¥ 3,672
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
経済学のための数学入門 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

経済学のための数学入門 単行本 – 1996/1

5つ星のうち 3.1 9件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,672
¥ 3,672 ¥ 499

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 経済学のための数学入門
  • +
  • 経済学・経営学のための数学
総額: ¥7,128
ポイントの合計: 68pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

より楽しく数学の使い方を学び美しき「論理」の世界へと導く経済数学の決定版テキスト。

内容(「MARC」データベースより)

経済学に使う数学を基礎の基礎から詳細に解説。図版を多用し、練習問題も充実。定理に対する厳密な証明。学部学生から大学院生まで幅広い読者層への対応をめざし、ミクロ、マクロ経済学で使う数学を幅広くカバーしたテキスト。


登録情報

  • 単行本: 375ページ
  • 出版社: 東京大学出版会 (1996/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4130421018
  • ISBN-13: 978-4130421010
  • 発売日: 1996/01
  • 商品パッケージの寸法: 22 x 16 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 179,621位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
動学的最適化はカバーしていないが、定理等の証明は非常に厳密に与えられており、文科系の学生が「数学的思考とは何か」を実感するのに最適の本。この本を隅から隅までマスターするのはキツいが、大学院で経済学を学ぶ人なら絶対手元に置いておくべき本。岡田章さんの「経済学・経営学のための数学」はもう少しとっつきやすく(厳密な証明等避ける意図で、ちょっと定理の証明等が厳密でないところがありますが)、本書と併用することでかなりの効果が期待できるんじゃないかと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
第1章はとてもすばらしい導入・入門であるように思います。
できれば、第1章は多くの人に読んでほしいのですが、章が
進むにつれて、その「気合」の入り方が徐々にトーンダウンして
しまうように思います。また、例が少なすぎるので、入門書としては
全然役にたちません。1章がいいだけに惜しいところです。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は数学を厳密に理解したい人は全部をきちんと理解すること、学部生で手っ取り早く済ませたい人は、ごく一部の公式を暗記し、問題を解くことを求められる。前者の道は容易でない。後者の道は、本書の数分の一であり、コストに合わないだろう。なんとなく定理を追い、問題練習で力をつけよう、という道は、用意されていない。途中で躓いたら、潔く撤退することである。ただ本書の趣旨からいうと積分と微分方程式を扱った8章はいかにも中途半端である。5章の行列の説明などを見ると、行列の形を見ながらでないとイメージがわかないような人は対象外のようであり、8章がわからないのも仕方ないのであろうが。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 キャベツ太郎 投稿日 2003/10/24
形式: 単行本
なんのひねりもない数理経済学の解説書だが、入門とはこれいかに??
内容は数理経済学を専攻する院生ならともかく、とても入門とはいえない。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
よく経済数学の教科書として挙げられていますが以下の人は手を出さないでください。
・高校時代数学が苦手だった人
・大学数学についていけてない人
・にもかかわらず経済学大学院に進んでしまった人
これらの人は英語ですがSimon and Blumeやミクロ経済学の教科書の数学附録などをやった方がよほどいいです。
(数学が得意な人はこの限りにありません。)
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック