通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
経済学に最低限必要な数学 [増補改訂版] がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2010年6月増補改訂版第1刷 スレ・汚れ等少々ありますが状態良好です
買取サービス
最高買取価格

¥ 132
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

経済学に最低限必要な数学 [増補改訂版] 単行本 – 2010/6/18

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,320
¥ 4,320 ¥ 2,643

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 経済学に最低限必要な数学 [増補改訂版]
  • +
  • ミクロ経済学の力
総額: ¥7,776
ポイントの合計: 184pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

最先端の経済理論を読みこなすために最低限必要な数学を、直観的理解を大事に、経済学に応用して十分使いこなせるよう工夫した。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

吉田/和男
1948年生まれ。1971年京都大学経済学部卒業、1985年京都大学工学博士号、1987年京都大学経済学博士号。現在、京都大学大学院経済学研究科教授。専門は数理経済学、公共経済学

島/義博
1974年生まれ。2005年京都大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学(経済学修士)。現在、龍谷大学・皇学館大学非常勤講師。専門は数理経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 380ページ
  • 出版社: 日本評論社; 増補改訂版 (2010/6/18)
  • ISBN-10: 4535556393
  • ISBN-13: 978-4535556393
  • 発売日: 2010/6/18
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 892,410位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
タイトルの「最低限」の意味は「上級のテキスト、論文、最先端の経済理論を読みこなすために最低限必要な数学」という意味でして、内容は相当高度な数学です。「数理経済学の入門書は『理学的』な数学を取り上げていることが多いが、本書は『工学的』な数学を取り上げている…」と著者が言っているように、最適化のクーン=タッカー条件、最適制御問題、ダフィーで最初につまずく分離超平面とかたしかに工学的です。
直感的理解を優先したということで、厳密な定義などは端折ってありますから、もっと細かく勉強したい場合は、数学の専門書を紐解くことが必要になるでしょう。ただし、経済学を勉強したい人が、ごりごりと数学を勉強する余裕はないでしょうから、この本で直感的に理解しつつ経済学を勉強し、必要になればより専門的な数学を勉強すると言うことになるでしょう。この本はそういう専門的な数学への橋渡しのような本といえると思います。
コメント 7人中6人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
タイトルに騙されてはいけない。 他の方が仰る様に、これは上級の、ある特定の分野のテキストを読むのに必要な数学なのだろう。 筆者が工学博士を持っていることからだいたい推測できるが、特にシステム制御を経済学に導入して書いてある。 最適化制御には主に古典制御と現代制御がある。経済学はだいたい現代制御くらいしか使わないのだが、この本ではラプラス変換を説明しながら古典制御も導入している。 大学の生協に置いてあったのだが、学部生向けではないし、タイトルも語弊を生みやすいのではないかと思う。 数学にある程度興味がある経済学部生はまず、チャンの経済数学のテキストを読む方が良い。その方がよっぽど時間を有効に使える。 チャンの経済数学を終え、更にチャンの動学的最適化くらい読み終えたら丁度良いのでは? 理解できなかったからといって、絶望する必要は全くもってない。 また、この本は他の経済数学書には書いてないことが載っているが、他の経済数学書に書いてあることが載っていない事項も多いので、この本が読めたからと言って必ずしも経済数学をカバーしているとは言えない。
コメント 12人中9人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本 Amazonで購入
数学の直観なら長沼伸一郎さんの本(物理数学の直観的方法)のほうがいいかもしれません。
しかし、説明はわかりやすいです。
文系の数学としてはいいと思います
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック