Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター ProcameraStore 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
今すぐKindleで美しい国へ (文春新書)をお読みいただけます。 Kindleをお持ちでない場合、 こちらから購入いただけます。

Would you like to see this page in English? Click here.

Kindle または他の端末に配信

 
 
 

無料サンプル

冒頭部分を試し読みできます

Kindle または他の端末に配信

選択した商品の在庫はありません
選択したカラーの画像がありません。
カラー:
画像がありません。
 

美しい国へ (文春新書) [Kindle版]

安倍 晋三
5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (221件のカスタマーレビュー)

Kindle 価格: ¥ 788 (税込)
販売: 株式会社 文藝春秋
出版社により設定された価格です。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
新書 --  
Kindle無料読書アプリ
【Kindle無料アプリ】
スマホ・タブレット・PCで読書。  どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。詳細はこちら

この商品を買った人はこんな商品も買っています

ページ: / 最初に戻る
このショッピング機能では、継続して項目が読み込まれます。このカルーセル外にナビゲートするには、見出しのショートカットキーを使用して、次または前の見出しに移動してください。

商品の説明

内容紹介

「日本」という国のかたちが変わろうとしている。保守の姿、対米外交、アジア諸国との関係、社会保障の将来、教育の再生、少子国家の未来、真のナショナリズムのあり方……。その疑問への処方箋を示しつつ、自身の政治哲学を綴った書き下ろし作品。

内容(「BOOK」データベースより)

自信と誇りのもてる日本へ。「日本」という国のかたちが変わろうとしている。保守の姿、対米外交、アジア諸国との関係、社会保障の将来、教育の再生、真のナショナリズムのあり方…その指針を明示する必読の書。

登録情報


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
124 人中、93人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 「改憲」が最大の目標 2008/4/9
投稿者 hassy
形式:新書
もう辞めちゃったけど、安部さんが目指していたものはこういうことだったのかもしれない。
岸信介の孫、そして安部晋太郎の子であり、更には大叔父が佐藤栄作という政治一家に生まれた安倍晋三。
小泉純一郎の最大のテーマが郵政民営化であったならば、安倍晋三の最大のテーマは改憲だろう。
北朝鮮問題に対する対応もよくクローズアップされているが、著者の場合はなんと言っても改憲ではないか?
そもそも自民党というのは1955年に当時の自由党と民主党が「改憲」をテーマに合流したのが始まりである。
つまり、結党以来の大目標が「改憲」なわけである。
政治家一家に生まれ育った著者にとって、それは子供の頃から聞かされてきた最大目標な訳である。
教育問題その他に対する対応には、この辺りの考え方が色濃く反映されているように思われる。

これから安部さんがどうやってこの目標を達成していくのか、見守っていきたい。
このレビューは参考になりましたか?
234 人中、175人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 闘う政治家 2009/3/10
形式:新書
「美しい国」というスローガンは確かに分かりにくかったが、
不器用ながらも正面突破を図ろうとする安倍さんの性格が
よく表れている。安倍内閣が倒れた後読み返してみると、
本書に書かれた社会保険庁改革、教育改革、防衛問題、
アジア外交、国民投票法と短い任期でしっかりと自分の兼ねて
からの政策を実行したことが分かる。特に教育基本法の改正は
歴史に残る偉業だろう。一刻も早くこの仕事が強化されて再び
安倍さんが政権に就き、改憲など残りの問題を解決してくれる
ことを願う。
このレビューは参考になりましたか?
46 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 めちゃくちゃ 2012/8/23
投稿者 山吹みどり
形式:新書
現在安倍は日本を滅茶苦茶にしてるが、こんなのが「美しい国」なのか?

憲法を「解釈改憲」とかぬかしてるが、あの憲法はどう解釈しても戦争可能にはならないぞ。
戦争を「積極的平和主義」と呼んでるが、「戦争」の反語が「平和」なんですけどね。馬鹿だろこいつ。
「戦後レジームの脱却」と言って日本を戦前に戻してるが、それは「脱却」じゃなくて「後退」だ。

石破茂は自衛隊を軍隊に昇格させるにあたり「軍法会議」で「懲役300年や死刑」で無理矢理戦争参加させると言う。
「美しい国」とは「強制的に戦争参加させる国」かよ。

かつて自民党の国会議員が「貧困層は貧乏で子供もつくれないから、いずれ日本からいなくなるので問題ない」と言った。
自民党の「美しい国」とは「金持ちのみにとって都合のいい国」なのか。

石原伸晃は医療費カットのために「尊厳死」を言い出した。
「貧乏人は死ね」って言ってんのか?
これが「美しい国」なのか?

安倍は総理みずから原発のトップセールスやって海外へ売り込みしている。
しかし日本製原発の核廃棄物は全部日本が引き取ることになってるそうだ。
安倍は日本を核廃棄物だらけにする気か?

福島
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 これほどの糞本は他にない! 2014/12/25
投稿者 マッちゃん
形式:新書
無星にしたかったが、最低でも1つ要るとの事なので、★1。
これが統一教会のゴーストライタが書いたと囁かれてる本ですね? 程度。
買うお金も、読む時間も無駄。
このレビューは参考になりましたか?
19 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 日本堕落の原点… 2014/7/11
投稿者 ペトロ
形式:新書
戦争を知らない為政者が積極的
平和主義を語り、日本の真の国力を
損なわせる政策を強行可決…。
首相の掲げる美しい国とは何なのか…
このレビューは参考になりましたか?
26 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 よく分からない 2013/7/4
投稿者 tanaka
形式:新書|Amazonで購入
内容に芯がない印象を受けました。
これは本当に安部首相が書かれた本なのでしょうか?
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 1.0 お坊っちゃん首相のナイーブさ 2015/7/19
投稿者 Kindle Customer
形式:Kindle版
安倍氏が自分で全部書いたかどうかは分からないが、一応そうだと仮定しての感想。

著者も断っている通り、この書は政策議論ではなく、安倍の国政や国情に対する思いを述べたもの。
そのため、安倍晋三という人がどんな「思い込み」や「勘違い」をしているか、何から目を逸らそうとしているか、
何を信じたがっているかがよく分かる。
またその論理の展開の仕方から、彼の教養や思考力の程度も推察ができる。

その意味で、わが国の首相たる安倍晋三という人物の思考を知るには大変参考になる。

例えば、重慶でおこなわれた日中代表チームによるサッカーの試合で、観客から日本チームに激しいブーイングが起きたことについて、
「彼らの誤解を解き、日本人が礼儀正しい民族であることを知ってもらうために、もっと中国人に日本に来てもらい、日本を知ってもらうべきでしょう」という趣旨のことを述べている。
ところが驚いたことに、そう書きながら日本軍が重慶を爆撃した事実には一言も触れていない。

もちろん爆撃は70年も前のことで、サッカーの観客も選手も遙かに後の世代なのだから、中国政府のプロパガンダの結果には違いない。
日本軍の爆撃と中国政府のプロパガンダ、その両方を知っていて初めてこの事象の説明が
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 若者に向けて平易に書かれている
勉強の行きぬきになんとなく読んでみた.安倍総理の著書.「おわりに」に書いてあったが,若者に向けて平易に書かれている.外交出身という事もあって,外交における彼の関心... 続きを読む
投稿日: 23日前 投稿者: RYOLOGY
5つ星のうち 3.0 安倍首相の「戦後レジームからの脱却」の危うさはどこにあるか
 安倍首相は、2006年、第1次安倍内閣が成立する直前に『美しい国へ』という著作を著

し、自らの政治理念を次のように述べている。... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: ヨウスケドン
5つ星のうち 5.0 「首相学」の本
誰にでも読めるように書いてある「首相学」の本。久し振りに、自分の国の首相を、誇りに思えました。以下素晴らしいまえがき一部抜粋。... 続きを読む
投稿日: 21か月前 投稿者: アマゾネス
5つ星のうち 5.0 純粋に祖国に誇りを持ちたい!
安倍さんが再び総理となり、加筆版も出ているそうですが手に入らなかったのでこれを読みました。... 続きを読む
投稿日: 2013/8/11 投稿者: Draco. K
5つ星のうち 1.0 安倍と統一協会
これを読んで、「あっ!」と思った方がいると思います。そう、この本の内容は、統一協会の「世界日報」と内容がそっくりなんです。... 続きを読む
投稿日: 2013/4/6 投稿者: 福山雅治
5つ星のうち 5.0 安倍さんがんばれ
なかなか興味を持って読ませてもらいました**************
投稿日: 2013/3/5 投稿者: 陶 昭
5つ星のうち 5.0 素晴らしい内容の本です
安倍総理の基本的考え方が理解できます。
戦後レジームからの脱却の必要性がよーくわかります。
選挙権のある方の一読をお薦めします。
投稿日: 2013/1/22 投稿者: 日本男子
5つ星のうち 5.0 日本のリーダーとしての使命を自問自答し、ぶれずに明確に答えた希望を感じさせる書
 マスコミでは保守本流や保守タカ派の安倍総理ですが、「保守」がどんな意味で使われているのかあやふやなことありませんか?... 続きを読む
投稿日: 2013/1/20 投稿者: モリ蔵
5つ星のうち 4.0 今回は頑張ってほしい
安倍さんが再選し、まだ読んでいなかったので急いで購入しました。
投稿日: 2012/12/25 投稿者: 日本はどうなる
カスタマーレビューの検索

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す