Amazon Kindleでは、 究極の鍛錬 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
11点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
究極の&... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 伝声堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《365日迅速丁寧発送対応!通常配送無料・保証付》【帯付き。カバーに少し使用感等がみられますが、本文は概ね良好です。Amazon配送センターより年中無休(365日)即日発送となります。コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いが利用可能です。「プライム対象商品(お急ぎ便が使い放題・お届け日時指定便も無料)」Amazonカスタマーサービスを利用できます。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

究極の鍛錬 単行本 – 2010/4/30


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,349


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

究極の鍛錬 + 「やればできる!」の研究―能力を開花させるマインドセットの力
両方の価格: ¥ 3,888
ポイントの合計:  118pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

世界的な業績をあげている人々はどこが違うのか? この問題を解くために気鋭のジャーナリストである著者は徹底的な調査を行います。そして、モーツァルト、タイガー・ウッズ、ビル・ゲイツ、ジャック・ウェルチ、ウォーレン・バフェットなど、天才と呼ばれる人たちは共通する原則に基づいて鍛錬を行っていたことがわかります。さて、著者が「究極の鍛錬」と呼ぶその方法とは?

内容(「BOOK」データベースより)

モーツァルト、タイガー・ウッズ、ビル・ゲイツ、ジャック・ウェルチ、ウォーレン・バフェットなど、天才と呼ばれる人たちに共通する、ある「訓練法」とは。

登録情報

  • 単行本: 298ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2010/4/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4763130366
  • ISBN-13: 978-4763130365
  • 発売日: 2010/4/30
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 11,074位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

51 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 emotion 投稿日 2010/5/21
形式: 単行本
現代社会は高いパフォーマンスを出す人を求めています。事実、色々な分野でのパフォーマンスは過去のものと比べて格段に高く成っています。それは人間の持っている能力の引き出し方が上手に成ってきていると言えます。その中でも天才と呼ばれている人は、天才と呼ばれるにふさわしい時間をかけて何度も何度も繰り返し練習しているのです。だから人より優れていて当然です。一般的に、これらの人たちは始めるのが早く、自分にはこれしかないと信じて続けられた結果として、その成果が早く現れたと言えます。この様な努力、鍛錬の究極を究極の鍛錬と呼び、その特徴的な要素には 1.実績向上のために特別に考案されたトレーニングをする師に恵まれる。 2.何度も繰り返すことができる。 3.その結果に関して継続的にフィードバックを受けることが出来る。 4.行う内容によらず精神的にとても辛い。 5.あまり面白くない。この様な鍛錬をすることで人より、多くを知り、多くを記憶する様になります。これをどの様に日常に応用し、ビジネスに応用するかについても言及しています。しかし、最終的には今やっていることは、あなたが本当に深く求めているもので有り、自分はやり遂げられると信じているかどうかがポイントだそうです。私は、翻訳した米田氏の講演を間近で聞いて、この様に感じ、自分も頑張ろうと決意しその場でこの本を買わせて頂きました。今迄続けていることに疑問を感じたり、諦めかけている方には、特にお勧めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 もやし 投稿日 2012/6/27
形式: 単行本 Amazonで購入
平たく言ってしまえば、達人を作る要素は質の高い練習をどれだけ長い時間やるかということになる。
それは楽器の練習であったり、ビジネス上のケース・スタディーであったりと様々ではあるが。
すると、特定の領域に特化した能力が形成されるというものだ。
この"質の高い"とは自分の出来ないこと(課題)を見つけ、それを出来るようにすること。
出来るものを繰り返すのは鍛錬とは呼ばない、時間の無駄だ。

これはウエイトトレーニングに似ていると思う。鍛えたい部位を設定し、現状に適切な負荷を見極めて徐々に重くしていく。
続ければ筋肉が増えてより重い負荷に耐えられるようになる。筋肉痛も起きないような負荷では筋力は向上しない。

この時に重要なのは俯瞰した目線で自分の動き、精神を観察すること。
自動化された行動では気付きも何も生まないので、能力を向上させることは出来ない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 遠近法 トップ500レビュアー 投稿日 2012/7/5
形式: 単行本 Amazonで購入
内容
第1章 世界的な業績を上げる人たちの謎
第2章 才能は過大評価されている
第3章 頭はよくなければならないか
第4章 世界的な偉業を生み出す要因とは?
第5章 何が究極の鍛錬で何がそうではないのか
第6章 究極の鍛錬はどのように作用するのか
第7章 究極の鍛錬を日常に応用する
第8章 究極の鍛錬をビジネスに応用する
第9章 革命的なアイデアを生み出す
第10章 年齢と究極の鍛錬
第11章 情熱はどこからやってくるのか

 『究極の鍛錬――天才はこうしてつくられる』は多くの人が関心をもっている、なぜ天才は生まれるのか、どうしたら天才になれるのか、という謎を考察したものです。
 原題はTalent Is Overrated(「生まれつきの才能は過大視されている」)となっており、そのタイトルが示すように、著者は一般によく言われる「才能は生まれつきのものである」という考えに疑問を呈しています。コルヴァン氏は芸術、学問、スポーツ、ビジネスなどといった様々な分野で高い業績を上げた人たちに関する研究を紹介し、天才的な人物も生まれながらという意味では特に際立った能力の兆しは見いだせないことを提示していきます。
 代わりに天才の共通項として指摘さ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 酒井 穣 投稿日 2012/6/25
形式: 単行本 Amazonで購入
出会えて良かったと思える良書でした。著者は、米「フォーチュン」誌編集主幹のジャーナリスト、ジョフ・コルヴァン氏です。

世間一般には、学歴が成功への必要条件であるとみなされる傾向があることは否めません。しかし、個人的には、決して高学歴ではなくともビジネスで一流になっている人物に出会うことはよくあります。

なんらかの偉業を達成することと、いわゆる「地頭」にはどの程度の関連性があるのか、これまでずっと気になってきたわけですが、本書に出会った今は、その関連性は「世間で信じられているほどには高くない」という確信を得ています。

・スケート選手を対象とした研究で、一流選手ではに人たちは自分がすでに「できる」ジャンプに多くの時間をつぎ込んでいることがわかった。一方、トップレベルの選手は自分が「できない」ジャンプにより多くの時間を費やしていた。(中略)荒川静香は、金メダルをとるまでに少なくとも二万回も容赦なく冷たい氷面にお尻を打ち付けていたことになる。(p260)

荒川静香選手の二万回の尻もちが意味するところ・・・。僕たちは、そこに何を学ぶべきなのでしょうか。普通の人をして(荒川選手が普通の人だと言いたいわけではありません)、偉大なことを達成するに足るスキル獲得に必要な「究極の鍛錬」の特徴は、本書では以下の5つの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック