですが、このギャップをどう捉えるかによって大きく見え方が変わると思います。
たとえば主人公のアイオリア。最初はあまりのやんちゃ坊主っぷりに卒倒したものですが、以外に合っている。読むうちにちゃんと「アイオリア」のイメージに重なっていくんです。なるほど、もうすこし落ち着きが出ればあのアイオリア(20歳)の性格になるな、と。ちゃんと子供の頃を描いているんです。結局はまって、掲載誌も買っています。
絵に関しては、やはり線が細いので驚くというか、引いてしまう方の方が多いと思うのですが、このギャップはかえって利点だと思います。聖衣の描き方ひとつ取っても、車田先生は物が映り込む金属の質感を表現しているのに対して、岡田先生は掘り込まれた文様と光の反射を描いています。こういうのって描き手の傾向がよく分かる。ただ、エピソードGの絵はとても美しいのですが、CGを多用しているためちょっと見づらいかもしれません。
ところで、岡田先生の作風っていつもこんな感じなのでしょうか。ストーリー面で勢いを殺してしまっているように見えるのは気のせい?もっと怒鳴ったり技撃ち合ってもいいと思うんだけどなぁ・・・。絵的に映えるし。以上、同氏の作品を読むのは初めてだった者の呟き。
「聖闘士星矢エピソードG」としての評価は、間違いなく星5つです。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック