中古品:
¥ 1,900
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご観覧ありがとうございます。★ケース交換済み。レンタルで使用されたDVDを研磨、クリーニングを行いメーカーの許諾を得て販売している正規品です。 ディスクに管理シールが貼られている場合もございますが、 ほとんど傷もなく新品に近い状態でご提供できます。 ★ジャケット付ケースとディスクだけで他付属品等はございません。ご了承下さい。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 22
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

突入せよ!「あさま山荘」事件 [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 9,835より 中古品の出品:10¥ 961より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


登録情報

  • 出演: 役所広司, 椎名桔平, 天海祐希, 宇崎竜童, 伊武雅刀
  • 監督: 原田眞人
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Mono, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川映画
  • DVD発売日: 2002/11/01
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (36件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00006IZ6C
  • EAN: 4988126201272
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 39,416位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

零下15度の極限状況で繰り広げられた運命の10日間を壮大なスケールで描く超一級のエンタテインメント!

◆テレビ史上空前の視聴率89.7%を記録した戦後最大の凶悪事件を完全映画化!

◆社会現象を巻き起こし劇場大ヒット!『金融腐食列島』豪華コンビ役所広司×原田眞人!

◆“鉄球”で難攻不落の要塞に突入!壮大なスケールで描いた超一級のエンタテインメント!★720pHDカメラ「バリカム」採用初の本格的作品。困難な撮影条件をクリアした超リアルな映像で迫る!

【ストーリー】
人質を必ず生きて救出すること…。1972年2月19日。連合赤軍5人が、「あさま山荘」にひとりの女性を人質に立てこもった。それが長野県警、警視庁の猛者たちが繰り広げた、10日間にもおよぶ史上最大かつてない激烈な攻防の始まりだった。零下15度の酷寒の中、動員された警察官述べ15万人、テレビ中継の視聴率は史上最高89.7%を記録。そして、集まった男たちに与えられた使命はただ一つ。「人質を必ず生きて救出すること」

【キャスト】
役所広司
宇崎竜童
天海祐希
伊武雅刀
藤田まこと
遠藤憲一
ほか

【スタッフ】
脚本・監督:原田眞人
原作:佐々淳行
プロデュース:原正人
撮影:阪本善尚
【特典】
◆監督ほか音声解説

レビュー

プロデューサー: 原正人 監督・脚本: 原田眞人 原作: 佐々淳之 撮影: 阪本善尚 出演: 役所広司/宇崎竜童/天海祐希/伊武雅刀/藤田まこと/遠藤憲一/串田和美/椎名桔平/篠原涼子/高橋和也/豊原功輔/松尾スズキ/もたいまさこ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

20 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 エパメイノンダス トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/6/16
佐々淳行氏の原作をほぼ忠実に映画化。

映画の視点は、佐々氏およびその周囲の視点、つまり現場の視点にのみ限定したもので、

それ以外の視点から語ることは基本的にしていない。だからか、警察以外から発生してい

た各種ノイズ(抗議など)や赤軍などを批判したり断罪したりもしていない。あくまで、

現場とそこに直接かかわっている関係者にドラマを限定させている。

ただし、そこで一方的な視点にしないように、佐々氏含めた警察関係者に対して、突き放

したような、ちょっと距離を置いた視点(ところどころユーモラスな描写にそういった特

徴が現れている)で語っているため、視野狭窄に陥ってはいない。また、それにより、

佐々氏の著書に抜きがたく存在する、ある種の臭みや気取りをちゃんと脱臭している。言

い換えれば警察側の視点だが、警察の味方の視点ではない映画といえる。その意味ではまぁ

成功したといってよいのではないだろうか。

ちょっとネックは、見る側に対して俯瞰させるような説明が一切ないところ。たぶんわざと

なのだろうが、予備知識のない人にはわかりずらくさせて
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 街道を行く #1殿堂トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/11/16
あの「あさま山荘事件」を警察の側から描いた作品。
長野県警と警視庁の縄張り争いの中、実務的に仕事を全うしようとする危機管理のプロ、佐々淳行(役所広司)の姿が印象的。
そして、他人の為に命を賭けて働く警察官の姿が気高い。
酷寒の長野県で起きた連合赤軍によるこの事件は、当時の日本人で知らぬものがないほど衝撃を与えた。日本中が、TVの前に釘付けになり、全国民の見守る中、この大作戦は決行された。
TVの前からでは窺い知れない状況が、テンポよく映し出され、事件開始から一気にクライマックスまで進む。
そういう面では、久々の日本映画としての快心作といえよう。
惜しむらくは、当時の過激派学生を中心として起きた反体制活動、ゲバ棒・火炎瓶による共産革命が本気で信じられていたこの時代の背景の説明がなかったように思えること。そして尊い警察官の命と引換えに解決した「あさま山荘事件」の逮捕者の公判中に連合赤軍の凄惨な内ゲバリンチ事件が明らかになり、一気に世論が傾き時代を押しとどめた。
この事件の歴史的位置付けが巧く盛り込まれていれば、若い視聴者にも分かりやすいのではなかったかと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kakesobaya 投稿日 2004/9/2
浅間山噴火のニュースで久々にこの映画のことを思い出しました。
この映画はかなり楽しめました。
もともとこの事件には興味があって詳細は知っていたのですが、内容や結果を知っていたとしても充分楽しめました。
完全にこの映画は指揮官である佐々氏の視点で描かれており、敵である連合赤軍の描写は最初から最後までほとんど無し。
その点が素晴らしい。
安っぽいてんこ盛り精神で中途半端に連合赤軍の思想や人間像を描いていたらこの映画は完全に駄作だっただろう。
非常に膨大な資料を残すこの事件を「映画」という形で見事に収めたこの作品は観るべき価値のある秀作だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kagura34 投稿日 2006/7/11
連合赤軍側の事がかかれていないなどの評価もありますが、

この映画はあえて警察側からだけで良かったように思います。

主人公である佐々氏が非常にかっこよく描かれている感はありますが(笑)それはそれでいいんではないかと。

私はこれを見て、名前の挙がらない多数の機動隊員が命を賭けて戦ったことに感動しました。

この映画の真の主人公は、あの現場で最前線、そして後方支援など様々な場所で必死に戦った「名も無きヘラクレス達」だと思います。

平隊員達は立てこもった犯人と同世代くらいのまだ若い人たちがほとんどだったのではないでしょうか。そんな彼らが、武器らしい武器も持たず、死と隣り合わせの「戦場」で戦った記録だと感じました。

今の大学生くらいの若い方に見てもらいたいと思います。

星4つなのは後半がちょっと無理やり詰め込まれた感じがあったので。

できればDVD化するに当たってもうちょっと後半の部分を長くしてほしかったかな、と思ったので1減点です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック