¥ 929
通常配送無料 詳細
12点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
経営組&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

経営組織―経営学入門シリーズ (日経文庫) 文庫 – 1999/1


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 84


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

経営組織―経営学入門シリーズ (日経文庫) + 組織デザイン (日経文庫) + 組織戦略の考え方―企業経営の健全性のために (ちくま新書)
合計価格: ¥ 2,776

選択された商品をまとめて購入



オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

組織は様々な視点から捉えることができますが、本書は「組織の内部で働く個人の視点」から、組織のメカニズムを解説します。組織は、個人では実現できないプロジェクトを可能にします。組織を運営する際、モチベーション、リーダーシップ、組織文化など様々な課題に直面します。組織における個人の行動から、経営戦略との関係、組織変革まで、経営組織に関わる重要なトピックスを網羅的に取り上げました。

登録情報

  • 文庫: 206ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (1999/01)
  • ISBN-10: 4532105374
  • ISBN-13: 978-4532105372
  • 発売日: 1999/01
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 7,169位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

46 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tgs2001 投稿日 2001/3/18
形式: 文庫
本書はとても読みやすい。なぜだろうかと考えてみると、著者が苦心したように、会社組織のメンバー一人ひとりの視点に立って描かれているからではないでしょうか。 著者が気さくに語りかけてくる(笑)ので、いやおうなく、組織と個人のあり方について考えさせられます。 普通の(経営者のための)組織論とは違った切り口が新鮮です。
また、出典や参考文献紹介も充実しているので「組織論」のガイドブックとしても最適。中小企業診断士の科目、企業経営理論―組織論―、がイマイチ実感が湧かないという方も一読ください。薄いけど、中味は濃い一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 佐々木賢太郎 投稿日 2006/9/18
形式: 文庫
・本書は「働く個人」に「組織論ではこのように考えてますよ」と説明している本である。内容は決して半端ではない。

・本書1冊を読んでおけば、組織論は一通り話ができる人になれる。

・金井先生の軽妙な語り口に乗せられてしまうと、難しいはずの組織の問題もすらすら読めて仕舞います。

・筆者の場合、「マズローの欲求階層」が一番頭に残ってます。

・日経文庫なので携帯に便利ですが、内容の「質」は落ちていません。

・必携の一冊といえる本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 MBA 投稿日 2006/12/3
形式: 文庫
経営学というのは、経済学などと違って、体系的に学ぶのが難しいようです。中でも組織論は、さまざまな学問の「ものの見方(パースペクティブ)」を取り入れて進化しており、モザイクのような様相で成り立っています。

この本は、入門書ながらさまざまなものの見方(=レンズ)を網羅的に紹介しています。このようなテキストは、海外のものでは少なくなく、メアリージョーハッチやギャレスモーガンの著書がそれにあたります。著者は、これらのテキストのあり様を十分踏まえたうえで、日本で発展した理論レンズをも含めてテキストを執筆したようにみえます。

とにかく、コストパフォーマンスの高い著作です。大学・大学院で学ぶ人、企業の方を問わず、組織論を学ぼうとする人にはお奨めの一冊です。最近のポストモダンの潮流を取り入れて欲しかったので星を一つだけ減らしましたが、実際5つ星の価値があります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 雷電 投稿日 2006/8/20
形式: 文庫
本書は、序段において組織に関する学説的な視点を網羅的に触れ、そこから個人と組織との関わり方についてさらに深く踏み込んで詳説を行っている。

作品の構成としては章ごとに異なる見方を用いて組織の捉え方を紹介しているのだが、作品全体を通じてハイライトされていると感じた視点は下記の2点だ。

1.組織人と仕事人の対比

2.「平時」と「非常時」の双方への対応を意識した組織設計

1.組織人と仕事人の対比

従来型の日本の組織に所属する人は、組織人が多数派を占める。日本人特有の仕事中心性あるいは、日本人の組織と個人の位置関係の捉え方などにもよく表れている。ただ、この対比が単なる対比ではすまないと感じたのは、仕事に対するポジティブに感じる要因は仕事そのものから発生していることが多いの対して、ネガティブに感じる要因は環境(組織)から感じることが多いという研究結果が紹介されていることだ。すなわち、組織人は自己実現という目的を設定したときには非常に危うい存在であるということである。

2.「平時」と「非常時」の双方への対応を意識した組織設計

この視点に関しては様々な視点を通じた考察が行われている。リーダーとマネージャーの比較や、「非常時」に対応するためのリソー
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ふとあご 投稿日 2009/1/28
形式: 文庫
モチベーション、個人と組織のかかわり、リーダーシップ、組織文化、組織設計、組織変革
など組織論に関する代表的な学説が紹介された内容。
著者自身の考えというよりは、著名な学説がわかりやすく、網羅的に書かれているので、
用語集的な使い方もできるだろう。

また末尾には、本書で紹介しきれていない内容の文献も紹介されており、組織論の全体像を
とらえるには最適な一冊といえる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック