中古品:
¥ 3,089
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: リーフレット・ハガキ付き。ケース、盤面共にキレイです。こちらの商品は擦れ・汚れ防止対策としてクリスタルパックへ入れ、Amazonの倉庫で保管されており、Amazonより迅速に発送され、代引きやお急ぎ便などの発送オプションをご利用可能です。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 881
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

細雪 [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:5¥ 7,931より 中古品の出品:6¥ 2,475より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 佐久間良子, 吉永小百合, 古手川祐子, 石坂浩二
  • 監督: 市川崑
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • DVD発売日: 2004/03/26
  • 時間: 140 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (29件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0001BUDSM
  • EAN: 4988104022202
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 53,831位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   市川崑監督が谷崎潤一郎の原作小説に挑み、そのリリシズムと美意識を艶やかに開花させた名作。昭和13年。戦争の足音が近づく大阪・船場の名家薪岡家の四姉妹は、三女雪子の縁談の話や四女妙子の奔放な言動など、何かと騒々しい日々を送っていた。そんな折り、長女鶴子の夫、辰雄が勤め先の銀行から東京転勤の辞令を受ける。春の1日、京の桜の下で遊んだ四姉妹に別れの日が近づく…。
   これが3度目の映画化となる「細雪」だが、市川監督は20年間この原作の映像化を望んでいた。だからといって映画の中に気負った部分はまったく見あたらず、むしろ4人の姉妹それぞれのキャラクターを鮮明に描き分け、そのやりとりを快適なテンポで描いており、2時間20分という上映時間は心地よく過ぎて行く。また岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子といった女優たちの所作の美しさ、衣装の艶やかさも特筆もの。これほど女優を美しく捉えた日本映画は近来稀であろう。一方で次女の夫でありながら、三女に思いを寄せる貞之助(石坂浩二)の複雑な感情が微妙に表現されており、この映画の「艶」の部分をアンモラルに刺激している。(斉藤守彦)

内容(「Oricon」データベースより)

美しい四人姉妹のそれぞれの運命を、四季折々の風物を絡めながら描く、谷崎潤一郎の同名小説を佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子ほか豪華キャストにて映画化した作品。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5

最も参考になったカスタマーレビュー

43 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/12/25
とにかく映像の美しさは文句のつけようがない。冒頭の京都の花見のために4人姉妹が座敷に集まる場面から、障子にさす淡いピンクの光が作る陰影に目を奪われ、あとはため息が出るばかりシーンの連続。花見の場面の桜の花にあえて造花を使ったということを知って、美を追求するスタッフの心意気に感銘を受けた覚えがあります。4人姉妹の着物の絢爛たる美も特筆もの。20年前に劇場で見たときは、大げさに言えば日本人に生まれてきてよかったという感動で、しばらく席から立ち上がれませんでした。たしか原作は3年ほどの期間の話ですが、この映画では昭和13年の1年にまとめて、四季の移り変わりを見せてくれます。もちろん、役者さんの演技も見事。筋は三女の見合い話を中心に進んでいきますが、だれることはありません。その三女を演じるのが吉永小百合。私は吉永小百合、そして市川崑監督の映画を全部見たわけではありませんが、私にとっては本作品が彼らの最高傑作と思えます。DVDで見直してもその思いは変わりません。

ところが、音響面では、サラウンドが主流になってきているこのご時世に、モノラルはないでしょう、と言いたい。特典映像がステレオなら、本編の方もせめてステレオにしてほしいもの。折角のオンブラマイフと映像の調和もDVDでは今一歩の感を否めません。東宝が50周年を記念したその名に恥じない大傑作なのですから、音響面のリマス
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
42 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 akasatana 投稿日 2007/2/4
長い間ずっと待ってました。
この映画をDVDで出していただき、本当東宝さんには感謝感激です。
タイトルにあるとおり、無人島に一本映画を持って行くとしたらこれかなと言うくらい好きです。

星5つどころか、この欄一杯に星を埋めつくしたい。
映像の美しさ、演技、音楽、よく纏め上げた脚本、素晴しい演出。見ていた2時間半の間ずっと幸福な気分にしてくれました。

この映画は日本判「失われた時をもとめて」ではないでしょうか?
最後に長女がつぶやきます。
「みんなええ具合に行ったらええなぁ。」
まるでハッピーエンドのような終わり方。
彼女達の誰もがこの生活がいつまでも続くと無邪気に思っています。
けれども観客だけは知っているのです。
この後すぐに戦争と云う化け物が彼女達の幸福をめちゃめちゃにしてしまうことを・・・・

俳優陣も文句なしです!
吉永小百合に到っては、これだけの役をもらってもって瞑すべしと言うくらいの素晴しさでした。
勿論、岸恵子、佐久間良子はミスキャストぽいにもかかわらず最高の演技。
石坂浩二、伊丹十三も素晴しい!
また、脇役の新橋耐子や横山道代も一つ間違えると遣り過ぎになる所をうまくを抑え好演。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hide-bon トップ500レビュアー 投稿日 2007/4/9
四月、日本的情緒溢れる桜の季節である。
そして、満開に咲き誇る京都嵯峨野の桜と、4人の女優たちの息を呑む艶やかさで始まる、そこはかとない優美で絢爛な世界と言えば、今作である。
谷崎潤一郎の文学世界を市川昆が見事に映画化、他のレビュアー諸氏がこぞって賞賛する通り、四季の移り変わりを捉えたカメラ、戦前の関西芦屋の名家の人々の閑静な佇まいと品位、流暢な関西弁と、本当にこの映画は美しい。
そして、極めつけのスタイリッシュなモダニストである市川昆は、クローズアップの多用で、四姉妹の微細な感情の機微、確執、攻めぎあいをスリリングに描く。
そのケレン味と悠然さを兼ね合わせた演出に、観る者は、ただただ陶酔、眩惑させられるのみだ。
豪華俳優陣による演技のアンサンブルも見応え十分。
主演格の佐久間良子のしっとりとした大人の魅力も素晴らしいが、吉永小百合の奥ゆかしさの中での芯の強さと一瞬のしたたかさが絶品、この人気女優が、実は紛れもない演技派である事が分かる。
男優陣の石坂浩二と伊丹十三の養子らしい押しの弱さと、打って変わっての狡知ぶりも面白い。
純文学の映画化と言う事で敬遠される向きもある様だが、映画ファンは、新旧の「犬神家の一族」程度で盛り上がる事なく、この極めて日本的な傑作を堪能して欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 街道を行く #1殿堂トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/5/6
本当に素晴らしい映画でした。
市川監督が、谷崎文学の”美”を見事に映像化されました。
凄いことだと思います。市川監督は女性の表情を捉えるのが上手いですね
解説で、市川監督は原作を読んでどうしても映画化したいとの思いを抱いて、30年懸ってこの機会を得たと語っています。
満を持しての市川監督の演出は圧倒的です。

船場の商家の暮らしぶりは、現代からみれば異国のことのようにも思えるかもしれません。
しかし、その欠片のようなものは日本の彼方此方に残されています。
4人姉妹の物語で、東宝50周年記念作品と銘打たれていますので、それにふさわしい出演者の方々です。
女性にとっては、着物も興味深いのではないかと思います。
映画のために仕立てられた着物が次々と画面を彩ります。
日本の四季と日本家屋に着物が見事に生えて市川監督の映像美が結晶化したように思えました。
ここで語られる船場の言葉が本当の”大阪弁”です。
もう大阪で聞くことは余りありません。
因みに、今のTV用の大阪弁は、河内弁ですね。
美しい大阪の商人文化。次第に失われてゆく”美”を留めた映画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック