中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

美しい国へ (文春新書) 新書 – 2006/7

5つ星のうち 3.3 222件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:


click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

自信と誇りのもてる日本へ。「日本」という国のかたちが変わろうとしている。保守の姿、対米外交、アジア諸国との関係、社会保障の将来、教育の再生、真のナショナリズムのあり方…その指針を明示する必読の書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

安倍/晋三
内閣官房長官。1954年、東京生まれ。成蹊大学法学部卒業。神戸製鋼所勤務を経て、82年に父・安倍晋太郎外務大臣の秘書官に。93年、衆議院議員に初当選。内閣官房副長官、自由民主党幹事長、同代理などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2006/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166605240
  • ISBN-13: 978-4166605248
  • 発売日: 2006/07
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 222件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 328,460位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
安倍氏が自分で全部書いたかどうかは分からないが、一応そうだと仮定しての感想。

著者も断っている通り、この書は政策議論ではなく、安倍の国政や国情に対する思いを述べたもの。
そのため、安倍晋三という人がどんな「思い込み」や「勘違い」をしているか、何から目を逸らそうとしているか、
何を信じたがっているかがよく分かる。
またその論理の展開の仕方から、彼の教養や思考力の程度も推察ができる。

その意味で、わが国の首相たる安倍晋三という人物の思考を知るには大変参考になる。

例えば、重慶でおこなわれた日中代表チームによるサッカーの試合で、観客から日本チームに激しいブーイングが起きたことについて、
「彼らの誤解を解き、日本人が礼儀正しい民族であることを知ってもらうために、もっと中国人に日本に来てもらい、日本を知ってもらうべきでしょう」という趣旨のことを述べている。
ところが驚いたことに、そう書きながら日本軍が重慶を爆撃した事実には一言も触れていない。

もちろん爆撃は70年も前のことで、サッカーの観客も選手も遙かに後の世代なのだから、中国政府のプロパガンダの結果には違いない。
日本軍の爆撃と中国政府のプロパガンダ、その両方を知っていて初めてこの事象の説明が
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
安倍さん、ありがとう。

あなたが安保法案を強引に成立させてくれたおかげで、国民に忘れていた政治参加の意識を覚醒させてくれました。

政治に「無関心」だった日本国民に、政治参加の必要性を教えてくれたのです。

デモのやり方も、そのためのシステムづくりのノウハウも、国民は今回の強行採決で学びました。

そして安倍さんは、本心では国民を馬鹿にしていて、黙って自分の言うことを聞いていればいいのだと思っているということも。

今日が安倍政権と自民党・公明党の終わりの始まりです。

国民を無視して強引に通した安保法案は、やがて有名無実化し、それを履行しようとした政権は立ち所に激しい批判に晒されるでしょう。

安保法案は今後の政権の「虎の尾」となるのです。

我々に政治に参加することの大切さを安倍さんは教えてくれました。

安倍さん、本当にありがとう。心より感謝します。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
美しい国!?───実は5、6年前に買った 『美しい国へ』 (文春新書) をもう一度出して、あらためて読んでみました。やっぱり、安倍晋三という人が非常にせまい視野と単純な発想しか持っていないことがよくわかります。
突っ込みどころはいっぱいあってきりがないのですが、たとえば北朝鮮による拉致問題について 「国家の主権をおかす犯罪が公然と行われていたのを放置していいのか」 などと厳しい口調で述べています。でも、その一方で、日本に駐留するアメリカ軍兵士による犯罪に日本の法律が適用されないことについては別に 「国家の主権をおかす」 とは思っていないようです。実際 「日米地位協定」 を見直そうという意志はまったく見られません。安倍首相は 「戦後レジームからの脱却」 を目指しているそうですが、終戦直後の占領時代から続いている理不尽な対米関係のしがらみを取り除こうとはしていないわけで、大きな矛盾を感じます。
 彼は 「我々はポツダム宣言と東京裁判を受け入れた。異議を唱える立場にはない」 とはっきり述べたそうですが、それなら、東京裁判で戦争犯罪人とされた東条英機らが靖国神社に祀られていて、そこへ参拝しているというのはどういうことなのか。‥‥‥とにかく矛盾だらけです。
 さらに 「マスコミはこれを支持しなかった」 などと言っている所がありますが、そもそもマスメディアというも
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
戦争を知らない為政者が積極的
平和主義を語り、日本の真の国力を
損なわせる政策を強行可決…。
首相の掲げる美しい国とは何なのか…
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「美しい国」というスローガンは確かに分かりにくかったが、
不器用ながらも正面突破を図ろうとする安倍さんの性格が
よく表れている。安倍内閣が倒れた後読み返してみると、
本書に書かれた社会保険庁改革、教育改革、防衛問題、
アジア外交、国民投票法と短い任期でしっかりと自分の兼ねて
からの政策を実行したことが分かる。特に教育基本法の改正は
歴史に残る偉業だろう。一刻も早くこの仕事が強化されて再び
安倍さんが政権に就き、改憲など残りの問題を解決してくれる
ことを願う。
コメント 175人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック