通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
数量:1
絶対可憐チルドレン 26 (少年サンデーコミックス... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 豆ノ木書房A
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古書として特に大きなイタミなし。帯なし。アマゾン専用在庫につき品切れはありません。丁寧に梱包の上、迅速な発送を心掛けます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

絶対可憐チルドレン 26 (少年サンデーコミックス) コミック – 2011/6/17

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 453
¥ 453 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 絶対可憐チルドレン 26 (少年サンデーコミックス)
  • +
  • 絶対可憐チルドレン 27 (少年サンデーコミックス)
  • +
  • 絶対可憐チルドレン 28 (少年サンデーコミックス)
総額: ¥1,359
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。




登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/6/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091228720
  • ISBN-13: 978-4091228727
  • 発売日: 2011/6/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
「あの娘とスキャンダル」
皆本と賢木と紅葉が楽しく遊んで親睦を深めてみようと
いうエピソードだったのですが、フェザーの介入で
なんと二手に分かれてのデートとか化し、
皆本はフェザーの手によりチルドレンの危惧通りの危機(?)かと思いきや・・・衝撃の展開が。
ちょっと薫が物分かり良すぎる気もするけど、
悪く言えば皆本にとって都合のいい女に
なろうとしてるっていうなら、それはそれで納得。
紅葉も「あれ、本命は賢木なの?」と思いきや・・・「そっちかよ!」と。
二転三転する展開が楽しかったです。

「600万ドルの男」
ロリコンだとか乙女だとか色々言われていても
皆本は仕事も有能なスーパーエリートだということを改めて認識させられる話です。
普段チルドレンその他の濃いメンバーに振り回されまくりなので
久々にイキイキしてる皆本は見ていて楽しいですね。
それにしてもサイコキノと一緒に生身で空飛んだり
派手にドッグファイトやっちゃってるわけですが
筋トレは不可欠なんだろうなあ・・・。
コメント 5人中4人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 devidead トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/6/19
形式: コミック
最近、高校生に見間違えられるぐらいに大人びてきた薫と
表紙で知性派イケメンぶりを発揮している皆本が、ついに…。

これは薫本人の心情への変化もさることながら
抜け駆けされた形の葵と志穂がいつか知る事になるのか、
三人娘の関係への変化など今後の展開が気になるところ。

パンドラ・紅葉お姉さんの意外な一面をメインエピソードにおいて
作品全体の流れのポイントも描いていく作者の力量はさすが。

ところでカバー裏のカラー四コマ。
かつて「Mr.ジパング」が打ち切られた無念は払拭したのでしょうか?
コメント 1人中1人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 ブラック珈琲 トップ1000レビュアー 投稿日 2011/6/17
形式: コミック
 まあ「それ」も、フェザーの仕業という面が多分にあったんですけどね。本人、何もなければ自分が皆本と――という気が満々に傍目には見えましたし。今回のフェザー、やたら色っぽかったです。それにしても、薫、未来のクイーン、フェザー……。この3人の関係性、「皆本を好き」ということで共通している以外でまだ何かあるのかもしれませんね。
 紅葉メインの前半の話、大いに楽しんで読めました。P.A.N.D.R.Aのことをより掘り下げるエピソードでも、これはありましたね。紅葉の兵部への想い、これもまた端的に描かれてもいました。皆本と兵部の共通性、それについてもまた……。あと紅葉の、意外な萌え属性についても。
 後半のコメリカに皆本が招聘されてのレベル7の子供のお守りの話、これはかつてのチルドレン再びとそんな流れにとなりそうで……。でも兵部が、P.A.N.D.R.Aがそこにと介入を画策しているようで、これはP.A.N.D.R.Aの強力なエスパー勧誘の流れ?問題の子とその兄とのきっとあるに違いない確執も含め、見所の多い話にとなりそうです。
 乙女モード全開の薫がしかし可愛い、自然に皆本の唇に視線を向けてしまうとか、皆本と手が触れただけで過剰に反応しちゃうとか、薫ってば本当に恋に夢中ですね!でも変に背伸びせずに、色々と努力したり思慮深く行動しているのがいい感じでした。そんな薫よりある意味もっと「乙女していた皆本」が印象に残った26巻、次巻も待ち遠しいです。
2 コメント 10人中7人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
具体的な「敵」がおらず敵味方入り交じってだいぶ仲良しになって、日常系安定期に入ってるような気がする最近。各キャラの掘り下げが行われ、恋愛軸が進展し、次のバトル展開への「溜め」なのかなと思いました。わりとこの著者の本はごちゃごちゃしてる印象があったので、こういうふうにのんびり誌面をつかえることに驚き、力量のすごさをあらためて実感しました。
コメント 3人中2人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック