¥ 1,728
通常配送無料 詳細
通常12~14日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
福井大&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

福井大学はなぜ就職に強いのか (zaiten books) 単行本(ソフトカバー) – 2012/3/2


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/3/2
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 348


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

福井大学はなぜ就職に強いのか (zaiten books) + なぜ、国際教養大学で人材は育つのか (祥伝社黄金文庫) + 学歴革命  秋田発 国際教養大学の挑戦
合計価格: ¥ 3,914

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

中堅国立大学の「高い就職率」と「低い離職率」はどのようにして生まれたのか?初公開!「社会人基礎力」をつける「福井方式」とは?「生協の白石さん」ならぬ「就職支援室の青山さん」がいた!企業から参加希望が殺到する手作り「学内合同企業説明会」。内定学生が実名激白!「私たちはコレで就職できました」。

著者について

きむら まこと  教育ジャーナリスト
 1944年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。 教育問題研究家。早稲田大学卒業後、学習研究社入社。現在、全国の大学関係者を取材し、フリーとして積極的執筆・講演活動を続けている。著作 『消える大学 ・生き残る大学』朝日新書、近刊『絶対絶命!私立大学サバイバル大作戦』朝日新書 4月中旬発売予定

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 202ページ
  • 出版社: 財界展望新社 (2012/3/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4879340200
  • ISBN-13: 978-4879340207
  • 発売日: 2012/3/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 105,437位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gatsby 投稿日 2012/6/5
リーマンショック移行の就職難の時代に大学生以外もできることがある。
大学、キャリアセンターの取り組みが事細かに書かれており、就職イベントに参加している企業名も実名で紹介されている。
福井の地域としての強さを感じます。

教育関係者だけでなく、保護者も一読の価値があります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 秀ちゃん 投稿日 2012/3/20
Amazonで購入
 Amazonからこの本の紹介が来た。珍しい題名だと思った。大学関連の本の紹介は他にも10冊以上あったが、
一大学だけに的を縛ったのは、この本の他には1冊だけ。それも学長自ら書いたもの。その点、この「福井大学…」は、
「大学進学ジャーナル」(学習研究社)の編集長を長年務めた筆者ならではの客観的視点に立っての秀作である。
最も感心したのは、その取材力だ。学長はもちろん、就職率全国トップを担う「就職支援室」という部署のスタッフ他、
実に多くの関係者の生の声をカバーしている。しかも発言者の顔写真が、その発言内容に重さを持たせている。
また人物紹介も秀逸で、就職支援室若手女性スタッフをこう紹介している。「…清らかな水と穏やかな山村の環境の中で、
両親、父母、兄弟から愛情を受け、素直で優しく、そして芯は強く育った…」。こうした優しい眼差しを持った観察力は、
福井大学の単なる4年連続就職率100%というだけでなく、トップクラスの離職率の低さ(卒業生の高定職率)という
“就職力”の秘密を丁寧に説き明かしている。この本で初めて知ったのだが、法政大学大学院のある調査によると、
日本で1番幸せな県の全国トップが福井県とか。その評価の指標には、労働・企業、医療・健康といった分野も含まれる。
また別の調査で
...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 チーム6 投稿日 2012/8/21
この本で福井大学の就職率が高く書かれていますが、就職率の値で疑問に感じたのは他の大学院に進学した人や福井大学の退学率データーなど都合の悪いデーターが載っていないのと、就職率が高いといいメリットが書かれていない気がします。あと退職率に関しては、これも数字が怪しくこのご時勢転職が当たり前の世の中なのにそこにも触れていないし、卒業生の卒業後、何年経過した状況のデーターが入っておらず。この本だけでは福井大学が本当に就職に強い大学と言う根拠としては不足している内容だと考えられます。他の大学を比較したところで福井大学と他の大学が同じようなデーターの出し方をしているか?といえば、この文書だけではわからんし! 私の正直な感想はただ大学のPRのために執筆された、印象さえ受けます!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック