中古品
¥ 1,078
中古品: 良い | 詳細
発売元 いけま書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご覧頂きありがとうございます。使用感はありますがカバー、中身ともにきれいな状態です。クリーニング済みです。検品には万全を期していますが、不備がありましたら、即対応させて頂きます。 ご不明な点などございましたら、遠慮なくご質問くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

経済学と経済学に必要な数学がイッキにわかる!! 単行本 – 2009/3

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 820

この商品には新版があります:


click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

経済学の理解に必要不可欠な数学を効率的にマスターする書。学部レベルの経済原論の理解に不要な経済数学は思いきって省略し、必要な数学的知識は、小学校・中学校の知識も第1章でていねいに解説。公式などの意味を、数式を使って正確に説明するだけではなく、話し言葉で「要するにどういうことか」をていねいに説明。ビジネスでの課題や日常生活での疑問を解決するという形で、数学と経済学と関連づけて説明。「CHECK LIST」→「とことん解説」→「ポイント整理」→「確認テスト」の流れで効率的にマスターできる。

内容(「BOOK」データベースより)

大学の講義を理解する、資格試験に受かるための経済学と必要最小限の数学をとことんやさしく解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 247ページ
  • 出版社: 学習研究社 (2009/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4053028981
  • ISBN-13: 978-4053028983
  • 発売日: 2009/03
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 363,073位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
経済学の入門書として定評のある「経済学入門塾」の著者による、経済数学の解説書。四則演算から始まり、関数、微分・偏微分、単利・複利、割引現在価値を経て、最終的には平均・分散・相関係数までカバーしており、経済学というよりは証券アナリスト試験の範囲に沿った内容。本書の最大の特色は、これまで経済数学に必須とされてきた「線形代数」「確率」をばっさり割愛している点にある。経済数学の書籍としては賛否分かれるところだが、入門書としてはこういう手法もアリだと個人的には思う。むしろ、タイトルこそ「入門」と銘打ってるものの超難解な書籍に比べると、文系学生が抱きがちな苦手意識を払拭せんとする誠実な姿勢がうかがえる。中学・高校の数学から永らく遠ざかっていた社会人・文系学生には、第一冊目として文句無くオススメ。...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
書名は「経済学と・・・」となっていますが、「数学と・・・」のほうがしっくりくる感じです。
数学が苦手だという人はつまるところ計算とグラフが苦手なのであると思います。この2つの基本を押さえるのにこの本は、内容の詳しさ(痒い所に手が届く)、分量もちょうど良いと思います。とりあえず、数学に自信がないけれども、時間もそんなに無く、どこからわからないかもわからない人は是非使ってみて欲しいです。
著者は文系出身であるからか、数式の説明も文系的な説明で数学に苦手意識がある人にも理解しやすいと思います。また、これくらいの式の展開は省略してもわかるだろう・・・という説明が少ないので、数式を追ってる段階でわからなくなることも無いかと思います。
構成はまず数学知識のチェック項目があり、その後詳しい説明となっています。
購入する際、これはちょっと値段が高いかなと思いましたが、人に教える際の参考になる説明が多いので重宝しそうです。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
社会人大学院で経済学研究科に進むことになり、嫌が負うにも経済学(経済数学)の
基礎の基礎から学び直さなければならなくなり、この書籍にたどり着きました。

10数年前に経済学部に所属していながらも、経済学を避けてきた私。
大学受験でも数学を選択しなかったため、中学数学レベルでの受講となりました。
(微分積分とはなに???という恥ずかしい限りのレベルでしたので)

大学院で経済学(しかも無謀に計量経済学)を研究することになりましたので、
当初大学院受験レベルでどの学術書を読めばよいのか、ネットから情報を得ました。
(学部生、大学院生、講師、准教授クラスが薦める学術書です。)

その結果、ACチャン「入門経済学の数学基礎 上下」、佐々木「経済数学入門」が
基礎の基礎から学べるということで早速読んでみましたが、3割も理解できず
結果、眠たくなる始末でした。

その状況下で出会ったこの書籍ですが、端的に「分かりやすい!」という評価です。
文章が非常に懇切丁寧で、数式の説明においても逐一解説が施されているため
全く詰まることなく最後まで読み進めることができました。(しかも3日で!)

勿論、この書籍だけでは
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック