中古品
¥ 313
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。カバー上部にややスレが有ります。ほかは若干の日焼けや、やや使用感はありますが、中古品として概ね良好なコンディションです。コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております(書き込み・マーカーの無い状態)が、中古品の為若干の使用感や傷みがある場合がございます。万が一品質に不備があった場合には返金対応。消毒後に防水シートまたは保護シートに包んだ後、梱包して発送いたします。付録や付属品につきましては明記のないものは原則として付属しません。この商品は(神代本舗発送代行)により年中無休で毎日発送されます。神代本舗が発送する商品は地域の障害者活動支援センターで1点ずつ丁寧に梱包して発送いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

美女とは何か―日中美人の文化史 単行本 – 2001/10

5つ星のうち 4 1 件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 313
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 171

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

古来、美女は世の憧れを誘い、人の心を癒す一方で、男の運命を狂わす悪女であり、亡国の元凶であり、薄幸・世の移ろいのたとえであった。狐も蛇も幽霊も、かならず美しい女に化けて出てくるのはどうしたわけか―。文化によって時代によって、美人観は大きく変化する。文学や絵画のなかで美人はどのように描かれたか。イメージはいかにつくられ、実社会で機能したのだろうか。楊貴妃・遊女・明治令嬢コンクール・ガングロ…日本と中国の歴史を行きかい、異文化交流のはざまに、美女という謎をダイナミックに追いめぐる。東アジアにおける美人幻想をめぐる比較文化研究の決定版誕生。

内容(「MARC」データベースより)

美女は男の運命を狂わす悪女であり、国を滅ぼす元凶であり、女神、幽霊、薄幸、世の移いのたとえであった。楊貴妃からガングロまで、日本と中国における美人像の変遷を追い、「美女という謎」に迫る壮大な比較文化論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 474ページ
  • 出版社: 晶文社 (2001/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794965001
  • ISBN-13: 978-4794965004
  • 発売日: 2001/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 230,249位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
結論に笑いました。
「美人は顔だ。証明終わり」です。
日中の美人画が丹念に比較されています。
私は中国から輸入してそれをコピーしたり改造を加えたりした日本のほうがうまいのは「当り前」と思っています。
水墨画など「真似てもかなわない」分野もあるそうですが。
おそらく、あちらの方が「真剣」だったのでしょう。
中国画では元代・清代の異民族王朝の絵がうまいと思いました。

但し一女性として個人的意見を言うならちょっといただけません。
「美男とは何か」がありません。描かれた女性も「どうでもいい」顔が多い。
女性の内面性など歴史的に無視されてきたことが見えすぎる。
表紙画も「心の窓」である「まなざし」から読みとれるものはゼロに近い。
私にとっての美女とは、心の輝きが瞳の輝きとして出るような女性です。

作者には「美男とは何か」を期待します。
「美男は顔だ。証明終わり」でしょうか。
以上、心狭き反発です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック