Amazon Kindleでは、 続・革命の日 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

続・革命の日 (Wings comics) コミック – 2001/5/25


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

男から美少女に転身してしまった恵のもとに、我こそはと彼氏候補に名乗りを上げる元、悪友たち。だがそんな彼らに強力なライバルが出現!
陰で糸をひくのは策士・麻琴……。描き下ろしの後日談「365歩のマーチ

登録情報

  • コミック: 189ページ
  • 出版社: 新書館 (2001/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 440361633X
  • ISBN-13: 978-4403616334
  • 発売日: 2001/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

18 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 美沢 投稿日 2002/2/8
形式: コミック
我こそはと彼氏候補に名乗りを上げる神明たちに強力なライバル、真琴の弟、実琴が登場です。
恵、実琴がかわいくて、神明先輩たちも相変わらずステキで、真琴は相変わらず策士です。
同時収録の「運命の日」では恵が女っぽくきれいになってます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 コミック大好き 投稿日 2006/10/2
形式: コミック
この本は「革命の日」の続編にあたります。

が、私にとって、「続」のほうが衝撃的でした。

今まで少女マンガとたかをくくっていた私ですが、こんな展開がありなのかと衝撃をうけた

作品です。と同時に、私の2000冊はある蔵書の中のナンバーワンに輝きました。

何がいいって、主人公 恵の友達の弟に、女の子の情緒が描かれるシーンでしょうか。

今まで男の子を寄せ付けなかったのに、この瞬間だけでガッツポーズしてしまうくらい

感動しました。

とにかく面白い!この本を読む場合、「革命の日」を読んでないと面白さ半減ですので

注意です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "ポロン" 投稿日 2003/5/7
形式: コミック
・・・・こんな面白い漫画がかけるなんて、なんて素晴らしいんでしょう。
しかも絵も綺麗だなんて、反則です(笑)
笑いながら、胸キュンしてます。
男として高校生まで生きてきた主人公が実は女だったという、実際にあるらしい設定なのですが、主人公の恵ちゃん可愛いすぎます。それで結構満足してたんですけど、この<続>では、恵の親友である真琴の弟・実琴が登場。そして、実琴のあまりの愛くるしさに惹かれちゃう恵。
ああ~でも実琴なら許す~、とそんな感じでした。だって、実琴も可愛いんだもん(笑)
絵だけでなくストーリーもよい!笑いのツボはばっちり押さえられて、読むたびに悶絶(笑いと胸キュンで)してます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 natuki 投稿日 2007/12/3
形式: コミック
つださんの作品は、現在のところ、こちらのシリーズが唯一知っているものです。
(○王さんは別ですが)
絵はとても綺麗で、私好みでもあり、良いと感じました。
ストーリーは、続じゃない方から通しで読みましたが、やや展開が速いか?とも
感じつつ、なかなか挽きつけられるものがあります。
具体的にどのシーンが良かったとかいうのが、今の時点では出せないけれど〜…
続じゃないほうでひたすら仏頂面ばかりだった恵が、実琴によって笑顔を見せたり、
かわいくなったり…そういったあたりがほほえましい。
このへんから、4人組の影すら薄く感じられたんですが、私的には、恵の母や父の
思いも描写がもっとあれば嬉しかったかも。

最近、長編・ベテラン作家のものは時に読んでいても、若手の短編は、本当に久々に
読んだ気がしたので、テンポについていくのに多少戸惑った私がいましたが、
楽しく読みました。
おそらく、私が10台のコミック好き少女であったなら、間違いなく☆5つ付けていたこと
でしょう(笑)。年をとりすぎている(感性も)ってことですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック