精神 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

精神 [DVD]

5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 815 (20%)
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 3,175より 中古品の出品:2¥ 3,183より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 精神 [DVD]
  • +
  • 選挙 [DVD]
  • +
  • Peace [DVD]
総額: ¥9,199
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ドキュメンタリー映画
  • 監督: 想田和弘
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2010/07/24
  • 時間: 135 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003JL0HT6
  • EAN: 4523215054331
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,321位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

こころの傷に特効薬、ありますか?
世界の映画祭で次々と受賞し、日本公開時には異例のロングランを記録した話題作。

『選挙』で世界を沸かせた想田和弘監督が、再びタブーに挑戦。カメラがじっと目を凝らす。固く閉ざされていた精神科の扉が開く!「こころの病」と向き合う人々がおりなす悲喜こもごもをモザイクなしで鮮烈に描いたドキュメンタリー。


STORY
「正気」とは?「狂気」とは?
外来の精神科診療所「こらーる岡山」に集う様々な患者たち。病気に苦しみ自殺未遂を繰り返す人もいれば、病気とつき合いながら、哲学や信仰、芸術を深めていく人もいる。涙あり、笑いあり、母がいて、子がいて、孤独と出会いがある。そこには社会の縮図が見える。代表である山本昌知医師のモットーは、「病気ではなく人を看る」、「本人の話に耳を傾ける」、「人薬(ひとぐすり)」。『精神は』診療所の世界をつぶさに観察。「正気」と「狂気」の境界線を問い直すと同時に、心の傷はどうしたら癒されるのか、正面から問いかける。

INTRODUCTION
想田和弘監督による観察映画題2弾!

監督は、ニューヨーク在住の映画作家・想田和弘。前作『選挙』に続き、ナレーション・説明・音楽一切なしで、観客が自由に考え、解釈できる作品を完成。「被写体にモザイクをかけると、偏見やタブーをかえって助長する」と考え、素顔で映画に出てくれる患者のみにカメラを向け、人間として鮮烈に描き出すことに成功した。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『選挙』の想田和弘監督が手掛ける「観察映画」シリーズ第2弾となるドキュメンタリー。外来精神科診療所「こらーる岡山」に通う患者たちにカメラを向け、ナレーションとモザイクを廃した独自の手法によって彼らのありのままを映し出す。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 picander トップ1000レビュアー 投稿日 2010/7/8
「紙に四角を描いて、その上に丸を3つ、バランスよく描いてください」
と山本先生が授業で言う。
生徒である看護師たちは(そして視聴者も)自分のイメージを紙に描く。
結果、それぞれ描いた四角と丸の組み合わせはバラバラで、驚かされる。

このようなコミュニケーションの齟齬を重ねて、私たちは日々暮らしている。
伝えたはずなのに、伝わらない。理解したつもりでも、わかっていない。
そして、精神障害はその齟齬と同じ地平にあることを、この実験が伝える。
伝えることは難しい。
だからといってその解決は伝えられない人に伝える技術を伸ばす訓練をすることではなく、
聞く人々が、伝えたい人の声を丁寧に聞くことからはじめなければならない。
語り手ではなく聞き手の姿勢、伝える人ではなく、聞く人のコミュニケーション、そこにこの映画の一つの主題がある。

どうせ伝わらないと諦めている人の声に耳を澄ませる。
精神障害は、私たちの隣人であり、私たちの心の一部である。
患者たちの、言葉は一つ一つが不安定だけれど、
四角と丸の図が多様であるように、理解の齟齬とその積み重ねが、コミュニケーションの豊かさを生む。
齟齬や誤解、不安定さがもたらすコミュニケーショ
...続きを読む ›
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
普通の人間としての精神障害者たちの喜怒哀楽が丹念に描かれています。
さまざまな苦しみを背負ったひとたち。
子供を殺めてしまったひと、
体を売って暮らしていたひと、
エリートコースから外れてしまったひと・・・・・・。
彼らの心の苦しみを映像化することを目指していますが、
表面的にのみしか成功していないといえます。
しかし、失敗しているわけでもないんです。
精神障害者は表面的にすらあつかわれてこなかったのですから。
そういう意味で画期的な映画です。
 
この映画を観て精神障害者の存在に少しだけ気づいてください。
少し気づいたら、たくさんのことを学べるきっかけになるかもしれません。

この映画に出てくる良心的な医師や診療所、施設というのは全国的には非常にまれなものです。
このような施設の存在を知ったら、
自分の利用している施設の貧弱さに気づいて嘆きたくなる精神障害者も多くいるでしょう。
私もその中の一人です。
しかし、同時にこのようなハッピーな施設は存在し得る、
有り得ないことじゃないという希望も湧いてきます。

この作品を全くの他人事として観ずに、
自分の内にある苦しみ
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
いったい...彼らはなにを語っているのだろうか。
これが、精神を病んだ人間の語りなのだろうか...

カメラを前に、
子どもを死なせてしまったことを、かみしめながら語る女性。
服用している薬ひとつひとつについて説明しながら、
「これは、人が飲む量じゃありません」、と語る女性。
...
「この先生は、自分ひとりのために名古屋まで来てくれた」、と語る男性。
だから、...
「私が頼れるのは、この先生しかいない」...、ではないのです。
「私は、この先生に恩がある」...、なのです。
この言葉は、自分の足でしっかり立っている人間からしかでてこないんです。

カメラの前に出られる状態、語れる状態だった...、たしかにそのとおりです。
しかし、この状態が『ある』のです。まちがいなく、ここに『ある』のです。

...レビュー?
私のレビューよりも、特典映像の中で 彼らが語る言葉...
これを上まわるレビューは、書き得ないでしょう。

あえて、レビューを続けるとしたら... あと、ふたつ。

特典映像の想田監督の言葉。
「昨日(試写会を)観ていただいた方も、途
...続きを読む ›
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
俺はこの映画の人たちが普通に感じた
(劣悪な家庭で育ち、自分の赤ちゃんを
虐待して、死なせてしまった女性
その女性は入退院を繰り返しさらに
野宿をする。)
(40年以上統合失調症と付き合ってる
おじいさん)
(子供を養うために売春をして、今は
子供を施設に預け、将来が見えず
多剤服用しながらの一人暮らしをする
女性) 社会の底辺で生きる彼らに
共感してしまった。 というか俺も
脳に障害があって、うまく働けず
福祉の会社からパワハラ受けて
会社を辞めてしまった。 俺は以前から
社会問題に興味があって、いろいろな
資料を取り寄せてる、この映画は
なかなかの作品だ。 先日友人にあって
そうゆう話をしたら、こう言われた
この関係を見直そうか。
堕落しおかしな思想を言う俺に警告の
つもりらしい、絶好はしてない。
しかし実はひとごとではないこの友人も
統合失調症で通院しながら施設に
通っている、働いたことがない
そんで障害は軽くなく両親は高齢で
一応はギリギリ中間層だが、いつ
さらに下に転落するか、わからない
本人
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック