Amazon Kindleでは、 終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 473
通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス) コミック – 2013/1/4


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 473
¥ 473 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス) + 終わりのセラフ 2 (ジャンプコミックス) + 終わりのセラフ 3 (ジャンプコミックス)
合計価格: ¥ 1,419

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

未知のウイルスにより人類は壊滅、子供だけが生き残り、地下都市で吸血鬼に支配されていた。勝気な少年・百夜優一郎は仲間たちの犠牲のもと、ただ一人脱出に成功、復讐を誓う。優一郎が見た新しい地上の世界とは!?



登録情報

  • コミック: 201ページ
  • 出版社: 集英社 (2013/1/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088707052
  • ISBN-13: 978-4088707051
  • 発売日: 2013/1/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

37 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カネダ 投稿日 2013/5/1
形式: コミック
率直な感想は、うーん・・・という感じです。

吸血鬼自体がある程度使い古されたジャンルなので仕方ないとしても、設定の甘さとかキャラの薄さがとにかく目に付いてしまう。
まだ序盤ということもあって、キャラや設定の説明に偏るのは仕方ないですが、どうにも「説明臭さ」が強い。
だから主人公を見ていてもひたすら突っ走るだけで「一体何がしたいんだろう」と思ってしまう。

ただしビジュアル的なカッコよさ、美しさは素晴らしい。好きな人には堪らないでしょう。(吸血鬼・軍服・刀など)
今作は完成までにかなりの時間を費やしたそうですが、ちょっと煮詰めすぎたのかも。
次回はもっと思い切りの良い展開を期待します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ふるむーん 投稿日 2013/1/10
形式: コミック
正直、ストーリーと設定に関しては稚拙です。
1巻だから、顔見せ程度だからでスルー出来る線をやや越えてしまっている感があり、「細部を気にする人は楽しめない」のではなく「細部を気にしない人じゃないと楽しめない」というレベル。
山本ヤマト作画でなければ、おそらく私は2巻を買いません。

と、少々辛めのレビューとなりましたが、それでもまだ1巻です。
この段階での私の判断の方が稚拙だったと、この先そう思わせてくれる展開になってくれることを望みます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2013/7/30
形式: コミック
絵に惹かれて衝動買いしましたが、期待はずれもいいとこです。
使い古されたテンプレ通りのキャラクターに、入り込めない世界観。
吸血鬼、軍、鬼…と、名前だけ聞くととても面白そうなのに、ここまでつまらないのはなんなんでしょう。
全部設定をセリフにして登場人物に喋らすから、リアリティが感じられないのかもしれません。それに加え、「協調性のために友達つくれ」みたいなセリフや、寒いギャグ…

原作者曰く、大変力を入れて練られたものらしいですが、信じられない。
お決まりの、僕頑張ったんだよ〜アピールかよ、とあとがきを読んで一気に冷めました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 セーラーセラフ 投稿日 2013/1/5
形式: コミック
紅小説時代から好きだった山本ヤマトさんの新連載なのでひとまず買ってみました

なんか三つの勢力の戦いになるらしいんですがこの巻はやはり最初という事でキャラの顔見せって感じですね

個人的に良かったのはシノアが可愛い(ヤマトさんは可愛い女の子を描くことに定評ありますね)というのと、主人公がデカくなって最強レベルになって・・・ないという所です。これから弱気な友達と強くなっていくのを期待してます

ちなみに星1つ減らしたのは、絵とキャラは凄く良いと思ったのですが、話が特徴ないというかまだ引き込まれるレベルには感じなかったからです。
ただこれからどんどん面白く出来ると思うので楽しみです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 風車 VINE メンバー 投稿日 2013/1/9
形式: コミック
山本ヤマトさんの絵が好きで買いました。

文庫から数年がたった世界なので、
世界観はすんなり入りました。

ミカエラ君とグレン君は文庫にも出ているので、
出てきたときはちょっとにんまりしてしまいました。

内容は、人口が減り、吸血鬼が支配するなかで、孤児院の仲間たちと暮らす主人公。なんとなく名字気になります。
そして友人のミカエラ君と、仲間と共に脱走を試みるなかで、他のすべての仲間を犠牲にし、一人地上へ脱出します。
そこでは、小説で大活躍中? のグレン率いる軍がいて、人間が暮らしていた。
そこで主人公は決意をして、戦いに身を投じていく話です。

一話ずつ話があれよあれよと進んでいくので
とても面白いです。ダークファンタジーなので、最初主人公を始め仲間は辛い思いをしますが、
そこを抜ければ、ドキドキなストーリーが続いていくのではないかと思います。
主人公がどう化けるのか楽しみです。

文庫を読んでから読むと、
鬼を使役している点
グレンが所属する軍
グレンの周りの仲間
が気になります。文庫キャラまだ出てくると良いなー。

あと、一番気になるのは、文庫も漫画も一番近い友人が最大の敵になりそうな予感がするところ。
まだまだ序盤なので、どうなるでしょうか!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック