この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

聖闘士星矢 EPISODE.G(1) <初回限定特装版> 描きおろしポストカード(6枚)付き ([特装版コミック]) コミック – 2003/5


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 4,944


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック
  • 出版社: 秋田書店; 限定版 (2003/05)
  • ISBN-10: 4253181503
  • ISBN-13: 978-4253181501
  • 発売日: 2003/05
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2

最も参考になったカスタマーレビュー

43 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/4/30
形式: コミック
聖闘士星矢の新作が原作・車田正美、作者・岡田芽武で秋田書店から登場。
ところがそのストーリーは原作者の車田正美氏がインタビューで語った構想からは大きくかけ離れていて、インタビューのその他の発言からも車田正美氏は直接内容には関わっていない事実が伺える。
実際、物語の根幹をなす小宇宙・聖闘士・聖衣・聖域といった設定は大幅に原作を無視したものに変更されていて、個々のキャラクターについても原作とは違う設定、方向性の異なる性格になっている。これを聖闘士星矢として読むにはかなりつらいものがあるし、続編漫画や原作物漫画の中でもとりわけひどい出来に思える。
かといって一つの漫画として面白いわけでもなく、冗長で読みづらい台詞や見難い画などが目立つしこの岡田芽武と㡊??う漫画家が何故起用されたのかが大きく疑問。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/5/10
形式: コミック
「車田 正美 (著), 岡田 芽武 (イラスト)」と称されていますが、
車田漫画の”漢”の潔さ、カッコよさを連載では感じられなかったのが残念。
岡田氏の現代風作画はこの作品の元々の持ち味を出し切れておらず、
車田ファンとしては不満すぎます。第一話のエピソードには、
実際に起こった原発事故の話がまるまるの引用です。信じられません。
また主人公の兄が裏切り者、不遇の身とはいえ、
「手ぇ前ぇ!!」に始まる大変読みにくくガラの悪すぎる台詞はこび。
これはアニメ化をしたら子供にとって有害ではないかと思います。
残念ですが、お確かめになってのご購入をお勧めします。
車田先生、今までの作画者の方は「聖闘士聖矢」が少年ジャンプに連載中から
どれだけ多くの子供が読むかをご存知だからこそ、イメージを壊さぬよう
注意を払われておられたはずです。連載を読み、哀しかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 みくた 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2003/5/11
形式: コミック
岡田さんの影技とか、オリジナルの漫画はそれなりに読んでましたが、
何故、星矢を書かせたのかと、はなはだ疑問です。
とにかく読みづらい画面構成、キャラも聖衣も、自分流の絵で
とことん描いてて、もう自分勝手に自己満足しているだけ。
カラーはまだ綺麗ですが、本編が見るに耐えない。
岡田さんが星矢に想い入れや、ファン熱があるのは十分判りますが、
もう少し客観性と万人受けする感覚で、挑んでほしかったです。
同人誌即売会で、自分の信者・ファンにだけ売るのならいいですが、
だまされて買ってしまう人には、ひたすら気の毒でなりません。
いっそ、ファンロードで車田さんそっくりな絵柄でコメディの
聖闘士ダ星矢の、島村春奈さんのほうが、ずっと見たかった。
(島村さんはリンかけの頃のから車田ファンだし、今の漫画家と
して活躍してるその絵柄に、車田タッチの影響が出てるだけに)。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 USO 投稿日 2003/6/21
形式: コミック
岡田氏独自の世界観でこの作品は描かれています。
絵もストーリーも、キャラクターの性格までも変わっています。
車田「星矢」のファンの方にはそのギャップに苦しみ、
存在自体許せないとお嘆きの方も多いようですね。
ただ私は、ここまで違うとかえって「別物」として捉えることが出来たりします。
まぁ、こんなものありかなぁと。
評価すべきはなんと言っても絵の見づらさでしょう。
絵は上手いのに、中間色の部分がうるさすぎます。
CGだからって言う理由もあるかもしれませんが。
一つ一つのコマを切り取って一つの絵としてみる分には良いですけど、
漫画は読み物なんですよね。
あぁ、これは見るだけで疲れますわ。
(などと、隣にあるDB完全版と比べてみてしみじみと思う)
多分、聖闘士星矢と名前がついてなかったら続きは買わないだろうなぁ。
これからの期待票&良くも悪くもここまでファンを
裏切ってくれたことに対して大サービス★二つ♪
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "笹かなえ" 投稿日 2003/6/19
形式: コミック
前作というか、聖闘士星矢を知らなくても読めるので
純粋にこれからが楽しみです。
この漫画の絵柄に惹かれて読み始めましたし、
さほど漫画の作画も読みにくいとは思えません。
原作者の車田氏のファンからは不評のようですが、
特に車田先生の画風、作風、前作と同じ雰囲気に拘らなければ、
(というか、そんな同じものなら自分はこれを読もうとは思わなかった)
十分漫画として面白いと思います。
前作の名を冠している、続編?外伝かな?なので、
色々と昔からのファンには不満があるかもしれませんが、
これから読む人には拘らず一度、読んでみてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック