通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
結界師 (1) (少年サンデーコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

結界師 (1) (少年サンデーコミックス) コミック – 2004/2/18

5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 結界師 (1) (少年サンデーコミックス)
  • +
  • 結界師 (2) (少年サンデーコミックス)
  • +
  • 結界師 (3) (少年サンデーコミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 26pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者:田辺イエロウ


登録情報

  • コミック: 190ページ
  • 出版社: 小学館 (2004/2/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091270611
  • ISBN-13: 978-4091270610
  • 発売日: 2004/2/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ふるむーん 投稿日 2009/6/6
形式: コミック
既刊24巻まで読んでのレビューです。

ファンタジー、或いはバトルを扱う長編少年漫画としては、かなりハイレベルな部類に入る作品だと思う。
序盤こそいまいち盛り上がりに欠ける展開が続くが、兄・正守の登場以降は世界観にも幅と奥行きが出来、読者を飽きさせることはなくなる。
「結界術」という技の応用性、能力の描き方、柔・剛、軽・重のメリハリが利いた物語展開など、良い点を探せばいくらでもあるが、例えば人間関係の距離感。
主人公とヒロイン、兄と弟、正統と非正統、使うものと使われるものetc.、ここらへんの演出・設定の妙は他の少年漫画とは一線を画すレベルですね。
「主人公の強さと危うさ、それに対する周囲の評価」といった、物語のスパイスとなる要素の描き方にも同様のことが言えます。
なにより素晴らしいのは、これだけ長く続いても世界観やキャラクターの設定に破綻がほとんど見られない点。
「作者が描きたいものを描きたいように描けている」。
実際はどうか知りませんが、少なくとも私にはそう感じられる良作品です。

まだまだ回収していない伏線はたくさんありますので、この先も楽しみですね。

既述したように、序盤は若干の辛抱を要する展開が続くかもしれません。
少なくとも5、6
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 CROWN 投稿日 2007/3/31
形式: コミック
このマンガは序盤はただ現れた妖を倒していくだけなので最初の方を読んだ人はあまり面白くないと思うかもしれません。私も今ひとつだなぁと思いました。 しかし、話が進むにつれてだんだんストーリーが深まってきます。「烏森」の地そのものの謎、「裏会」の幹部達、烏森を狙う組織などなど。
絵は線がわりと少な目ですっきりとしていて見やすいです。個人的には好きな絵です。
とにかく、このマンガは後半に行くにつれて面白くなっていくので、一巻でイマイチだと思っても読み進めてみることをおすすめします。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 火黒 投稿日 2006/10/31
形式: コミック
一巻の評価としてはこれ位ですが、総合的に見てとても面白いマンガです。 ですがこのマンガは徐々に加速していくマンガですので、自分もそうでしたが、一巻だけを読んだ方は物足りなかったことでしょう。個人的には四巻以降からがこのマンガの持ち味が上手く出てくると思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
一巻では割と能力者主人公の妖怪退治ストーリーとしてやや平凡な漫画に見えるかもしれません。
でも結界師の面白さはそれが全部ではありません。良守に関わる(或いは殆ど絡まない)キャラクターたちのストーリーがとても魅力的なんですよね。
それは時に正当少年漫画であったり、酷く退廃的であったり、とても多様な展開を見せます。
それに適応できないという人もいるかもしれませんが、ちゃんと定期的に主人公(と舞台)へ話が戻ってくるので、長期的に読んでいくと安心できます。
良守の親しみやすいキャラがそれをしっかり支えていて、その構成の妙が面白い漫画でもあります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
昔話から始まる、謎の土地「烏森」

夜な夜なそこに訪れる、妖怪を独自の技「結界術」で滅する結界師の二人。

同業者だというのに、なぜだか仲の悪い、墨村家と雪村家の二大結界師の

正統後継者である、主人公 良守と、ヒロイン時音繰り広げる物語です。

妖(あやかし)が、烏森に来るとパワーアップするという初期設定と、

結界師が操る、正方形の封印とでもいいのでしょうか、妖を囲んで退治します。

一巻では、あくまでも序章としてしか語られないので、物足りなさがあるかも

しれませんが、結界師の基本がシンプルに描かれています。

また、良守の思い、時音に二度と傷つけたくないという、想いが生まれる

エピソードは、今後に繋がる重要なキーワードになっていきます。

パティシエの浮遊霊は、今巻ではこれといった話題になりませんが、次巻までの

繋ぎです。ちょっとほんわかする話が待っていますよ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
面白いけど

男キャラがカッコよくて、物語の展開もよくて、敵やアヤカシのデザインもすごくいいんだけど

女キャラまたはヒロインが華がない、魅力が感じられない

ここだけが残念

女でも敵の女型アヤカシは良かったんだけどね
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック