Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
続日本紀(上) 全現代語訳 (講談社学術文庫)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

続日本紀(上) 全現代語訳 (講談社学術文庫) [文庫]

宇治谷 孟
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,350 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
大阪は、深い。「大阪論」フェア
お笑い、商売、食い倒れ…。大阪への愛と洞察で大阪への深層を探る。 「大阪論」フェアをもっと見る。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

続日本紀(上) 全現代語訳 (講談社学術文庫) + 続日本紀(中) 全現代語訳 (講談社学術文庫) + 続日本紀(下) 全現代語訳 (講談社学術文庫)
合計価格: ¥ 4,320

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

日本書紀に次ぐ勅選史書の待望の全現代語訳本書は全40巻のうち文武元年から天平14年までの14巻分を収録。大宝律令成立、平城遷都、藤原氏台頭など中央集権の古代国家建設に至る歴史を物語る重要史料

内容(「BOOK」データベースより)

『続日本紀』は、『日本書紀』に次ぐ勅撰史書である。古代史研究に不可欠の重要史料でありながら記紀のように詳細な解説がなされなかった四十巻全篇に現代語訳を試みたのが本書である。上巻は、文武元年から天平十四年までの十四巻を収める。大宝律令制定・平城遷都という統一国家確立に至る表舞台を軸に、藤原氏の台頭・大仏建立などの史実が庶民の姿を交じえて語られる。古代史新発見に必読の書。

登録情報

  • 文庫: 432ページ
  • 出版社: 講談社 (1992/6/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061590308
  • ISBN-13: 978-4061590304
  • 発売日: 1992/6/5
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 96,306位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 訳文はすごくいいです。 2008/10/11
形式:文庫
上巻は文武天皇初年から聖武天皇天平14年まで収録。
訳文は大変読みやすいです。
注は、大半が文中にかっこ書きすることで処理されており、それが出来ないものは巻末にまとめてあります。
成立と六国史についての簡単な解説、主要事項年表、四等官表の付録あり。

ものすごく良い本なのですが……白文でいいから原文もつけてくれ、というのは贅沢でしょうか……。
その一点でのみの減点です。
原文いらないよ、という方だったら星5つでおすすめできます。
このレビューは参考になりましたか?
15 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 読みやすいです 2006/3/22
形式:文庫
読みやすく、通読するのに非常に便利です。

古代史に興味のある人に、特にお勧めです。

読みやすいので楽しみに読むもよいですが、

私は卒論を書くときに、この本と原文をつき合わせながら、

索引代わりに使っていました。
このレビューは参考になりましたか?
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:文庫
文学ではなく歴史書であり、歴史用語・固有名詞満載のこの本の現代語訳に、どれだけ注を付けるべきかというのは難しい問題です。注を付けすぎると読みにくくなるからです。しかし、私は、こう考えます。「日本の古典の中でも古い時期のこの本は、きわめて難解であり、そのおもしろさを味わうためには漢文を現代語訳しただけでは不十分で、十分な注が必要である。この本の注はあまりに少なすぎる。」ということで、どうせかなりの時間を消費して読むのですから、少しでも良い本を読みたいという観点から、続日本紀を読むには東洋文庫の方がいいと思います。しかし、この本は、考えて見ると、他のレビューアーさんがお書きになったように索引的な使い方もできるし、東洋文庫と比べることもできるし、値段も安いし、非常に貴重な存在だと思います。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック